ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

文京区立第八中学校で講義をいたしました!

第八中学校集合写真.jpg ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、11月25日午後、MPJユースのメンバー2名(高橋翔子さん、樽田貫人さん)とともに、東京都文京区立第八中学校にて、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国の小・中学生の貧困、命の大切さなどについてお話をさせていただきました!
講義の様子.jpg ちょうど期末試験が終わった日、給食後の眠気を抑えて、全校生徒の皆さんがとても熱心に私たちの話を聞いてくださいました。アフリカ諸国では勉強したくても小学校、中学校へ行けない子供が少なくないこと、電気がないので学校に泊まり込んで勉強する子もいること、きれいな水が飲めないこと、お母さんが出産で亡くなる割合が高いことなど、MPJの活動を通じたアフリカでの経験をもとに、日本に暮らす私たちがいかに恵まれているのか普段から感じていること、命の大切さなどを率直にお話ししました。
また、皆さんの夢をポストイットに書き込んで、ユースのメンバーが準備した模造紙に書かれた大きな木の上に、貼り付けてもらうというワークショップも行いました。中学生の時から自分の夢を持って、それに向かって進むことができると本当に素晴らしいですね!
森由紀男校長先生、佐藤裕貴副校長先生をはじめ貴重な機会を与えてくださった関係者の皆様に、心から感謝しています!
いつか皆さんと一緒にアフリカへ出かける日を夢見ています!
夢_edited-1.jpg森校長先生.jpg歓迎.jpg
【写真】左:生徒さんたちの夢を育てる木! 中央:森校長先生 右:玄関では看板を掲げ歓迎していただきました!