ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

東京女学館中学校の生徒さんたちがMPJオフィスを訪問してくださいました!

2月3日、東京女学館中学校3年生の5名が、授業の一環としてMPJオフィスを訪問してくださいました。同校は「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」を教育目標に掲げ、もうすぐ創立130周年を迎える歴史ある学校です。今回は社会貢献学習という授業の一部で、国際協力団体へインタビューするということで、MPJを訪ねて下さいました。

 

IMG_1095 彼女たちは、現在貧困に苦しむ人々と幸せな人々の比率はどのくらいなのか、アフリカの貧困解消にどのような取り組みを実施しているのか、どのくらいの人々を支援してきたのかなど、様々な質問をし、とても真剣な眼差しで理事長である鈴木の話に耳を傾けていました。

 

後半には、ウガンダ女児就学金事業で支援しているエヴァリンからのお手紙の翻訳もお手伝いしてくださいました。

 

お話しの中で、将来の夢や好きなことについて聞いたところ、将来は海外で経営学を学びたい、編集者になりたい、音楽や踊りが好き、演劇が好き、など、生徒さんの輝かしい将来の夢を聞かせていただきました。皆さんの今後を楽しみにしています!

東京女学館中学校の皆さん、お越しいただきありがとうございました!