ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ジョン・マッカーサー氏よりメッセージが届きました!

ミレニアム・プロミスCEO ジョン・マッカーサー氏よりのメッセージを翻訳いたしました。

******

One Incredible Week and the Road Ahead
実りある総会、そして私たちの前途

皆様、
去る9月21日、ミレニアム開発目標(MDGs)サミットの日程に合わせてミレニアム・プロミス・パートナーズ年次総会を開催いたしました。世界中の140カ国以上のリーダーにお集まりいただき、2015年のMDGs達成に向けた戦略に関して議論を行ないました。 そして、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトが支援してきた現地コミュニティーが短期間で発展し、それらがMDGsの達成に向けた成功モデルとなっていることを、この一週間、ミレニアム・プロミスとパートナーの方々でお祝いすることができました。
パートナーズ総会には200名以上の人が参加し、ミレニアム・ビレッジのチームリーダーや国連機関、世界的実業家、その他アフリカ支援に革新的な貢献をしたパートナーからスピーチが行われました。総会では新たな発表もあり、住友化学株式会社からは、2010年から2011年にかけて長期残効性のあるマラリア用蚊帳”オリセット”400,000張をご寄贈いただけることになりました。この支援によって、今後マラリア用蚊帳がミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのあらゆるベッドに行き渡ることになるでしょう。 カナダの肥料メーカー、アグリウム社からも、2011年に1,400トンの肥料をご寄贈いただけることになりました。 また、コロンビア大学地球研究所、エリクソン社、ミレニアム・プロミス、そしてマドンナさんによるパートナーシップ「コネクト・トゥ・ラーン(Connect To Learn)」が、情報通信技術を用いて世界中に中等教育を推進することも発表されました。 さらには、セネガル音楽界のスターであるユッスー・ンドゥール氏(Youssou NDour)がミレニアム・プロミスMDGグローバル・リーダーとして任命され、トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)氏やカジュアル・ブランド、ディーゼル創始者のレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)氏とともに活動することも伝えられました。
2015年のMDG達成期限に向けてミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの最終ピリオドを準備するにあたり、ミレニアム・プロミス全員がパートナーやサポーターの皆様方の献身的なネットワークに加わっていることを嬉しく思います。 いま、私たちはMDGsという偉業を達成すべく活動するにあたり、この世界の重要な公約を皆様とともに実行することができ、大変誇りに感じております。
敬具
ジョン・W・マッカーサー
ミレニアム・プロミス CEO

翻訳:栗山浩延