ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

モザンビークにおける三井物産と国連開発計画との地域貢献プログラムについて

チブトの看板.jpg ミレニアム・プロミス・ジャパンをご支援くださっている三井物産では、2008年5月にブラウン英国首相が国連ミレニアム開発目標の達成に向けて提唱した「Business Call to Action(BCtA–ビジネス行動要請)」に賛同・署名していますが、2009年11月に国連開発計画(UNDP)とのパートナーシップにより、CSR活動の一環としてアフリカのモザンビーク(ガザ州シブト地域)に、太陽光発電による農業灌漑用ポンプ設備を建設すると発表しました。このプログラムは、日本企業とUNDPの官民連携によるアフリカ支援の先鞭的モデルとなります。 【写真】シブトにあるミレニアム・ビレッジを示す看板
実は、ミレニアム・プロミス・ジャパンは、2008年夏にモザンビークのMassingue科学技術大臣が横浜でのTICAD Ⅳへのご参加のため来日なさった際、三井物産CSR推進部へご紹介させていただきました。それも一つのきっかけとなり、このような素晴らしいプログラムに発展したことを関係者一同大変嬉しく思っています。
チブトの水くみ.jpgチブト・水くみを待つ行列.jpgまた、今回支援場所となっているガザ州シブト地方のサモア・ミシェル村には、2009年3月にミレニアム・プロミス・ジャパン理事長をはじめ、ボランティア・スタッフと学生たちが滞在し、村人と交流を重ねました。その際、ペットボトルにひもを通して水を汲む旧式な井戸を使った水汲みも経験しました。この灌漑用水ポンプ設備が完成すれば、コミュニティー周囲の発展に大きく向上することと期待しています。
写真】シブト地方で水汲みする女性たちと水汲みを待つ長い行列
貧困国の人々の生活向上に繋がる地域貢献、そして、それが企業活動のさらなる発展に結びつく架け橋となれるよう、微力ながらミレニアム・プロミス・ジャパンは努力を続けております。
プロジェクトの詳細は三井物産ホームページよりご覧ください。

http://www.mitsui.co.jp/release/2009/1190032_3576.html