ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ガーナのスタッフの活動をご紹介します!

 ニューヨークのミレニアム・プロミスから、ガーナのミレニアム・ビレッジ、ボンサーソで働くリディアさんへのインタビューが届けられました!ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは、リディアさんのように地元周辺出身の何千人もの専門家スタッフによる熱心な活動で、円滑に実施されています。
Bonsaaso_-_Lydiah_Owusu-Ansah.JPGリディア・オウス-アンサ(Lydiah Owusu-Ansah)さんは、2年前から、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)において、女性と妊産婦の健康の改善に努めています。
 リディアさんはガーナのボンサソ・クラスターで、産後出血予防プロジェクト(Post-partum Hemorrhage Project)の継続的な治療を提供するコーディネーターとして従事し、性とリプロダクティブ・ヘルスチーム(Sexual and Reproductive Health team)と共に計画を促進しています。リディアさんにプロジェクトの成功とMVPのための活動が彼女の人生をどのように変えたのか、お話を伺いました。
Q: ボンサソのミレニアム・ビレッジにおいて、これまでで最も大きな成功は何でしょうか。
A: MVPとの2年間で、私が経験した最も大きな成功は、妊産婦の健康の改善です。具体的には、家族計画の受容率が向上したこと、また、すべての自宅出産の際に、出産時及び産後の合併症に対応できる、経験と技術を持つ保健士の立ち合いを確実にすることで、妊産婦の死亡率の減少に貢献したことです。私が実際に行ってきた具体的な活動は、ガーナ保健局の臨床サービス地方局(Regional Directorate of Clinical Services of Ghana Health Service)が保健スタッフへ現場研修を行うよう交渉し、家族計画サービスのための活動をし、そしてソーシャル・マーケティングを通して家族計画に納得した人々が、家族計画の支持者となるよう支援することを含みます。
Q: どの分野をより注目すべきだとお考えですか。
A: リプロダクティブ・ヘルスの内、より注目すべき他の分野があります。これらの分野は、若者の健康の増進やマタニティ・ケアの向上、設備の整った場所での出産の割合の継続的な増加を含みます。
Q: MVPでの活動は、あなたの人生をどのように変えましたか。
A: ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは私に、最善をつくすことのできる、創造性を探究できる、さまざまな自分の可能性を見出す環境を与えてくれました。たとえば、家族計画について、他国のミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの現場で同僚たちに研修を行う機会がありましたが、このことはまた、私の能力を研鑽するのに役立ちました。

【翻訳ボランティア】ECC国際外語専門学校 国際ビジネス学科
総合英語コース 翻訳専攻1年
中原 誠二さん、西瀬 まりこさん、堀井 彩絵さん、三輪 春佳さん