ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

【ウガンダ北部・南スーダン難民支援事業】心理社会的ワークショップ研修に参加しました!!

MPJでは今年からウガンダ北部に位置する南スーダン難民居住地区にて、南スーダン難民の子ども達を対象とした心理社会的支援を新たに開始いたします。

 

その活動を開始するにあたり、本年2月6日より3月30日まで、Readyforにてクラウドファンディングに挑戦し50万円の活動資金を募っていましたが、先月その募金活動が終了し目標を上回る、63.7万円のご寄付を集めることができました!

 

ご寄付くださった方々、またSNS等でシェアして応援して下さった皆様、誠にありがとうございました。ご寄付は南スーダン難民の子ども達のために大切に使わせていただきます。

 

*****************

 

さて、今回は現地で心理社会的ワークショップを実施するにあたり、事業担当者や現地駐在員が日本の心療内科医・桑山紀彦先生のもと、事前研修を3月下旬に実施しましたのでそちらをご紹介したいと思います。桑山先生には、事業の専門家として現地でもご指導いただく予定です。

 

<心理社会的ワークショップ>

まず始めに、トラウマに関する講義や、ファシリテーターに必要なもの、PTSD(心的外傷後ストレス障害)が起こる過程や症状、心理社会的ワークショップの目的など、机上での研修を受けました。心理社会的ケアは、トラウマを抱える子ども達がPTSDに陥る前に予防することが目的です。

 

講義後には、実際に全員で参加者として心理社会的ワークショップを実施し、ファシリテーターとしての参加者との向き合い方や、ワークショップの進め方を学びました。

私たちもプライベートで抱えているトラウマ体験をもとに、絵画や工作、そして作詞にも挑戦しました。

 

作詞した歌を歌っている様子(左が桑山先生、中央がMPJ理事長・鈴木、右は石橋優子さん)

作詞した歌を歌っている様子(左が桑山先生、中央がMPJ理事長・鈴木、右は石橋優子さん)

 

 

心理社会的ワークショップに自分たちが参加者として実際に参加することで、ワークショップの効果を直に体験することができました。例えば、グループでトラウマ体験を共有することでメンバー間の仲が深まった、声に出してトラウマについて語ることで、それを以前より受け入れられるようになった、といった感想が挙がりました。

 

 

テーマ:「自給自足の街」

テーマ:「自給自足の街」

 

 

 

グループで作るジオラマ制作では、「私の住みたい街」というお題に対して「自給自足の街」というテーマで参加者全員が協力し合って一つの作品を仕上げました。

 

 

 

 

 

映画ワークショップの様子

映画ワークショップの様子

 

 

ウガンダ駐在員の片野田義人は週末に行われた映画の撮影(心理社会的ワークショップで最後に実施されるワークショップ)に主演しました。本格的な機材を使っての撮影に、少し俳優気分も味わいつつ、楽しく撮影できました。

 

 

 

 

このように作品作りを通してトラウマと向き合い、実際に心理社会的ワークショップで自分たちのトラウマと向き合うことで、ウガンダで心理社会的支援をするためのヒントを得ることができました。

 

この研修で学んだことを活かして、南スーダン難民の子ども達のために活動して参ります。