ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

MPJユースのガーナ視察のご報告

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)ユースの会では、東京大学から奨励金を得て、12名が2月28日より3月15日まで、ガーナ視察を実施しました。

 

駐ガーナ日本大使・二階閣下をはじめJICAガーナ事務所長の稲村様などへの表敬訪問、ガーナ大学での国際学生会議の開催、ミレニアム・ビレッジ(Bonsasso)やJICAの現地活動を視察、日本企業やNGOの方々のお話を伺うなど、充実した内容の17日間研修を無事に終了いたしました。

 

【写真】アミティエ・スポーツクラブさまのグッズで記念撮影

 

 

また、キッコーマンさまからご寄贈いただいたお醤油、信越化学工業さまからいただいたエコバックを訪問先の皆様へ、アミティエ・スポーツクラブさまからいただいたサッカーボールやリュック、ユニフォームなどを現地の小学校へ寄付いたしました。小学校では、成績優秀な生徒へ贈ってくださるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

        【写真】JICAのボランティアが授業する小学校にて          【写真】ミレニアム・ビレッジのカカオ畑で説明を聞くユース

 

MPJからは理事長・鈴木りえこが同行いたしました。

改めて報告会を実施いたします。

ご協力くださった皆様、本当にありがとうございます!