ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

第四回グローバル・フロンティア講座を開催いたしました!

ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、さる12月14日(水)に、第四回「グローバル・フロンティア講座 最後の市場アフリカに挑む」を開催、経済産業省の小山智大臣官房参事官(前・貿易経済協力局 通商金融・経済協力課長)を講師にお招きし、「BOP(インクルーシブ)ビジネスのフロンティア」というテーマでご講演頂きました。

BOP=Base of the pyramidと言われる人々は世界人口の70%あまりに相当する約45億人、その市場規模は5兆ドルと推計されています。 アフリカ大陸でも成長しているこのボリュームゾーンを捉えていくため、中国をはじめとして欧米諸国、韓国、インドなどでは、BOP層に対する取組みを積極化しています。日本においても東南アジアなどを中心にBOPビジネスを展開し、成功している事例もいくつかあり、今後の企業戦略の一つとして注目を集めています。

【写真右】経済産業省・小山智大臣官房参事官

 
講義では、BOPビジネスを総合的に支援する「BOPビジネス支援センター」を紹介して頂いたほか、参加者の皆さんからも積極的に質問を頂き、時間を過ぎて質疑応答が続きました。

 

グローバル・フロンティア講座の次回(第五回)講座は12月21日(水)に開催予定です。 皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

【写真】第四回グローバル・フロンティア講座の様子