ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ウガンダ・ルヒーラの小学校へパソコンを寄贈しました!

藤田大使と 10月27日から約一週間、MPJ理事長の鈴木りえこがウガンダを訪問いたしました。29日に首都カンパラの日本大使館で開催された国際刑事裁判所(ICC)の被害者信託基金(TFV)に関する関係者会議に参加することが主な目的でした。日本政府はこの信託基金を通じて、紛争下で被害にあった人々、とりわけ女性への支援を強化する方針で、ウガンダ北部においてICCに訴えられている犯罪の被害者たちが、心身ともに回復し自立するため、さらなる援助を今後どのように展開していくべきか検討されています。


Isis-WICCEにて

Isis-WICCEにて

  カンパラでは、Isis-WICCE(Women’s International Cross Cultural Exchange)という国際NGOも訪問して、アフリカやアジアなどの発展途上国にて、紛争下で過酷な環境におかれた女性サバイバーたちの人権保護、自立支援、女性の声を世界に広める活動について、詳しくご説明いただきました。Isis-WICCEは1974年にスイスのジュネーブに設立されましたが、ウガンダでも昨年設立20周年を迎え、ノーベル平和賞を受賞したリベリアのレイマ・ボウイ氏とも連携している活発で意欲的な国際NGOです。MPJとも将来的に連携を深めていくことで合意いたしました。


Ryamiyonga Primary School

Ryamiyonga Primary School

30日と31日は、カンパラから車で約6時間ほど西部にあるミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村も訪れました。そこでは、MPJがアミティエ・スポーツクラブとともに建設したRyamiyonga Primary Schoolを訪れ、MPJオフィスで使っていた中古のPCを2台寄贈し、今年6月に発送したアミティエ・スポーツクラブご寄贈のユニフォームが無事に到着していることを確認いたしました。


お昼寝する園児たち

お昼寝する園児たち

以前からこの小学校に付属している保育園の園児たちへ、机と椅子の寄贈を依頼されていたところ、訪問時はちょうどお昼寝の時間で、園児たちがむき出しの土間の上に薄い敷物を敷いてお昼寝している姿が、痛々しくとても印象的でした。ちょうどウガンダ訪問最後の日に、この小学校と付属保育園へ「世界の人びとのためのJICA基金」をいただくことが決定し、知らせを聞いた現地も歓喜いたしました。関係者一同、JICAのご支援に対して、心から感謝しております。園児の皆さん、待っていてくださいね!


点滴灌漑農業の  ルヒーラ村では、MPJがYAMAHAとともに3年ほど前から実験している点滴灌漑農業の現場も視察いたしました。現場の判断で、当初から育てていたトマトとキャベツは残念ながら害虫の被害のため、代替品としてより付加価値が高く年に3回の収穫が見込めるししとうを育てていました。灌漑農業地の周辺では、YAMAHAのポンプによってタンクに貯蔵された水を利用し、さまざまな農作物を育てていて、少し前までは原野だった土地が農作物で豊かにおおわれている様子を見て、感動いたしました。


ウガンダで活躍の皆さん 31日はカンパラに戻り、夜はササカワ・アフリカ協会の仲本千津さんのお声掛けで、ウガンダで活躍している日本人の皆さまと懇談いたしました。MPJ主催の「アフリカ・ソーシャルビジネススクール」出身の宮下芙美子さんや猿田千里さんをはじめ、日本の若い方たちがウガンダで元気に活躍されている様子を確認でき、嬉しく勇気づけられました。お忙しいところカンパラにお集まりいただいた皆様、ありがとうございました!