ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ジョン・マッカーサー氏からの年末メッセージ

John_McArthur.jpg親愛なるパートナーの皆様へ
ジョン・マッカーサー
ミレニアム・プロミス最高経営責任者  
 2008年も終わりに近づき、世界経済は日々様々な重要な問題を抱えておりますが、極度の貧困の撲滅、飢餓、予防可能な疾病の対策に向け、日頃から皆様よりミレニアム・プロミス(MP)へご支援を賜りまして御礼申し上げます。このような困難な時期にこそ、皆様のご協力がこれまで以上に重要です。過去2年間にわたる皆様のご支援は、アフリカ全土の貧困地域で生活する50万人々の生活の向上につながりました。こうした人たちは不透明な毎日の経済状況の中で、世界で最も厳しい生活を余儀なくされておりますが、その忍耐力と生きる力によって我々は日々勇気づけられています。また、彼らはアフリカ各地で展開するミレニアム・ビレッジ(MV)の広範囲な拡大に活力を与えています。
 
 さて、昨今は厳しいニュースが話題となりますが、皆様にウガンダ国ルヒイラのミレニアム・ビレッジから、私たちを勇気づける最新の話をいくつかご紹介させて頂きます。
 ニャカト・シドヴィンさんは、ルヒイラには医療サービスがなかった頃を覚えています。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)により彼女と彼女の赤ん坊は必要な医療サービスが受けられると安心しています。「MVとMPのおかけで、医療サービスを受けやすくなりました。以前は、ここから54キロも離れたムバララ病院まで延々と歩いていかなくてはならなかったのです。交通費も支払えませんでした。病気が悪化すると、命を落とすしかなかったのです。この辺りには熟練した医療スタッフや薬がありませんでした。私にとっては、今手にしているのは最大の成功です。子供が病気になったら、医療スタッフがそばにいて薬が手に入るし安心していられます。MVPとMPのおかげです。」とシドウィンさんは語っています。  

 マキリン・ムギシャさんは一人の学童を抱える母親です。「私の子供はMVPの奨学金制度を利用しています。授業料が払えないので、子供が勉強できるとは夢にも思っていなかったです。でも、MVPとMPが私たちにロバを買ってくれたおかげで、急な坂の多い道でかさばる農産品を運ぶのもずいぶん楽になりました。今では穀物を栽培し、バナナを運び、水くみや薪を集めたりできるので、本当にとても幸せです。」とムギシャ夫人は語ります。彼女のお子さんは、MP支援者が実現した教育プログラムを活用している多くの児童の一人です。
 ニンシマ・ステディアスさんは15歳。家族は彼女の教育費を賄えませんでした。MPは彼女に就学の機会を与えました。今年、彼女はクラスで最優等生となりました。「とても幸せに感じます。このプロジェクトを誇りに思います。このプロジェクトがなかったら、私は今頃どこにいたかもわかりません。家族は授業料を支払うことが出来ません。現在は、学校で聖書通読を行うクラブに所属し、ディベートクラブの代表も務めています。将来は医師になりたいです。村の人たちを救いたいからです。私がそうしてもらったように、私は助けを必要としている子供たちを必ず助けるつもりです。」
 支援をしている何十万人もの人たちを代表いたしまして、こうした機会を我々が提供できることを皆様に感謝いたします。また、皆様が年内最後のプレゼントをするのに遅すぎるということはありません。また、すでにご献金いただいている方々には御礼申し上げます。すべての家族が十分な食事を得て、すべての子供たちが就学でき、すべての人が収入を得て健康な生活が送れる機会を得るための世界を作り上げるという私たちのビジョンを実現するためには、皆様のご支援とご協力が欠かせません。昨今の厳しいグローバル時代の中で皆様のパートナーシップを賜ることができれば、これにまさる喜びはございません。
今後とも引き続き皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。