ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:メディア掲載

日経新聞にサックス教授とミレニアム・ビレッジ関連記事が掲載されました

2014年11月16日(日)付の日本経済新聞(朝刊)の「ODA60年、日本の課題」と題した紙面にて、ジェフリー・サックス教授が掲載されました。「援助は成長を促せるのか」との問いに対し、国際協力機構(JICA)の田中理事長のご意見と並んで紹介されています。MDGsに関する話から、MPJもミレニアム・ビレッジを支援する団体として名前が紹介されました。

「ODA60年、日本の課題
増額し最貧国は贈与に 米コロンビア大教授 ジェフリー・サックス氏」

2014年11月16日付、日本経済新聞朝刊

日本経済新聞 掲載記事ウェブページ(記事全文の閲覧には登録が必要です)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79758560V11C14A1TY6000/

サックス教授がNHK WORLDに出演しました

393_featureジェフリー・サックス教授(コロンビア大学地球研究所所長、ミレニアム開発目標に関する国連事務総長特別顧問、国連持続可能な開発ソリューションネットワークディレクター、ミレニアム・プロミス共同創設者)は来日中にNHK WORLDの取材を受け、10月2日(木)に「FIGHTNIG AGAINST POVERTY(貧困との闘い)」と題するニュースにて放送されました。
放送の内容は、NHK WORLDの下記URLにてご覧下さい。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/201410022213.html

TICADV①-MPJ主催(朝日新聞共催)シンポジウムのご報告

サックス教授講師全体同シンポジウムの記事が朝日新聞2013年6月2日付にて掲載されました。
朝日シンポジウム全体写真
 

ガーナのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトが「The Observer」で紹介されました

ガーナにおけるミレニアム・ビレッジ・プロジェクトなどの活動が英国の新聞The Observer(1月15日付)の記事で紹介されました。
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jan/15/ghana-aid-10-years?intcmp=239

主な内容は
・貧困削減には経済的、倫理的な目的とともに政治的な意味を持つ。
・紛争を武力で解決するよりは、紛争を予防する方がより効果がある。
・ガーナにおける貧困地域で活動するミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは、実際に成果を上げている。
・このような有効な援助プログラムに対して、引き続き英国などの先進国は支援をしていかなければならない。

というものです。また、英国政府の支援によりガーナにおける2つめのミレニアム・ビレッジとなる予定の北部のKpasenkpe村の現状や、世界的人気のロックバンドU2のメンバーであるボノ氏による現地訪問が紹介されています。

なお、3月にはMPJユースの会の学生がガーナを訪問し、当地でミレニアム・ビレッジを見学する予定です。

雑誌『AFRICA』にミレニアム・ビレッジに関する小論文を投稿しました!

africa2011_02.jpg 社団法人アフリカ協会が発行する機関誌『AFRICA』最新号(2011年夏号第2号)にMPJ理事長・鈴木りえこの小論文「ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト」が掲載されました。
 この論文では、MDGs達成へのモデルとして設立されたミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのコンセプト及び手法、さらにプロジェクトの現状について簡単にまとめられています。また、MPJの活動と今後の展開、MPJユースの会の活動や今秋から予定している新規事業についても触れられています。
http://www.africasociety.or.jp/magazine_4th_menu03.html
 論文はこちらからお読みいただけます。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトとMPJの活動をご理解いただける一助となると存じますので、お時間がございましたら、ぜひご一読ください!
「2011アフリカNo.2」(2011年6月末発行).pdf