ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

パナソニック様から電化システムをご寄贈頂きました!

このたび、パナソニック株式会社様のCSR活動のご一環として
タンザニアにあるミレニアム・ビレッジ、Mbolaに同社が
途上国・無電化地域用に開発したライフイノベーションコンテーナー
を一台ご寄贈いただきました!

http://panasonic.co.jp/eco/topics/2011/111028.html

(パナソニック株式会社のホームページ上に詳細が掲載されています)
同社によると、「ライフイノベーションコンテナは、パナソニックの太陽光発電
システム『HIT太陽電池』18台と48台の蓄電池、電力制御装置を搭載しており、
1日平均6.7kWhの電力供給が可能です。日照がない日が3~4日続いても給電
可能なシステムのため、季節を問わず1年を通じて電力を供給できること、どこに
でも輸送・設置できることが、大きな特長です。医療、教育、情報施設のほか、
小売店舗など、現地のニーズに合わせた活用を想定しており、無電化地域の
『くらしの改善」』と『持続可能な社会』実現への貢献が期待できます。」
という素晴らしいシステムコンテナです。
パナソニックの皆様、本当にありがとうございます!
ミレニアム開発目標の達成に大きく貢献してくださるものと期待しています。
今後、タンザニアのミレニアム・ビレッジから、その成果について報告が届きましたら改めてご報告いたします。