ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

第26回MPJ研究会のご報告「台風30号で被災したフィリピン国レイテ島タバンゴ町の小学校復興事業」

DSC_0003MPJでは、去る7月8日(火)、MPJが実施した「台風30号で被災したフィリピン国レイテ島タバンゴ町の小学校復興事業」に取り組んだ赤坂友紀氏が、第26回MPJ研究会としてその報告を行いました。赤坂氏は、台風30号(スーパー台風 ハイエン)がフィリピンに被害をもたらして以降、何度もフィリピンに渡航し、「何かできることはないか」という気持ちで活動してきました。そのようななかMPJと巡り合って当事業に取り組み、その熱意で現場を巻き込んで事業を完遂しました。今回のMPJ研究会では、それまでの経緯から始まり、当事業の企画、ジャパン・プラットフォームへの助成申請、事業の実施までの一部始終、そしてそこからの学びを報告しました。


発表後の質疑応答では、さまざまなバックグラウンドをお持ちのみなさまから、たとえば東北の被災地との重ね合わせながらなど、各々の思いのこもった質問が発せられました。それらの対話を通して、フィリピンの被災地のひとびとが苦難に立ち向かう姿からの学びも、さらに深いレベルで共有されたように思われました。

第26回MPJ研究会報告書はこちら第26回研究会レポート