ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:MPJユース

MPJユースのルワンダ視察

図2.pngミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)「ユース」のメンバー12名(プロジェクト代表:夏井悠妃さん、副代表:大澤信利さん)が、3月初旬から2週間にわたり、ルワンダ共和国を訪問しました。東京大学の奨学金を得て、ルワンダ国立大学の学生たち約30名と国際学生会議を開くことが主たる目的でした。MPJ会長の北岡伸一(東京大学教授)、理事長・鈴木りえこ、MPJプロボノの有志3名(栗山浩延さん、友田時雄さん、宮川政憲さん)のほか、今年発足したばかりの「関西ユース」の代表(山中学さん)も合流しました。

【写真】ルワンダ国立大学にて


「ユース」の会では、事前に数回ルワンダに関する研究会を開催し、会議のための準備を重ねました。首都キガリから車で3時間ほどの地方都市ブタレにあるルワンダ国立大学にて、3日間、政治、経済、医療、社会などの分科会、その後、全体統括を行い文化交流会などを経て、学生同士の交流を深めました。日本側では、韓国の学生たちが来日し日本に残った「ユース」のメンバーらとともに、スカイプを通じてこの国際会議に参加しました。
ルワンダを訪問した「ユース」のメンバーは、駐ルワンダ日本大使の畑中邦夫氏からお話を伺ったり、中央銀行総裁François Kanimva氏やルワンダ財界のトップらとも面談、そのほか外務省や国連開発計画(UNDP)、JICAオフィスを訪問するなど、非常に充実した内容のスケジュールを元気にこなしました。
中学校PC教室.jpgDSC_0280.JPGMayange Village (Rwanda).jpg
【写真】左から:ソニーから寄贈いただいたVAIOも使った中学校のパソコン教室、小学生たち、Mayangeのクラスター・オフィスにて
なかでもハイライトの一つは、ミレニアム・ビレッジMayangeを訪問したことです。キガリからほど近いクラスター・オフィスでチームリーダーのドナルドから説明を受けた後、村の小・中学校、クリニック、インターネットができるKIOSK, 意欲的にマンゴやパイナップルを栽培に取り組むモデル農家、キャッサバ工場、村の女性たちがつくる民芸品ショップなども尋ねました。短い時間でしたが、小学校での子どもたちとの触れ合いが、とりわけ印象に残ったようです。
一方、MPJ会長・北岡伸一は、ルワンダ国立大学にて学生を対象に「世界史における日本」というタイトルで講義を行いました。また、元・外務大臣で現・教育大臣のCharles Murigande博士や、元・国連大使で現・環境国土大臣のStanislas Kamanzi氏らとも面談し、ルワンダと日本の将来のための貴重なディスカッションを行いました。
詳細は「ユース」のルワンダ視察報告をご一読ください。
Rwanda report.pdf
ルワンダ中央銀行総裁と.jpgDSC_0265.JPGDonald ルワンダ.JPG
【写真】左から:中央銀行総裁を囲んで、気仙沼中学校から寄贈された文房具を届けました、Mayangeクラスター・オフィスの看板の前にて(北岡伸一とドナルド)

ユースの会が「ドリームマップ」を作りました!

秋田稲美様.jpg
株式会社エ・ム・ズ 代表取締役社長 秋田稲美様 【写真右】
のご協力で、ユースの会が「ドリームマップ」作成を体験してきました!
以下、「ドリームマップ」の説明になります。
ドリームマップとは、直訳すると「夢への地図」。
将来なりたい自分の姿をイメージし、
台紙の上に写真や文字で表す自己実現のための目標達成ツールです。
( http://www.dream-map.info/dream-map/dream-map.html より)
ドリームマップ講義.jpgドリームマップ制作.jpg
【写真】左から:ドリームマップ講義の様子、ドリームマップを制作するユースの会
ユースの会は、明日(3月2日)からルワンダに向かい、
この「ドリームマップ」というツールを用いて、
ルワンダで現地学生との交流を行います。
「ドリームマップ」のキャッチコピーは、
「世界へ、未来へ、夢のチカラでWorld Peace!」なので、
まさに今回の企画はぴったりですね。
秋田様、ご協力ありがとうございました!
ユースの会代表の夏井さんが、
アフリカ開発にかける想いと「ドリームマップ」の具体的な活用について
まとめてくれています。
MPJy_dreammap_Rwanda.pdf
彼女の作成した「ドリームマップ」です。
201102251626000.jpg
ユースの会のルワンダ研修の成果報告が楽しみです!
「ドリームマップ」について、詳しくお知りになりたい方は、
以下のサイトをご参照ください。
■ドリームマップ:http://www.dream-map.info/
■動画で観るドリームマップ:http://www.dream-map.info/YouTube.html

ケニア・ウガンダ視察報告(2010年3月実施)!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、今年3月、学生2名とプロボノ2名(社会人ボランティア)の計4名の皆さんが、慶応大学法学部教授・田所昌幸先生と鈴木MPJ理事長と一緒に、ケニアとウガンダのミレニアム・ビレッジを訪問しました。
掲載が遅くなりましたが、MPJユースの会代表の國仲真一郎さんらが報告書にまとめましたので、どうぞご一読ください。
Mayorとの集合写真 (2).JPGP1000704.JPGオバマ大統領のおばあさんの家.jpgP1010192.JPGサッカーボール寄贈.jpgインターンのナオミさん.jpg
【写真上 左から】ケニア:キスム市の病院にて市長と、サウリ村にて:ソニーご寄贈のパソコンがクリニックで活用されていることを確認しました(2008年MPJ経由で寄贈)、キスム市郊外:オバマ大統領のおばあさんの家を訪れました
【写真下 左から】ウガンダ・ルヒーラ村にて:小学校で給食をいただきました! サッカーボールを寄贈しました! MPJインターンのナオミさんが日本語を教えている小学校にて

続きを読む

『キックオフ報告会』(MPJユースの会主催)無事終了いたしました。

昨日開催しました『キックオフ報告会』(MPJユースの会主催)は、マラウイ・コンゴから日本にいらっしゃっている留学生3名の方々を中心に、学生だけではなく協力隊OGの方やオックスファム・ジャパンで活動している方など、異分野で活動するメンバーが集まり、有意義な時間を過ごすことができました。
~PJ.jpg}ECv[.jpgNg.jpgQF.jpg
左上から1)プロジェクター持参でマラウイについてプレゼンテーションをしていただいたミケカさん2)マラウイのパワポ3)クレメントさんはアフリカンな装いで参加していただきました
左下4)参加者の皆様

個性豊かなメンバーが集まり、アフリカの現状や問題点、そして将来について熱いディスカッションが行われました。
今回の報告会を通して、また新たな問題意識をそれぞれが持ちました。
さらに、それらの問題についてディスカッションできる場をもっともっと増やしてきたいと思っております。
参加してくださった皆様、ありがとうございました!
MPJユースの会では、11月23日東大駒場祭に参加・12月『アフリカンナイト』開催を予定しています。
現在イベントの手伝いをしていただける方を大募集中です。
少しでも興味をもっていただけましたら、いつでもご連絡ください。
MPJユースの会連絡先
mpj.youth.2009@gmai.com

第2回ケニア(キスム)レポート

今年6月からコロンビア大学地球研究所のプログラムでケニアに滞在しているMPJユースの会の石黒さんから2回目のレポートが届きましたのでお届けします。
こんにちは。ケニア、キスム市のミレニアム・シティ・イニシアティブにてインターンをしています、石黒文香です。
今回、レポート第二回はキスム市の産業についてレポートします。
LX2-1.jpg
キスム市はケニア西部、ビクトリア湖のほとりに位置する関係で、ティラピアやナイルパーチをはじめ、漁業が盛んです。湖の周りにはさまざまな漁村があり、朝早くから漁にでる男性たち、昼に湖で洗濯をしている女性たちや子供たちが水浴びをしている風景を目にします。

ビクトリア湖の魚市場

続きを読む