ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト活動のハイライト

ミレニアム・プロミスよりミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの業績について、主要分野に関する報告が届きました。
Highlights from the Millennium Villages Project (MVP)
ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの業績

Malawi.jpgMalawi2.jpgプレゼンテーション1.jpg


農業
 全プロジェクト対象地域にて、食糧生産が、平均で2倍以上増加。これは2006年以来、2回以上の作付け期において、74,000戸以上のミレニアム・ビレッジ(以下、MV)の農家に対し、農薬や改良種子の支給を行った結果である。
 ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(以下、MVP)の農業分野での成功は、特にマラウィにおいて顕著である。ムワンダマのMVではトウモロコシの収穫が350%増加、1ヘクタール当たりの収穫はMVP導入以前の0.8トンから2006/2007年には3.6トンに増えた。さらにMVPの主導者らは国家農業支援プログラムの実施にあたって、マラウィ政府と緊密に連携し、その支援により同国のとうもろこしの生産は2005年から倍以上に増加した。
教育
 初等教育へのアクセスを確保するため、MVPはビレッジ内の教室を大幅に改善した。プロジェクト開始以来、100以上の教室が建設され、120近くが改築された。
 MVPと世界食糧計画(以下、WFP)を含む地域パートナーは、全サイトに渡って学校給食プログラムを強化し、その結果70,000以上の子供達が現地で生産された食糧を使った食事の提供を受けている。例えばエチオペアのコラロでは、プロジェクト開始時にWFPが4つの学校給食プログラムを立ち上げて以来、さらに20以上のプログラムを追加し、現在全ての就学児童に給食が提供されている。
 学校の建設と改築、給食および教師研修に対する包括的な介入により、ビレッジの就学率および授業への出席率が改善された。例えばセネガルのポトウでは、このような介入により、クラスターの就学児童の数が2007年の1,286人から2008年には4,164人に増加した。
 初のMVスクール2スクール計画が2008年5月に開始され、インターネット技術を使ってウガンダのルヒイラ・クラスターと米国コネチカット州グリーンウィッチの子供達を繋いだ共同授業がライブで行えるようになった。

医療
MVPは特にマラリアの予防対策に力を注いでいる。プロジェクトの開始以来、住友化学から寄贈された蚊帳(オリセット)が34万以上配布された。加えてマラリアの一次治療の国際標準であるアルテミシニン薬と他の抗マラリア薬を併用する(ACT)治療のための薬剤を、80のMVに備蓄している。
 全MV地域に渡る800以上のコミュニティ・ヘルス・ワーカーが、様々な基本的な医療サービスを提供する為の訓練を受けた。
 14件の病院、診療所およびヘルスセンターが新たに建設、35件が改築され、医療へのアクセスは大幅に改善された。
 MVPは妊婦の健康状態の改善にも力を入れている。例えばプロジェクトの開始以来、ウガンダのルヒイラでは訓練を受けた人材の監督下での出産が全出産の9%から51%に増えた。さらにルヒイラの妊婦の80%が、妊娠中少なくとも1度は医療施設で妊婦管理サービスを受けている。
 家族計画サービスへのアクセスも増加した。例えばガーナのボンサアソでは、近代的な家族計画を実施している住民の数が670%増え、2007年半ばの296人から2008年半ばには2,278人に達した。
インフラ
MVPはエリクソン社と連携して、携帯電話経由でインターネットへのブロードバンド接続を可能にする次世代携帯電話技術であるEDGE/3Gを用いて、全てのMVにインターネット接続を提供した。2008年5月には、エリクソンとその現地パートナーのプロバイダー会社であるザイン社が、ケニアのダーツで携帯電話を使ったネットワーク・サービスを開始。携帯電話基地局が寄付により設置され、安定した携帯電話による通話及びインターネット接続が初めて住民達に提供されるようになった。
 地方政府との協働により、MVPは輸送および電力サービスを大幅に改善した。例えばナイジェリアのパムパイダ政府はMVPと連携して、10kmの道路を建設してクラスターと近隣の地域中心地区のサウワラを結び、さらに小学校や市場に近いクラスターの中心地点に電力を供給した。加えて中央政府と連携して、国営の送配電伝網をエチオピアのコラロ・クラスターのほぼ全域にわたって拡張した。
 MVPはビレッジに住む人々により安全な飲料水を提供するための活動も行っている。例えばセネガル政府のために水事業を取りまとめているJMイーグル及びPEPAMと協力してポトウで水プロジェクトを立ち上げ、約1万3,000人により安全な飲料水を供給した。
MVPの拡大
 MVの成功に触発され、マリ政府は、国家的な拡大戦略を発表し、同国で最も食糧供給が不安定な166の地域に住む200万人に対し、MVの中核概念を広げることを明らかにした。
現在進行中のマヤンゲでのMVPの成功を受け、ルワンダ政府は「ビジョン2020ウムレンゲ」の一環として、MVPを全国30地域に拡大する計画を発表した。
 2008年5月、日本国政府は、ベナン、カメルーン、マダガスカルおよびモザンビークにおけるMVクラスターの立ち上げ支援を発表した。ノルウェイ政府も現在リベリアのMVを支援中である。