ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

【ご報告】成田国際高等学校で講演しました!

2013年12月2日、MPJスタッフの伊藤正芳が千葉県立成田国際高等学校に招かれ、国際協力機構(JICA)千葉デスクの田村美由紀さんと共に、2年生320名を対象に講演を行いました。
講演では、講堂の設営や司会進行などは、すべて学生自ら率先して行っているようでした。
伊藤は主にJICA青年海外協力隊員として派遣されたアフリカのマラウイ共和国での活動について話しました。
始めに全生徒に「アフリカを訪れたことがありますか?」と尋ねてみると、先生1名のみで学生は皆無という寂しい結果になりました。

講演では、まず伊藤がマラウイの情報についてグーグルアースを用いて位置や距離を視覚的に紹介した後、現地の宿舎から職場までの道のりや人々の様子を動画で流したところ、学生たちとアフリカの距離をぐっと縮まったようでした。現地プロジェクトについても紹介した後、協力隊での成果や協力隊参加までの経緯、最後にMPJの活動やNGO職員としての働き方について話しました。

質疑応答の時間では、「現在協力隊に興味があり、隊員になるために必要な資格があるのか」、「現地でやりがいを感じたことは何か」「帰国後、隊員時代の経験が役立ったのはどんな時か」など、国際意識に富んだ学生ならでは質問が続出したことが印象的でした。講演中の登壇者の問いかけにもレスポンスしてくれたり、みなさんとても意欲的に話を聞いて下さり、登壇者もますます熱が入るような非常に良い講演会であったと思います。

最後に温かく歓迎して下さったご担当の宮田弘幸先生、平山弘之教頭先生をはじめとして多くの先生方、そしてテスト前日にもかかわらず参加してくださった生徒たちに大変感謝しています。貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
DSC_0695集合写真DSC_0718