ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

マドンナさんがスポークスパーソンでConnect To Learnを開始!

ミレニアム・プロミスからニュースレターが届きました。Connect To Learnのプレスリリース全文は現在、事務局で翻訳中です。

* * * * * * * *

マドンナさん(CTL).jpg 本日、コロンビア大学地球研究所、エリクソン、ミレニアム・プロミスの連携で、“Connect To Learn”というグローバルでエキサイティングな新規教育支援の開始を、皆様にお知らせすることができて嬉しく思います。
4月6日(現地時間)、Connect To Learnのグローバル・スポークス・パーソンである米歌手のマドンナさん、コロンビア大学地球研究所長兼ミレニアム・プロミスの共同設立者のジェフリー・サックス教授、エリクソンCEO兼社長であるHans Vestherg氏がマラウィを訪問して、この発表を行いました。Connect To Learnは中等教育、とりわけ女子教育の推進に焦点をあてるとともに、ICTの新技術が世界中の教育の質を向上させることを可能にした、という点で国際的にも画期的なイニシアティブです

【写真】Connect To Learnのサイトより

 エチオピアのミレニアム・ビレッジ、コラロ村に住むSmertという女の子の物語が、女子の中等教育が与えるパワーを証明しています。彼女の物語は以下のサイトで動画としてご覧いただけます。

http://www.youtube.com/user/MillenniumPromise#p/f/0/ESw1NDi7hPw

 Smertはミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの奨学金を受けて、コラロ村の近くの町HawzienにあるSecondary Schoolに通っています。今年中に卒業し、その後大学進学を予定していて、村では初めてSecondary Schoolを卒業して、大学へ進学する女子となります。彼女は医師を目指し、村に住む他の多くの女の子たちのモデル的存在として、彼女たちを鼓舞しています。私たちは、彼女のような環境にいる何億もの子供たちに将来への希望を与えるConnect To Learnを開始することができ、非常に誇りに感じています。
 世界的な行動要請の一環としてConnect To Learnは、女子と男子が中等教育へ進むための直接的な奨学金支援を行うとともに、ICT技術を使ったSchool To Schoolプロジェクトへの支援も実施します。先ずは、アフリカのサハラ砂漠以南にあるミレニアム・ビレッジに住む約50万人の学生を対象として支援を開始します。
 皆さま、ぜひグローバルな中等教育支援活動を推進する私たちの活動に参加してください。さらに詳しい情報と今後の活動をフォローするために、下記のサイトからサインアップしてください。    http://www.connecttolearn.org/
 
 プレスリリースの全文とミレニアム・ビレッジに関する最新情報は、以下のミレニアム・プロミス・ウェブサイトからご覧いただけます。
 http://www.millenniumpromise.org

ミレニアム・プロミスCEO
ジョン・W・マッカーサー
抄訳:MPJ事務局