ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

ウガンダ・ルヒーラ村の小学校支援事業が完了しました!

小学校校舎ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、昨年度「世界の人びとのためのJICA基金」によるご支援をいただき、2014年11月から2015年6月にかけて、ウガンダのミレニアム・ビレッジ(ルヒーラ村)にあるリャミヨンガ小学校と付属幼稚園の支援を実施しました。

リャミヨンガ小学校は、MPJがアミティエ・スポーツクラブとともに2010年に建設した小学校で、MPJでは建設後も、衛生的なトイレ、ソーラークッカーを導入した給食設備や太陽光発電による充電システム、小学校の机といすなどを提供し、継続的に支援してきました。学校側でも、校舎の外壁に理科で学習するヒトの器官のイラストを描いたり、国旗掲揚台を作ったりと、年々充実させ、現地ではモデル校となっています(上写真参照)。

今回の支援では、以前から要望のあったもののなかなか実現できずにいた付属幼稚園の園児たち用のテーブルと椅子をはじめ、小学校の授業で使用するパソコンや教師の通勤用自転車の寄贈、充電システムのバッテリー交換、手洗い用の水をためる雨どいの設置を行いました。

赤ちゃんを連れて登校する女の子ここルヒーラ村に限らず兄弟数の多い農村部では、幼い兄弟姉妹の面倒を見るのは女の子の役目です。リャミヨンガ小学校の女子生徒の中には、赤ちゃんをおんぶして登校する子も少なくなく、実は小学校建設時から幼稚園の建設も求められていました。小学校併設の幼稚園(小学校の旧校舎を利用)の教育環境を整えることで、そのような幼い兄弟の世話のために学校へ来られない女の子の就学をサポートすることができます。

幼稚園では、園児たちが土の床に敷物を敷いて授業を受けたりお昼寝をしたりしていましたが(2014年10月視察報告をご参照)、お昼寝する園児たち今回、幼児用のテーブルといすが入ったことで、テーブルを囲んでグループ学習ができるようになりました。幼稚園生たちもひとり1つずついすのある教室で歌を歌ったり、友達と一緒に遊んだり、給食を食べたりするのがお気に入りです。

小学校ではパソコンを使った授業が生徒にとても人気となり、使わないで授業をしようとすると生徒から教師へ要求してくるほどだそうです。社会科ではウガンダの地理を地図や写真で詳しく調べることができたり、理科では植物のしくみをアニメーションで示すことができたりするので、約半分の生徒が自分の教科書を用意できない中、パソコンを活用することで生徒の興味を引いた授業が可能となりました。実はパソコンを使った授業は近くの学校には例がなく、教師も初めてパソコンを使うので、教師同士で教えながら授業に役立てています。

生徒たちの親も、子どもを環境の整った幼稚園や小学校へ通わせていることを誇りに思い、また、ご支援くださった日本の皆様にとても感謝していました。
この支援を通じて、子どもたちが皆、小学校を修了することができるよう願っています。

幼稚園生と新しい机いす 自転車 パソコンを触る生徒 雨どい

【ご案内】JICA・JANIC共催:ODAを活用した企業の海外展開支援セミナー(5/26開催)

NGO-JICA協議会が5月26日(火)に開催するODAを活用した企業の海外展開支援セミナーについてご案内いたします。(MPJ理事長の鈴木りえこが同協議会のコーディネーターを務めております。)

NGO-JICA協議会は、国際協力機構(JICA)とNGOがより効果的な国際協力の実現と、国際協力への市民の理解と参加を促進するための意見交換の場として年4回開催されています。同協議会では、2013年度より「民間連携の進展」を重点課題とし、事業の対象国・分野に知見を有するNGO/NPOと、優れた技術・製品を有する日本企業との連携推進を目指し、JICA民間連携事業を活用したNGO/NPO-企業連携を模索してきました。

このたび、JICAの民間連携事業制度を広くご紹介する趣旨で下記の通りセミナーが開催されます。既にJICA制度を活用した企業との連携実績をもつ団体/企業の方々から事例紹介をいただく貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。


ODAを活用した企業の海外展開支援セミナー~民間企業とNGO/NPOの連携促進に向けて
開催概要


1.日時 2015年5月26日(火)14:00~16:00(受付開始 13:30)

2.場所 国際協力機構(JICA)本部 228・229会議室 
  JICA本部へのアクセス地図      
3.共催  国際協力機構(JICA)、国際協力NGOセンター(JANIC)  
4.協力  外務省
5.参加費 無料
6.定員  60名(予約優先・先着順/ 定員になり次第締め切り)
7.対象  NGO/NPO-企業間の連携に関心のあるNGO/NPO・企業・コンサルタント等
8.プログラム:こちらよりご覧ください
9.出席申し込み:以下URLのフォームよりお申し込みください。
  http://www.janic.org/aform041.php
10.問合せ先:
 独立行政法人 国際協力機構 国内事業部 中小企業支援調査課 
 担当:中山様(電子メールアドレス:pdtfs(@)jica.go.jp、電話:03-5226-9283)

 特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(NGO-JICA協議会 事務局)
 担当:杉本様(電子メールアドレス:advocacy(@)janic.org、電話:03-5292-2911)
 *メールの場合は(@)の前後の( )記号を除いてください。

ケニア・サウリ村(ミレニアム・ビレッジ)にて地方電化パイロット事業を開始しました!

 国際協力機構(JICA)からの委託を受けた「デジタル・グリッドを活用した地方電化及び新産業創出事業準備調査(BOPビジネス連携促進)」(※)の一環として、この3月から、ケニアのミレニアム・ビレッジ-サウリ村でも日本発のデジタル・グリッド技術を活用した地方電化ビジネスのパイロット事業を開始しましたので、その導入の様子をご報告いたします。
(※デジタル・グリッド・ソリューションズ株式会社、東京大学、株式会社電通等との共同事業)


 サウリ村はニャンザ州の州都キスムから車で約1時間の距離にあるミレニアム・ビレッジです。前回2014年11月に訪問した際には、事前視察・聴取を行っており、そのときから着々とサウリにおけるパイロット事業の準備にとりかかっておりました。そして、3月にサウリ村を再訪し、パイロット事業に一緒に取り組んでくれる事業家の決定と機器設置を行ってまいりました。

 まず、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトDGS2DGS1
(MVP)サウリチームから推薦された10名の事業家候補たちに対し、デジタル・グリッド・ソリューションズ(DGS)スタッフからビジネススキームについて説明を実施しました。また、エンドユーザーとなるサウリの農民のみなさんの集会においても本サービスの説明を行いました。

 今回サウリにてパイロット事業一緒に取り組んDGS4でいく事業家はBernardさんに決定しました。太陽光パネルは、Bernardさんのアイデアで、急きょその場で木材を組んであつらえた枠にはめ込んで、屋根の上に敷設しました。持ち込まれた機器一式がみんなの力で次々と設置され、配線がつながっていきました。そして貸与された40個の電気ランタンが太陽光パネルとつながり、充電が進んでいきます。いよいよ事業の準備が整いました。

DGS5 DGSスタッフのSteveさんが、Bernardさんの子供たちに明るい光を放つランタン見せています。すると、電気の灯りとともに、子供たちの笑顔にも灯りがともりました。このランタンをつかえば、夜でも勉強することができます。
 記念すべき第一号のお客さんはBernardさんのお母さんでした。お客さんであると同時に、強力な広報担当でもあります。コミュニティーの人と人とのつながりを介して、このビジネスの裨益者が広がっていくことでしょう。

DGS6
 ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)は、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けた手法を示すことを目的としており、2006年から2015年末を期限として現地政府やコミュニティへの引き継ぎを目指しています。その後、2016年夏には外部機関による報告書も作成される予定です。
 日本発のデジタル・グリッド技術を活用したこのビジネスが、コミュニティー自立支援のモデルのひとつとなることを願っています。

アフリカからの留学生との交流会をひらきました

文化交流集合写真こんにちは!MPJユースの会、東京大学法学部三年の川溿(かわばた)晃平と申します。
ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では3月27日~28日にかけて、ABEイニシアティブなどでアフリカから日本の国際大学(新潟県南魚沼市)に来ている留学生を東京に招いて、交流会を行いました。会を盛り上げるべく、企画から運営までMPJユースメンバーが協力して準備を行いました。

母国の紹介まず、1日目の文化交流パートをご紹介します。

文化交流では、アフリカ諸国の留学生が日本の文化を、日本の学生がアフリカを知ろうということで、まず留学生に出身国を紹介してもらいました。紹介してもらったのは、ウガンダ、シエラレオネ、ガーナ、モザンビークです。

この4か国は地理的に同じアフリカでもだいぶ離れたところにあり、書道体験文化も大きく異なるため、とても興味深かったです。僕はユースとして、昨年ウガンダに渡航した経験があったため、主食のマトケ(食用バナナ、甘くない)の写真に一種のノスタルジーのようなものを感じながら、プレゼンテーションを聞いていました。

さて、次は日本の紹介です。日本の四季と、それに因んだ行事を季節に沿って紹介し、お箸の使い方、おはぎ体験漢字の書き方を教えるレクチャーも行いました。最後には、おはぎを作って皆で食べました。アフリカでも、豆は主食としてよく食卓にあがるのですが、デザートとして甘い餡子を食べるのは少々ビックリだったかもしれません…

お互いの文化について完全な理解を得るには、3時間程度のこのパートは短すぎたでしょう。しかし、不寛容さ故に苦しみ、傷つく人々があまりに多いこの世界にひとたび目を向ければ、案外こういった機会の積み重ねこそが相互理解を促進するうえで重要な役割を果たすのかもしれないと思いました。今回少しでも留学生が日本を好きになってくれたなら、それに勝る喜びはありません。
それでは、失礼しました!

* * *

続いてはMPJユース代表、東京大学文学部4年の福谷佳苗が担当します。
私からは1日目の夜の東京湾屋形船クルーズと、2日目の浅草観光についてご紹介します。

屋形船でディナー屋形船クルーズからは残りの留学生も合流し、総勢30名で東京湾の夜景を眺めながら、もんじゃ焼きやお好み焼きを楽しみました。

屋形船では4、5人毎にテーブルに分かれ、それぞれの鉄板で自分たちで色々と焼いていくスタイルだったため、作り方を巡って各テーブル奮闘していました。
一般に日本の料理を紹介するとなると、和食や寿司といったものをまず紹介することが多いですが、今回はそれとはひと味違った日本の食文化を経験してもらえたのではないでしょうか。もんじゃ体験留学生の中では特にもんじゃ焼きが好評であったように思います。

そして2日目は浅草観光をグループに分かれ、ゲーム形式を取り入れて楽しみました。このゲームというのは、浅草のいくつかのスポットの写真が載った地図を基に、それらがどこにあるのかを探し出すというもので、ぼんやり歩いていてはなかなか気づかないようなスポットも含まれていました。

浅草を観光1グループ多くても5、6人という少人数でお昼過ぎまで観光したため、メンバーでお互いについて話す時間も長く、より親しくなれたと思います。私自身は、普段はなかなか交流する機会のないアフリカの学生たちですが、案外同じような悩みを抱えていたりすることを知り、それ程私たち日本人と異なるところばかりでもない、というようなことを感じました。


全体として、今回の交流会では、単にお互いの文化を紹介し合うだけではなく、観光や夜の屋形船の時間も含めて、個々人同士で様々な話題について語り合ったことで、「日本人」、「アフリカの人」といった枠に囚われない相互理解ができたのではないでしょうか。そして、こうした機会に恵まれた私たちユースが、今後この経験を外に向けて発信していくことの必要性も強く感じました。

この取り組みは今回が初めてでしたが、今後も定期的に開催していくことで、僅かながらも、日本とアフリカの学生間のネットワーク構築に繋げていければと思いました。

集合写真





文責
MPJユース代表  
  福谷佳苗
MPJユース副代表 
  川溿晃平


MPJユースのマラウイ研修報告(3)

 ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)・ユースの会は、3月2日から16日までアフリカのマラウイ共和国にて研修に臨んでまいりました。すでに第一弾、第二弾としてご報告してまいりました「MPJユースのマラウイ研修報告(1)」「MPJユースのマラウイ研修報告(2)」に続き、今回は第三弾完結編をご報告させていただきます。

 ユースの学生たちは、マラウイの経済・ビジネス系の最高学府 Exploits University における学生会議と英文レポート作成をもってすべての研修メニューを終え、マラウイ湖に向けて束の間の観光に出かけることができました。
 マラウイ湖はアフリカ大地溝帯の南端に位置し南北の長さ560kmに及ぶ古代湖で、その南端部の国立公園は世界遺産に指定されています。面積こそアフリカ大陸において第3位に甘んじていますが、その水深は700mに達し、水量はアフリカ最大面積のビクトリア湖の3倍近くに及びます。この湖がマラウイの漁業や水力発電を支え、観光業において大きな役割を果たし、最近ではここに生息する熱帯魚も有名です。マラウイに来たからには、やはりあの雄大なマラウイ湖を見ずして帰るわけにはいきません。
IMG_0268











DSC_0207 さてその間にMPJは、第一弾「MPJユースのマラウィ研修報告(1)」でもお伝えいたしました、マラウイ大洪水の調査に臨みました。限られた時間のなかでは最大の被災地にまで向かうことはできませんでしたが、首都から比較的近い被災地に実際に足を運んで視察してまいりました。
 そこはマラウイ湖へ注ぐ何本もある川のひとつの河畔で、川の氾濫で畑を流されたり、水浸しになったりしたそうです。上流においてもこのような被害があるのですから、マラウイ湖から唯一流れ出すシレ川流域での被害はさぞ大きかったにちがいないと実感いたしました。雄大なマラウイ湖は恩恵でもあDSC_0258りときに脅威にもなるのです。
 それは気候変動の影響も否めないでしょう。今年の雨季は、周辺国のモザンビークやマダガスカルに至るまで、異常な豪雨に見舞われたと聞きます。そして一転、マラウイではいま少雨に陥り主食のメイズ(白いトウモロコシ)が十分に育たず、深刻な食糧難が懸念されています。地球規模での気候変動が起きているとき、最もそのしわ寄せを食うのは、脆弱な最貧国に住むひとたちです。

 いまポストミレニアム開発目標(ポストMDGs)についての国際的議論が進み、持続可能な開発の時代が模索されています。
(ジェフリー・サックス教授も最新著”The Age of Sustainable Development”を上梓されました。)
これは、経済、社会、環境のトリプルボトムラインすべてに配慮し、先進国も開発途上国も「共通だが差異ある責任」を負っていこうとするものです。本年は9月に「国連ポスト2015サミット」、12月にフランス・パリにて「COP21・COP/MOP11(国連気候変動枠組条約締約国会議第21回会合・京都議定書締約国会議第11回会合)」が開催されます。
 来る2016年から国際社会が目指していく「持続可能な開発目標(SDGs)」に向けても、MPJは引き続き取り組んでまいります。そして、現場に足をつけた活動のひとつとして、マラウイの洪水被災者支援に向けて準備も進めております。マラウイにおける洪水被害についてMPJがまとめた出動趣意書きっかけとなって、日本のNGOも支援に乗り出そうとしています(ジャパン・プラットフォーム様のウェブサイトもご参照ください)。これにつきましては、またあたらためてご報告させていただきます。引き続き、みなさまのご支援を宜しくお願いいたします。
DSC_0268