ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

名古屋国際中学校・高等学校にて講演を行いました!

P1020604.JPG 6月25日(土)、名古屋国際中学校・高等学校の全生徒さん約480名を対象に、理事長の鈴木りえことMPJユースの樽田貫人さん(慶應大学文学部2年)、MPJ関西ユースの山中学さん(神戸大学理学部4回生)が講演いたしました。理事長が「サハラ砂漠以南のアフリカとミレニアム・プロミス・ジャパンの活動」を話した後、ユースの二人が、今春のルワンダ訪問の様子など、初めて出掛けたアフリカでの経験を話しました。また、MPJ関西ユースから2名の女子大生も駆けつけ、応援してくれました。
名古屋国際中学校・高等学校では、国際教育実践のため、国際理解講演会を定期的に開催するなど、将来を担う国際人を育成するための教育に力を入れられています。
P1020622.JPGP1020625.JPG P1020612.JPG
名古屋国際中学校高等学校2.jpg【写真】トップ:名古屋国際中学校・高校の皆さま、
上段左:MPJ理事長
上段中央:話をするMPJユースの山中さんと樽田さん、
上段右:話に聞き入る生徒さん達
右:後列左から、栗本貴行本部長、MPJ関西ユースのメンバー二人、山中学さん、山本恵子MPJ理事、小林格教頭先生、片山寿弘先生、
前列左から、講演後感想と質問を寄せてくれた高校生のお二人、鈴木MPJ理事長、樽田貫人さん
多くの生徒さんは、おそらく初めて直接聞くアフリカでの様々な体験談に驚くとともに、貧困削減のための支援活動に大変興味を持ってくださいました。後半での質疑応答では、彼らからも活発に質問が寄せられました。
名古屋国際中学校・高等学校の先生方はじめ生徒の皆様にお礼を申し上げます。