ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ウガンダ女児の公開インタビューを実施します!

MPJでは、4年前よりウガンダのRuhiira村の女児20名が寄宿舎付きの中学校・高校と各種学校へ通うための支援を行い、毎年支援している”MPJガールズ”にインタビューを行っています。
このたび1月29日(水)にインタビューを行います。今回のインタビューは新たに中学校へ進学する候補の女児たちへのインタビューとすでに支援を受けている女児へ行います。
選抜の基準は、
1.※小学校卒業認定試験の結果が優秀であること。
2.家が貧しくて奨学金なしでは中等学校へ行くことができないこと。
3.女の子であること。の3項目です。
女の子だけを選ぶ理由は、サハラ砂漠以南の貧しい村落では、もともと進学率が非常に低いうえ男の子の進学が優先され、女の子は学校へ行けず家事を手伝い低年齢で結婚する可能性が高いためです。

ただし候補者につては現地ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの教育担当者に依頼してあり、
現時点では詳細がわかりません。
インタビューでは女の子たちに普段の学校生活や勉強の様子、また将来の夢などについて話を聞こうと思います。
※最終的な審査は、ご寄付いただくMPJプロボノグループとf#factory様です。
※小学校卒業認定試験:PLE(primary leaving examination)
ちなみにRuhiira村では、過去に、村始まって以来初めて、PLEに「デビジョン1」という全国トップレベルでの女児合格者を出しました。しかも一挙に3名という朗報でした。今年はさらに驚くことに、23名もの女児が「デビジョン1」で合格し、これもミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの大きな成果である、と関係者一同、嬉しい悲鳴をあげています。
どのようなインタビューになるのか楽しみです。
IMG_0983IMG_9934