ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

MPJ研究会「タンザニアにおける貧しい女性の自立支援プロジェクト-マイクロクレジットを中心に-」の報告書が出来上がりました!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、去る11月20日(火)に第17回MPJ研究会を開催いたしました。テーマは「タンザニアにおける貧しい女性の自立支援プロジェクト-マイクロクレジットを中心に-」というもので、ミレニアム・プロミス・ジャパン副理事長の岩尾壽美子が講師を務めました。岩尾は、過去に政府の無償資金協力に関する委員やODA評価委員としてアジアの途上国を中心に多くの援助の現場を訪ねたことに加えて、開発と女性に関する委員会やアフガニスタン女性支援懇談会の委員などを歴任しました。これらの経験を通じて、一市民が個人としてできる支援に関心があり、パレスチナ警察への日本警察の旧型制服の提供、ボツワナ政府への歯科治療器具の提供などを実現いたしました。
また、岩男は、現在、アフリカにおける貧困女性向けのマイクロクレジット事業の展開に力を注いでいます。この事業は、2008年よりタンザニア連合共和国アルーシャ(キリマンジャロの麓)を中心に展開しているもので、これまでに融資した女性の数はアルーシャで延べ276名、マニョニ村で養蜂業に従事する1グループ17名と、合計293名にのぼり、事業も軌道に乗り出しています。さらに、彼女は2011年夏から「さくら女性自立支援センター」を立ち上げ、「さくらベーカリー」の開業を準備してきました。しかし、一方で、様々な問題も発生しており、一筋縄ではいかない途上国での事業展開のリアルな実情を集まってくださった皆様へお伝えいたしました。
報告書は、こちらからご一読頂けます。第17回研究会 報告書 

次回の研究会の予定については、現在、企画中でございます。詳細が決まり次第HP上等でご案内致します。 どうぞご期待下さい!