ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:イベントのお知らせ

「アフリカの魅力を知るセミナー」のご案内

セミナーチラシ

アフリカの魅力を知るセミナー 第4回
「アフリカの女性と躍進 ~ジェンダーと開発編~」



MPJも参加している市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)が、2月6日(土)14時 より、セミナー「アフリカの女性と躍進 ~ジェンダーと開発編~」を開催します。 本セミナーでは、アフリカの国を代表して活躍する女性お二方、また、アフリカで ジェンダーやリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)に取り組む団体の アフリカ局長を招き、トークセッションを開催します。MPJ副理事長の安田尚代が モデレーターを務めます。

【日時】2月6日(土)14:00~16:15 (開場 13時30分)
【会場】 渋谷区立 公共施設(JR線渋谷駅(中央口)より徒歩8分)
※場所の詳細はお申し込み後に連絡します 。
詳細は以下のAfri-Canホームページをご参照ください。
http://afri-can-ticad.org/2016/01/19/160206/

【ゲストスピーカー】
 駐日ルワンダ大使館 ヴェネティア・セブダンディ大使
 カメルーン国会議員 マリーローズ・グイニ・エファ アフリカ連合議連議長
 国際家族計画連盟 ルシアン・クアクウ アフリカ地域事務局長
【参加費】無料 
【定員】 60名
【実施】 市民ネットワーク for TICAD (Afri-Can)
【共催】 外務省、世界銀行東京事務所、国際家族計画連盟(IPPF)
 駐日ルワンダ共和国大使館
 特定非営利活動法人アフリカ日本協議会
 公益財団法人ジョイセフ
 認定NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン
 ミレニアム・プロミス・ジャパン ユースの会

市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)は、第 6 回アフリカ開発会議 (TICAD VI)に向 けた提言活動を行う目的で結成され、アフリカ市民社会と提携 しつつ、イベント開催 や関係者との連携を通じて、アフリカの多様性や文化の普 及に努めています。
http://afri-can-ticad.org/

グローバルフェスタに出展いたします

グロフェス201510月3日(土)、4日(日)にお台場で開催される国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN 2015」に、ミレニアム・プロミス・ジャパンも出展いたします。4日(日)には、会場内でMPJユースの会が活動発表をいたします。お時間がありましたら、ぜひ遊びに来てください!(例年と会場が異なりますので下記をご確認ください。)



■グローバルフェスタJAPAN 2015
・開催場所 お台場センタープロムナード(東京都江東区青海1-2)
・アクセス りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩1分、
      ゆりかもめ「青海」駅より徒歩3分
・開催時間 各日10:00~17:00
・出展場所 R10(レッドエリア:農村開発)

MPJユースの会による活動報告 
・日時 10月4日(日) 11:10-11:40 @活動報告コーナーF

グローバルフェスタ公式ホームページ http://gfjapan2015.jp/

「ジェフリー・サックス氏と考える持続可能な開発と企業の社会的責任」(7月30日@東京財団)を開催します!

来る7月30日(木)、ジェフリー・サックス教授をSachs2お招きして「『東京財団CSR白書2015』出版記念 ―ジェフリー・サックス氏と考える持続可能な開発と企業の社会的責任」(主催:公益財団法人東京財団、協力:公益社団法人日本経済研究センター、認定NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン)を開催いたします。

フォーラムは2部構成となっており、第1部ではサックス教授にポスト2015開発アジェンダが企業社会にもたらす新たな課題と可能性について基調講演をいただき、その後のパネルディスカッションにも加わっていただきます。
第2部では企業の方を中心に『東京財団CSR白書2015』に収録された分析・事例報告が行われます。

【日 時】7月30日(木)13:30~17:00(受付13:00~)
    ■第1部「持続可能な開発と企業社会の可能性」 13:30~15:00
    ■第2部「社会に応える『しなやかな』会社のかたち」 15:10~16:40
    ■ネットワーキング 16:40~17:00
【会 場】日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
【言 語】日英通訳付
【参加費】無料

詳細および参加申し込みは、
東京財団ウェブサイト(http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=240
をご覧ください。
みなさまのご参加を心より待ちしております。

【ご案内】第28回MPJ研究会(国際協力の現場へのまなざしー東アフリカを中心に)

MPJでは、6月30日(火)、「国際協力の現場へのまなざし―東アフリカを中心に」中村恵理様をテーマに、
第28回MPJ研究会を行います。
講師には、現在、独立行政法人国際協力機構(JICA)アフリカ部にてケニア・ソマリアを担当されている中村恵理様をお迎えし、ケニア・ソマリア向けの協力事業や南スーダン独立時に現地にて活躍された貴重なご経験などをお話しいただきます。その後、参加者のみなさまとの双方向のディスカッションを行う予定ですので、みなさま、ぜひご参加ください。



◆開催概要◆
◇テーマ:国際協力の現場へのまなざしー東アフリカを中心に
◇日時: 2015年6月30日(火)午後6時30分~8時(受付開始時刻 午後6時~)

◇場所: 文京シビックセンター3階区民会議室B
    (東京都文京区春日1‐16‐21)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
[地図]
mapnew[1]

◇アクセス: 東京メトロ 後楽園駅より 徒歩1分
       都営地下鉄 春日駅より 徒歩1分
       JR水道橋駅より 徒歩9分
◇会 費: 参加費:一般 1000円  学生 500円  会員 無料
◇申込先: MPJ事務局
      以下の申込フォームに必要事項をご記入しお申込みください。
      (受付締切 6月29日10:00)
     https://docs.google.com/forms/d/1S5yTTonj_m0nmSYNuAhzoLK8BO_9D6c69jc1Vc9-9ow/viewform?usp=send_form


【講師略歴】
独立行政法人国際協力機構(JICA)のアフリカ部にてケニア・ソマリア向けの協力を担当。国際協力銀行(インド向けのインフラ開発及び民間企業向けの海外投融資業務を担当)、JICAスーダン事務所(若年層向けの職業訓練や農村開発の事業を担当)、世界銀行民間・金融セクター開発局(南北スーダンの民間セクター開発を担当)を経て現職。南スーダンが独立する過程を現場で目の当たりにしながら、平和構築・国家建設のダイナミックさと難しさを実感する。紛争影響地域が紛争状態に後戻りしないためには、現地での雇用機会の創出や雇用を生む民間セクターの発展が重要だとの考えのもと、現在はソマリア向けの職業訓練・産業開発関連の事業にも携わっている。

【ご案内】MPJユース企画 東大五月祭講演会「ボコハラムから見るアフリカ」(5/16開催)

2015五月祭MPJ Youthから講演会企画のお知らせです。MPJ Youthは「ボコハラムから見るアフリカ」というテーマで、5月16日(土)13時より、東京大学の五月祭で講演会を行います。ナイジェリアのボコハラムをはじめとして、アフリカのイスラム過激派について学んでいく講演会です。

第1部「ISとアフリカのイスラム過激派」、第2部「ナイジェリアのボコハラム」という構成になっています。そしてその後は2名の講演者同士によるディスカッションを行います。アフリカのイスラム過激派の現状はどうなっているのか?ISの影響はアフリカにも及ぶのか?日本、国際社会はどのような対策がとれるのか?といった話題を取り扱っていきます。

講演者は、イスラム過激派に詳しい国際政治学者の六辻彰二氏、外務省アフリカ部アフリカ第一課でナイジェリアの担当をされている淡川貴夫氏のお二方です。学者からの視点、外務省からの視点でのご講演いただきます。

興味を持っていただけたらぜひ下記URLから詳細な情報をご覧になってください。
https://www.facebook.com/events/882919598436240/


「ボコ・ハラムから見るアフリカ」
日  時: 5月16日(土) 13:00~15:30 (開場 12:30)
場  所: 東京大学本郷キャンパス 工学部1号館 1階 14号講義室
アクセス: 東大前駅(南北線)より徒歩1分、本郷三丁目駅(大江戸線、丸の内線)より徒歩6~8分
      アクセスマップ
講  師: 淡川 貴夫氏(外務省アフリカ部アフリカ第一課)
      六辻 彰二氏(国際政治学者)

* 事前のお申し込みは不要です。

皆様のご来場をお待ちしております!

MPJユースの会
釼持 智洋


2 / 1512345...10...最後 »