ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

現地駐在員による、マラウイ事業報告会を開催しました!

IMG_1221

 

2018年2月26日(月)、文京区シビックホールにて、第33回MPJ研究会「バオバブ製品の製造販売を通した農民グループの自立支援」事業報告会を開催いたしました。

 

MPJは2017年2月より、バオバブの果肉や種子を使ったバオバブ・パウダーやバオバブ・オイルの製造・販売によって、農村を活性化する事業を実施しています。事業を開始してからちょうど1年経過し、一時帰国した現地駐在員青木道裕と天野桃子が、初年度事業についてご報告しました。   日本人にはまだなじみの薄いマラウイの紹介や、バオバブ製品の製造に着目した理由から始まり、バオバブ製品の製造方法、農民の皆さんの収入を向上させる取組み、初年度の成果と今後の課題、次年度の目標などについてご説明しました。

 

参加された方々からも、バオバブの実の収穫時期、初年度の生産量、現地で事業に携わっている人数、マラウイでの流通経路などについて多くの質問をいただきました。   また出席者全員にバオバブ・パウダーとバオバブ・オイルのサンプルをお配りし、実際に製品をお試しいただきました。

 

バオバブ・オイル、バオバブ・パウダー共に本国でもまだ浸透度が高いとは言えないため、次年度の目標は、安定した製造体制を整えるとともに、広報、販売にも力を入れていくことです。

 

この目標をどのように達成するのか、そして農民の皆さんの生活がどのように向上するのか、などについてMPJのブログなどを通じてこれからもお伝えしてまいります。   どうぞこれからも、MPJのマラウイ事業にご注目下さい!