ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:From the fields

(日本語) ウガンダ・ルヒーラ村を視察しました!

Sorry, this entry is only available in 日本語.

MPJユースのタンザニア研修に同行しました!

MPJユースのメンバー12名は、2月20日~3月7日までの16日間、東アフリカのタンザニア連合共和国を訪問いたしました。MPJからは理事長・鈴木りえこが同視察の前半期間、彼らの活動に同行いたしました。
 
MPJユースは、3月7日の帰国直後である8日には、KPMGのマイケル・ヘイスティング卿をはじめとする企業の皆様を対象に報告を行った後、3月30日にも後援組織(東京大学や三菱東京UFJ財団)、一般の方々の前で研修報告を行いました。彼らの熱心な活動に関して、参加した社会人の皆様の多くからお褒めの言葉をいただいております。
 
今回は簡単ではありますが、鈴木より彼らの研修の前半に関する活動報告をいたします。

 

【蚊帳の中に入ってみました!】

【蚊帳の中に入ってみました】

まずは、タンザニアの北東部アルーシャにて住友化学と現地アパレル会社との合弁会社 A to Z Texile Millの工場とAfrica Technical Research Centreを視察いたしました。事前に東京の住友化学にてブリーフィングを受け、十分な準備を行った後の訪問でした。住友化学の蚊帳・オリセットはマラリア抑止に大きく貢献していますが、5年間、効能が持続する一方、他の蚊帳に比べて価格が高めであること、国際機関等からの寄贈により市場が飽和しつつあることなどの理由によって、残念ながら必ずしも事業は好調とは言えないそうです。幸い、私たちが訪れたときは注文も入って工場はフル稼働、従業員の方々もアフリカの工場としては珍しいくらいにきびきびと作業を行っていました。

【Kiwawa小学校にて、メロウ山を背景に】

【メロウ山を背景に】

また、アルーシャでは郊外にある小学校 Kiwawa Primary Schoolを訪問しました。小学生らは普段は給食サービスを受けられないということでしたが、MPJが費用を負担し、週末にもかかわらず集まってくれた子供たちやYohana校長先生をはじめとする関係者ら約60名に給食を提供しました。タンザニアではお米は高価だそうですが、その日の給食はビーフが入ったライス、キュウリとスイカの薄切り、コーラやスプライトなどが用意されました。小学生らは大盛りのランチを満喫した後、私たちを歓迎する踊りや歌も披露してくれ、学生たちと一緒にゲームを楽しみ、写真を撮って、一緒に楽しいひと時を過ごしました。

 

【岡田大使の公邸にて】

【岡田大使の公邸にて】

ダルエスサラムに移動してからは、三菱商事ダルエスサラーム事務所(渡辺敦史所長)、パナソニック・エネジー・タンザニア(佐古佳幸社長)、積水化学タンザニア(荒浪Makoto所長)、ミレニアム・ビレッジのコーディネーター(Dr Sempeho)、住友商事ダルエスサラーム事務所(グラムフセイン所長)、Unicef(安田Tadashi医師)、駐タンザニア日本大使・岡田眞樹閣下、日本大使館の草の根無償資金協力から支援を受けているモヨ・サフィ・ワ・マリア診療所などを訪問しました。MPJユースのメンバーは、研修期間の後半は、ダルエスサラム国立大学にて3日間の学生会議を開催し、ルワンダから招待した3名の学生も含め3か国の学生、約30名が、政治・経済・社会に関する熱い討論を行い、文化交流なども含めて多方面から友好を深めることができました。その他、タンザニア政府期間(外務省、農水省)、JICA事務所や道路工事の事業現場も訪問させていただきました。皆さま、それぞれ長時間にわたり丁寧な説明と質疑応答に応えてくださいました。この場を借りて、心からお礼を申し上げます。
 
【スマートフォン10台をミレニアム・ビレッジへ寄贈】

【スマートフォン10台をミレニアム・ビレッジへ寄贈】

この訪問中、MPJからは、タンザニアのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに日本製のスマートフォン10台を寄贈しました。携帯が銀行の役割も果たしつつあるアフリカにおいて、ミレニアム・ビレッジ、Mbola村の発展に少しでも役に立てていただければ幸いです。
 
なお、MPJユースは現在、研修報告書を作成中です。完成しましたら改めてMPJのホームページに掲載いたします。皆さま、楽しみにしていてください。

【レポート】MDGセンターより「教育」に関して Part 2

MDGセンターの2012年の年次報告書から「教育」に関して抜粋しました。MDGセンターより「教育」に関して Part 1からの続きになります。あわせてどうぞ!  
 
*******  
 
子供達のプログラム参加の教育的側面には、大きな利点があり、結果として農業技術や栄養情報を、そして生徒達に大きな自信も与えています。ニアンミニア[Nyamninia]小学校の成績は、平均点208点から新記録の325点まで向上し、一方、2005年には710人だった在校児童数が、2011年には875人に増加しました。 この成功に基づき、 サウリ[Sauri]の12以上の学校が、徐々にこのモデルを採用するようになってきています。 ルワンダ共和国[Rwanda]のマヤンゲ[Mayange]のように、ミレニアム・ヴィレッジの中には、読み・書き・研究の文化が普及していない国々もありました。2010年に始まったプロジェクト・ライブラリー・イニシアチブの目的は、この文化を根付かせるべく、 これらの実践を奨励することでした。「私達には、マヤンゲ中に散在した本がありました。このプロジェクトは、この図書館を建設する際のサポートや、より多くの教科書を用意してくださり、図書館に必需品を備えてくれました。そして現在、より多くの生徒達や地域のみなさんが、本を読んだり借りたりするためにやって来ます。」とマヤンゲの図書館員であるファイナさん[Mrs. Faina]は述べています。  
 
2011年には、このプロジェクトにより、さらに教科書を提供し、2つ目の図書館 建設にも寄与しました。その他の場所でも、同様の構想をサポートしてきました。例えば、ムワンダマ[Mwandama]では、2校の中等学校と14の小学校に本や補助教材の提供も 施されました。 情報通信技術[ICT]は、現代社会に十分に参加できる技能を生徒に身に着けさせます。また、ICTは勉強を楽しいものにし、生徒数に対する教員数の低い割合を克服する手助けになります。  
 
ルヒーラ[Ruhiira]のニャカムリ[Nyakamuri]学校は、ICTをティーチングとラーニングに統合するために、2010年にLenovo Cooperationから取得した5冊のノートブックに基づいて事を進めました。現在では、バーチャル百科事典や電子書籍、電子辞書、 教育ビデオは全ての主要科目の授業で使われています。また教師も、成績表を作るために表計算ソフトや、自分たちの授業を行うためのプレゼン用ソフトを利用しています。 「コンピューターは子供たちの学習方法を変えてきており、今、私が見ているのは興味をもった学習者の集団です。我が校の教師の中には、全てを学ぼうと夜の大半を研究室で 過ごす者もおり、私は少々心配しています。」とは、ニャカムリ学校長、フルゲンシア・カキーザ[Flugencia Kakiiza]さんの言葉です。    
 
ルワンダのマヤンゲで行われているICT授業の様子(写真右)  
 
ICTは、発展途上国での長年にわたる学校の教員不足問題を解決するカギを握っています。 そして、発展途上国の学校には、120人の生徒に対して、たった一人の先生しかいない学校もあります。ICTを通して、アフリカ中の何千人もの子供達が、1人の先生による1つの授業を受けることができます。研修、管理と報奨制度、これらすべての計画が、教育現場の質を高めています。
 
ムワンダマでは、教師達は、カリキュラムや指導方法論の研修を 受け、ライフスキルや栄養学、ヒト免疫不全ウイルス[HIV] / エイズ、コンピュータ・スキルなどの訓練を受けました。ルヒーラでは、研修は本年度の重要な活動の一つであり、 現在では、多くの教師達が以前よりはるかに自信を持つようになったと証言しています。  
 
学校管理システムは、教師達が最良のやり方に対応できるように手助けをしています。 また、MVPは、毎年ルヒーラの学校の主任達を、優秀だと評判を得ている学校の見学に 派遣しています。彼らの中で自分達の学校に新しい考えをうまく適用する教師には、 報奨が与えられます。 また、ルヒーラでは、教師達を惹きつけ、居続けてもらうために、当プロジェクトは彼らの家も建設した。一方、マヤンゲでは、追加授業を行う教師がやる気を起こすように、 その報酬として残業手当が付きます。これらの資金は、子供達の両親とMVPによって 賄われているのです。来年には私達は、子供達が適切な年齢で学校に入学することを 確実にするために、就学前教育にさらに重点を置くことで、小学校入学者のための 確固たる基盤を築いていくつもりです。  
 
MVPは引き続き、子供達を適した時期に学校に入学させることの重要性を親達に意識させていきます。そしてこれからも、教員研修を通じて教育の質を改善し、ライフスキル・プログラムや介入の強化、生理用ナプキンの提供を通じて女子教育をサポートしていきます。最後に、MVPは、主に恵まれない家庭の優秀な女子を対象に、奨学金を用いた 中等学校への進学をサポートしていきます。  
 
**********  
 
この英文は学校法人山口学園ECC国際外語専門学校様のご協力により、日本語訳をしていただきました。国際ビジネス学科総合英語コース<通訳専攻>1年岡田祐司様、樫平沙希様、川崎道生様、中野杏奈様   ありがとうございました!

【レポート】MDGセンターより「教育」に関して Part 1

MDGセンターの2012年の年次報告書から「教育」に関して抜粋いたしました。

 

********

 

教育

新世代への輝く未来を築く

 

2つ目のミレニアム開発目標によると、2015年までに全ての子供が初等教育を修了する機会を持つべきです。大概のアフリカの農村部の子供には、学校に行くと言うことは夢のままです。学校は殆どなく、学校への距離も遠く、親には学費や教科書、制服などを支払うお金が無く、学校に来ている子供は、動物や兄弟などの世話をしなければならない子供の数より少ないです。
したがって、最初の5年間、学校システムの収容力を拡大するために物理的な下部構造に投資することに集中しました。その結果、出席率は顕著に改善しました。2011年には、教育の質の改善と、児童のやる気とエネルギーの向上を狙った介入を増やしました。
そこで私たちは、教室の建設や教師の養成に加え、給食とコンピュータの普及を通して、学校への出席が更に魅力的になるよう焦点を当てました。校舎や学習机、トイレといった学校施設は、良い学習環境作り、大いに教育に寄与し、学校の建設は2011年、全てのミレニアム・ビレッジ中で引き続き行われました。
マラウイのムワンダマ[Mawndama]では、全天候型の教室は、雨季に授業が中断されることがもはやないので、教育水準を高めました。今年、MVPは小学校3校に6つの新たな教室の建設を支援しました。それらの新たな教室と学校給食の導入は、2011年において、出席率を95%にまで増加させました。中退率は26%から13%にまで減少しました。安全な水の供給と下水設備、またそれらに続く健康への恩恵も子供達の学習に良い結果をもたらしています。2011年度の主な焦点は、学校のトイレや給水所のような設備建設の完了でした。
アフリカの農村部の多くの地域では、たいてい学校から帰ってから1回のみの食事なので、子供たちは、教室では空腹すぎて勉強に集中することが出来ません。その点、MVPの学校給食プログラムは予想以上の成功を収めています。このプログラムは、学校への入学者登録数を増加させ、中退率と欠席率を減少させ、成績を向上させました。ムワンダマやエチオピアのコラロ、そしてウガンダのルヒイラでの給食プログラムは、国連世界食糧計画 [WHO]との連携によって実現されました。
ケニアのサウリでは、まさに生徒、保護者、教師ら自らが先導となり、学校給食プログラムを推し進めています。そして、ニアンミニア[Nyamninia]小学校は、今年、当該国における学校給食プログラムの先導校の一つとして認められました。栄養豊富な学校給食用に、ボランティアたちによって果物や野菜が栽培され、牛家畜や鶏が飼育されて十分な食糧を作り出しています。余剰食糧の売上利益はこのプログラムに再投資され、非常に貧しい子どもたちのために、教科書や制服といった必需品の購入費としても用いられています。
 
ニアンミニア小学校の乳牛は、サウリの学校給食プログラムのための牛乳を提供しています。(写真右)

 

MDGセンターより「教育」に関してPart 2へ続きます。

 

**********

 

この英文は学校法人山口学園ECC国際外語専門学校様のご協力により、日本語訳をしていただきました。国際ビジネス学科総合英語コース<通訳専攻>1年齋藤彩香様、中野伽菜様、前野あゆみ様、森本綾香様  ありがとうございました!

ナイジェリア北部のMPVが発展に向かって歩み出しています!

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MPV)の一つ、ナイジェリア北部のパンパイダ村から現地レポートが届きましたので、皆さまにご報告致します。

* * * * *

 

この夏、アメリカの3分の2もの広範囲に渡って干ばつの被害が広がっています。干ばつの影響で作物はやせ細っていくにも関わらず、アメリカでは食糧不足が問題になることはありません。しかしながら、アフリカのサブサハラにおいては作物が育たないことは過酷な結果をもたらすことを意味します。

ナイジェリア北部のパンパイダにあるミレニアム・ビレッジの住民のほとんどは、牧畜を営むか農業を営んでいます。この2つの職業は共に砂漠化の進行や他の環境破壊によって多大な影響を受けるものです。このミレニアム・ビレッジが誕生した頃、ビレッジと周辺地域は1年間に3~5か月もの干ばつを経験しました。この干ばつが原因で、子供を含む村人たちは飢餓に苦しむだけでなく、栄養、健康、教育そして収入に関する問題にも頭を悩ませることになったのです。

そのような環境下、ミレニアム・プロミスの援助によって、パンパイダは発展に向かって歩みだしました。収入源となるような穀物の生産や肥料を駆使するなど近代的な農業方法を取り入れることで、パンパイダでは最初の数年のうちにトウモロコシの収穫が1ヘクタールあたり0.8トンから3.5トンに増やすことに成功しました。

このような進歩は、ミレニアム・プロミスのパートナーの寛大な援助なしには実現不可能でした。UREA(窒素肥料)の主要サプライヤーであるAgriumからは、MVPに対して2009年から継続的にご支援頂いています。今年はAgriumの資金援助によって、パンパイダのようなミレニアム・ビレッジでは地域で作られた肥料を購入することができました。このような新しい寄付の形によって、村人たちは自らの手での調達活動をすることが可能になりました。さらには、地元の製造者の支援にも寄与し、経済にも良い影響を与えることとなったのです。

Agriumをはじめ、皆様のご寄付のおかげで、MVPのすべて村において極度の貧困と飢餓を撲滅するというゴールに、また一歩近づいております。