ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

MPJが6年間支援してきた女児がウガンダ・トップ大学へ入学しました!

 

ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村にて、MPJが2010年から支援してきたMary Gloria Kyosyabireさんが、このたび独自の奨学金を得て東アフリカ一、優秀な学生が集まるマケレレ大学へ入学しました。

 
 

彼女は8人兄弟姉妹の4番目に生まれ、両親は農業で生計を立てています。2010年当時、3人の姉は何とか中学校へ通っていましたが、経済的な事情により両親はこれ以上子供たちを学校へ通わせることができないという状況でした。
 

しかし飛び級するほど成績優秀だったMary Gloriaさんは、通学時間や家事の時間を節約するため学校へ泊まり込み、さらに勉強に励みました。 そしてルヒーラ村で初めて、division1という優秀な成績でウガンダの小学校を卒業したのです。

MaryGloria(右から3人目)と家族(2010年)

MaryGloria(右から3人目)と家族(2010年)

 

MPJはそんなMary Gloriaさんに奨学金を提供することを決定し、彼女はウガンダでも有数の女子中学校(Maryhill)へ入学しました。
 

中学校入学後は勉強だけでなく、バレーボールの選手としても活躍し、いろいろな国を訪問していました。  
 

MPJ理事長・鈴木は6年前に、彼女を中学校まで訪ねたことがあります。その後も数回、ルヒーラ村で彼女には会っていましたが、いつも家族や他の生徒に囲まれていたせいか、控えめで口数が少ないという印象を持っていました。    

 
 

今回、首都カンパラの私たちのホテルを訪ねてくださったMary Gloriaさんは、とても明るくMPJの支援にも感謝の気持ちを表してくれ、鈴木も母親のような満たされた気分になりました。

 

同席したミレニアム・ビレッジの元ナショナルコーディネーター、ジョンソンも彼女の成長を心から喜んでくれました。  

 
 

現在、Mary Gloriaさんは大学で生物学を学んでいます。将来は博士課程まで進み、ラボラトリーで働きたい、日本へ行きたい、という希望を語ってくれました。

 

近い将来、日本でお会いしたいと思います。

2016年10月の再会

2016年10月の再会