ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

第七回グローバル・フロンティア講座を開催いたしました!

ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、さる2012年1月18日(水)に、第七回「グローバル・フロンティア講座 最後の市場アフリカに挑む」を開催いたしました。

 

今回は「南アフリカ資本の東アフリカ進出動向」というテーマで、西浦昭雄教授(創価大学学士課程教育機構副機構長)にご講演頂きました。南アフリカ資本はこれまで南部アフリカを中心に投資を進めてきましたが、現在ではタンザニアなど東アフリカへの進出を積極化しています。これは南アフリカの対外進出の第2段階と位置付けられるとして、その特徴や状況について具体例を示しながらお話頂きました。

 

進出分野は食品スーパーやその他の小売、ビール、金融など多岐にわたっており、特にタンザニアでは、最大シェアを誇る分野もあり、現地の経済に大きな影響を与えています。アフリカの内需拡大とともに、今後もこうした動きは続くものとみられています。

 

【写真】西浦昭雄教授
 【写真】グローバル・フロンティア講座塾長/北岡伸一MPJ会長

 

グローバル・フロンティア講座の次回(第八回)講座は2012年1月25日(水)に開催いたします。 皆さまのご参加を心よりお待ちしております!