ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:イベントのお知らせ

ミレニアム・プロミス・ジャパン第6回研究会のご案内

「第4回アフリカ開発会議(TICAD)」から約1年が過ぎ、アフリカについての報道や催しが少なくなった、と感じていらっしゃる方も多いかと存じます。今回「MPJ第6回研究会」では、国連児童基金(ユニセフ)で長く広報官を務め、その後は、東京大学大学院で西アフリカの紛争と紛争で壊れた社会の再建をテーマに研究をなさっている澤良世さんを講師にお迎えし、お話をうかがいます。澤さんは、ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんの視察に同行し、紛争を経験したアフリカの国々を訪問され、現在も、毎年アフリカ各地を訪ねていらっしゃいます。皆様のご参加をお待ちしております。
* 当研究会のご案内(印刷用PDF)はこちらをご覧ください。
第6回研究会ご案内.pdf
テーマ:「アフリカの紛争と平和に向けた取り組み
      ―『ブラッド・ダイヤモンド』の国(シエラレオネ)の事例を中心に」

日時: 7月16日(木) 午後6時30分~午後8時終了予定
^.jpg
    (午後6時10分受付開始)
会場: 日本財団ビル2階 第1会議室
    東京都港区赤坂1丁目2番2号 TEL 03-6229-5558
講師: 澤 良世 氏(元ユニセフ広報官)
会費: MPJ会員・学生  無料
    一般       1,000円
定員:30名(定員になり次第締め切ります)

* 申込先: MPJ事務局 
      E-mail:MPJapan@drive.ocn.ne.jp
      FAX:03-5842-2802
下記をご明記の上、メール又はFAXにてお申し込みください。
      ・ご氏名
      ・メールアドレス
      ・ご職業(学生の方の場合は学校名・学部)
      ・何をご覧になって研究会をお知りになったか
* お問合せ先: MPJ事務局(上記E-mailまたはTEL:03-5842-2801)までお願いいたします。
                    
●講師プロフィール                
澤 良世(さわ ながよ)
神戸市生まれ。国際基督教大学教育学大学院修士課程修了。福岡と大阪のアメリカン・センターで勤務した後、ハーバード大学行政学大学院に留学、修士号取得。
1985年から2004年まで国際連合児童基金(ユニセフ)駐日事務所広報官を務める。武力紛争後のシエラレオネにおける和解と共生に関心を持ち、2005年4月から大学院で学んでいる。現在、東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム博士課程に在学。早稲田大学で非常勤講師を務める。

モザンビークのミレニアム・ビレッジでボランティア活動を行う学生募集!

特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、モザンビーク科学技術省の協力を得て、2009年3月にモザンビークのミレニアム・ビレッジChibutoの学校等でボランティア活動を行う学生を、下記要領にて募集しています。
応募期限は1月末です。たくさんのご応募をお待ちしています!
【期間】   2009年3月上旬~3月18日頃までの約10日間(現地と交渉中)
【活動場所】 Chibuto(Gaza Province)の小・中学校ほか
【滞在場所】 Chibuto周辺での家庭滞在予定
【活動内容】 ・現地の小・中学校でのパズル数独、算数、その他日本文化等の指導
       ・ミレニアム・ビレッジ運営等のアシスタント
      (注)モザンビーク科学技術省が各学生の資質に沿った内容を検討します
【募集条件】 ・20歳以上の大学生・大学院生で、日本国籍をお持ちの健康な方
       ・アフリカの貧困削減に関心があり、ミレニアム・プロミスの理念に賛同する方
【募集人数】 若干名

ニュースレターの配信を開始しました

ミレニアム・プロミス・ジャパンをご支援くださるより多くの皆様に、活動についてご報告させていだたき、研究会・シンポジウム・その他イベントの開催等についてお知らせさせていただくことを目的に、この度ニュースレターの配信を開始しました。
ニュースレターの読者登録・解除及びバックナンバーは、
ミレニアム・プロミス・ジャパン ニュースレターのページをご覧ください。
ミレニアム・プロミス・ジャパン ニュースレターは、「まぐまぐ!」のサービスを利用させていただいています。ありがとうございます。

16 / 16« 先頭...1213141516