ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

名古屋国際中学校・高等学校にて講演を行いました!

6月23日(土)に、MPJ理事長・鈴木りえことMPJユースの奥山藍子さん(東京大学文学部行動文化学科3年生)、奥濱絢子さん(東京大学教養学部2年生)が、名古屋国際中学校・高等学校の全生徒さん452名を対象に、講演いたしました。
昨年のルワンダ視察報告に続き2度目となった今回は、MPJの活動のほかMPJユースの会が今年3月に実施したガーナ視察の報告が中心となりました。

 

 

中学生の皆さまにもわかりやすいように、ユーモアを含めながらガーナの文化紹介や現地でのプロジェクトの説明をいたしました。

質疑応答の時間には、生徒さんからガーナで感じたことやユースの2人の大学生活など、さまざまな質問をいただき、とても有意義な意見交換をすることができました。

 

名古屋国際中学校・高等学校では、国際教育実践のため、国際理解講演会を定期的に開催するなど、将来を担う国際人を育成するための教育に力を入れられています。