ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:イベントのお知らせ

ジェフリー・サックス講演セミナー「持続可能な開発と企業の役割」を後援

JS MasterHeadshot_low

MPJは、米コロンビア大学地球研究所長・ジェフリー・サックス教授を迎えてのシンポジウム第二弾として、6月4日に日経センター設立50周年記念国際セミナーを後援いたします(日本経済研究センター主催)。

経済成長と環境保護の両立、社会的な平等の促進、貧困の撲滅に向けた企業の役割が注目される今日において、企業と各国政府や国際機関、NPOとの連携がどうあるべきか等、「持続可能な開発と企業の役割」をテーマにサックス教授の基調講演とパネルディスカッションを行います。

日時:
 6月4日(火) 14:00~16:00
会場: 日経ホール (千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)
テーマ:、「持続可能な開発と企業の役割」
対象: 日本経済研究センター会員・一般無料、定員500名(先着順、定員になり次第締め切り)
(注)同時通訳がつきます。
 
【基調講演】
 ジェフリー・サックス・米コロンビア大学教授、地球研究所所長
【パネル討論】
 ジェフリー・サックス教授
 木下雅之・三井物産代表取締役専務執行役員
 澤田康幸・東京大学大学院経済学研究科教授
 モデレーター:岩田一政・日本経済研究センター理事長

主催:日本経済研究センター
後援:日本経済新聞社、認定NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン
【申し込み先】
日本経済研究センター http://www.jcer.or.jp/seminar/tokyo/index.html#20130604

【ご案内】MPJユースの五月祭講演会@東大本郷キャンパス

Ticad Logo-Colour

来る5月18日(土)、MPJの大学生組織「MPJユース」は、東京大学五月祭にて第5回アフリカ開発会議(TICAD V)の公式サイドイベント「最後のフロンティア・アフリカ~急成長する市場にどう参入するか~」(仮)と題した講演会を開催いたします。


アフリカ ―可能性を秘めた最後のフロンティア― を、「援助の対象」だけでなく「日本のビジネスパートナー」であるとの視点から、日本がアフリカに進出し、成功を収めるためにはどのような戦略が必要なのか? また、支援と開発の関係はどうあるべきか? 成長と共に生まれる経済格差にどう対応していくのか?などについて、ビジネスから開発援助まで各方面の専門家をお招きし、ご講演とディスカッションをしていただく、要注目のイベントです。
社会人になって久しい方も、東大五月祭にぜひお立ち寄りください!


■開催概要
【日時】  2013年5月18日(土)12:00~14:30
【場所】  東京大学本郷キャンパス 法文二号館 文2大教室
【アクセス】 南北線「東大前駅」より徒歩1分、大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩6分 等
       http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html 
【テーマ】「最後のフロンティア・アフリカ~急成長する市場にどう参入するか~」(仮)
【登壇者】
  ・経済産業省・経済協力課課長 森 清氏
  ・独立行政法人国際協力機構 アフリカ部 乾 英二氏
  ・サラヤ株式会社 代表取締役社長 更家 悠介氏
  ・双日株式会社 代表取締役会長 加瀬 豊氏
【プログラム】
   第一部 講演会(60分程度)
   第二部 パネルディスカッション(60分程度)
   質疑応答
【参加費】
   無料

ジェフリー・サックス講演シンポジウム「アフリカの平和と発展、そして未来へ」を開催

Ticad Logo-Colour 朝日新聞社とMPJは、6月1日から始まる第5回アフリカ開発会議(TICAD V)のサイドイベントとして、シンポジウム「アフリカの平和と発展、そして未来へ」を開催いたします。貧困削減を掲げたアフリカのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトを実施する国連事務総長特別顧問(ミレニアム開発目標担当)で米コロンビア大学地球研究所長のジェフリー・サックス氏による基調講演をはじめ、アフリカで積極的に資源ビジネスとCSR活動を展開する三井物産社長の飯島彰己氏、アフリカにおける自衛隊のPKO活動等を視察している国際大学学長の北岡伸一を含めたパネルディスカッションを行います。アフリカ現状と日本とアフリカのパートナーシップの強化に向けて、第一線の討論となることを期待しています。皆さま、ぜひご参加ください!


サックス教授の写真(Aug 2009)_edited-1日時: 2013年5月31日(金)17時30分~19時00分
会場: パシフィコ横浜・アネックスホール
       (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
      地図:http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html
テーマ:
「アフリカの平和と発展、そして未来へ ~ 日本とアフリカをつなぐパートナーシップ」(TICAD 公式サイドイベント)
基調講演:
・ジェフリー・サックス教授(国連事務総長特別顧問、コロンビア大学地球研究所長、MPJ特別顧問)
パネルディスカッション:
・ジェフリー・サックス教授
・飯島 彰己氏(三井物産株式会社 代表取締役社長)
・北岡 伸一(国際大学学長、東大名誉教授、MPJ会長)
モデレーター:
・三浦 俊章氏(朝日新聞GLOBE編集長)
主催
・ミレニアム・プロミス・ジャパン、朝日新聞社
後援
・外務省
(注)同時通訳がつきます。 

【応募方法】  シンポジウムへ参加ご希望の方は、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、職業、電話番号、参加希望人数(2名まで)を明記し、
郵便はがきかFAX、インターネット、携帯電話のいずれかでご応募ください。 
1、はがき  〒104-8665 東京・晴海郵便局私書箱303号 「朝日新聞アフリカシンポ」係  
2、FAX  03-5972-6634  (「朝日新聞アフリカシンポ」係と明記してください) 
3、インターネット http://www.asahi.com/e-post/   
【締切】2013年5月22日(水)必着    インターネット、携帯電話の受付は23時59分まで   
500名様を無料ご招待いたしますが、応募多数の場合は抽選とし、聴講券の発行をもって発表とさせていただきます。 
(注)個人情報は聴講券の発送にのみ使用いたします。




MPJ and the Asahi Shimbun Company will host the symposium, “Ensuring a Brighter Future through Peace and Development in Africa” as the TICAD V (from 1st through 3rd June in Yokohama) Official Side Events. The theme of this symposium is peace and development for African countries, also key issues for TICAD V. Professor Jeffrey Sachs of Columbia University; Professor Shinichi Kitaoka, President of International University of Japan; and Mr. Masami Iijima, President and CEO of MITSUI &Co., LTD. will present their views and discussion.
 This will be a great momentum for building a solid partnership between Japan and African Nations through the discussion of leading authorities on international relations, foreign affairs and business. We are looking forward to seeing you in the event!

Date & Time: Friday, May 31st , 17:30~19:00
Venue: PACIFICO YOKOHAMA・ANNEX HALL (1-1-1, Minato Mirai, Nishi-ku, Yokohama, Japan)


【Keynote Speech】
Professor Jeffrey Sachs (Special Advisor to United Nations Secretary-General ・the Director of the Earth Institute at Columbia University ・Special Advisor to MPJ)
【Panel Discussion】
Professor Jeffrey Sachs
Mr. Masami Iijima (President and CEO of MITSUI & Co., LTD.)
Professor Shinichi Kitaoka (President of International University of Japan・Emeritus Professor of the University of Tokyo・President of MP)
【Moderator】
Mr. Toshiaki Miura (The Asahi Shimbun Company GLOBE Chief Editor)

【Host】・Millennium Promise Japan
     ・The Asahi Shimbun company
※Simultaneous interpreters are available


【Application Method】 Applicants shall share their personal information ;Post code, Address, Name, Age, Gender, Job, Phone Number, the number of Applicants (Maximum number is 2)) with the following address by means of Postcard, Fax, Internet or Cell-phone
1.Postcard: Postal Code 104-8665 Tokyo Harumi P. O. Box 303 “the Asahi Shimbun Campany Africa Symposium”
2. FAX 03-5972-6634 3. Internet http://www.asahi.com/e-post/
【Deadline】 due NLT Wendesday, May 22, 2013 、(*Cell must be due NLT 23:59) Invitation for 500 people free of charge . We will make a draw in the case that applicants is beyond the capacity and participation tickets will be issued. Your personal information will be strictly protected and used only for issuing the participants tickets.

【ご案内】アフリカン・フェスタ2013にてMPJとMPJ Youthが活動報告会を行います!

AfricanFesta_official_banner_large来る5月11日(土)、12日(日)、横浜でアフリカン・フェスタ2013が開催されます。MPJも、アフリカで活動するNGOとして、ブースを出展@J2、イベント期間中に活動報告会を行いますので、ぜひ足をお運びください!


【日時】  2013年5月11日(土)16時00分~16時30分 MPJ 活動報告会
      2013年5月12日(日)16時00分~16時30分 MPJ ユース 活動報告会
【場所】  横浜赤レンガ倉庫:1号館2Fエリア NGO活動報告コーナー
【アクセス】JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩約15分/「関内駅」より徒歩約15分
     みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分/「みなとみらい駅」より徒歩約12分
http://africanfesta2013.com/access


【内容:5/11 MPJ 活動報告会】
「NGO長期スタディ・プログラムに参加して~ケニア・ウガンダのMPVの現場から」と題して、 昨年12月から3月下旬までMJPスタッフの高橋郷が、外務省主催のNGO長期スタディ・プログラムに参加し、ケニア・ウガンダにおけるミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに参加してまいりました。今回は、その研修のご報告を中心に、東アフリカのミレニアム・ビレッジプロジェクトの“今”をお伝えします。


【内容:5/12 MPJ ユース 活動報告会】
MPJユースは「学ぶ、発信する」をコンセプトに活動を行っている学生団体です。 アフリカに関して週1回の勉強会・その成果発信を主な活動とし、学園祭での大規模講演会や文化発信イベント「アフリカンナイト」を開催するとともに、2010年度より、メンバーが実際にアフリカへ渡航して学ぶ、アフリカ研修を年1度実施しています。今回は、そんなユースの活動内容を現メンバーの方たちから紹介してもらいます。


【アフリカン・フェスタ】
アフリカに関連する音楽、文化等のレクチャー、ワークショップをはじめ、アフリカ料理や各国大使館、国際機関、NGO団体、民間企業の参加等、幅広くアフリカに対する理解と親近感を増進することを目的とした、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)開催記念イベントになります。
http://africanfesta2013.com/

【ご案内】MPJ Youth タンザニア研修報告会

来る3月30日(土)午前、MPJユース(東大生中心の学生団体)のメンバーが、JICA地球ひろば@市ヶ谷にてタンザニア視察の報告会を開催いたします。
お休みのところ恐縮でございますが、お時間がございましたら、是非お越しください。
 
 
MPJ Youth タンザニア研修報告会
〜学生が伝えるアフリカ・タンザニアの今〜

 
東京大学の国際交流活動奨励事業や三菱UFJ国際財団などからの助成を得て、MPJ ユースの学生メンバー12名が、去る2月21日~3月7日、東アフリカのタンザニアへ研修に出かけて参りました。現地では、政府や国際機関、各種企業、NGOなどを訪問し、またダルエスサラーム大学において日本、タンザニア、ルワンダの学生とともに国際学生会議を開催いたしました。
 
現地にて日本企業がタンザニアで何を考えながら活動しているのか、タンザニア・日本政府の思惑とは何か、現場で何が起こっているのか、またタンザニア・日本・ルワンダの学生による将来への提言とはいかなるものか。
 
渡航メンバーによる生の声でタンザニアの今・将来をお伝えします。
 
【日時】
 2013年3月30日(土)9時30分~11時30分
新しい画像 (4)
【会場】
 JICA地球ひろば(市ヶ谷):会議室600
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html (地図)
 
【プログラム】
 9:10      開場
 9:30-9:40  研修概要の紹介
 9:40-10:00  訪問先機関についての報告
 10:00-10:40  学生会議についての報告
 10:40-10:50  休憩
 10:50-11:30  Q&A
 
 【現地訪問先】
 日本企業:住友化学と現地の合弁会社(A to Z Textile Mills)、住友商事、積水化学、三菱商事、パナソニック。
 現地政府機関:タンザニア外務省、タンザニア農業省
 日本政府関係:JICA、日本大使館
 社会・保健関係:UNICEF、小学校、CHAWAKUA(教育関係NGO)、現地診療所
 
【報告者】
 東京大学4年   松嶋徹郎
 東京大学4年   金子明
tanzania 中央大学4年   大小田紗和子
 東京大学3年   味志優
 津田塾大学2年  原科彩
 慶応大学2年   野町美帆
 専修大学2年   野田俊貴
 東京大学2年   小林祐介
 東京大学1年   村上真理恵
 東京大学1年   福谷佳苗
 東京大学1年   土屋潔浩
 東京外語大学1年 上まどか

 
【お申込】
参加を希望される方は以下のメールアドレスに、お名前・ご所属・メールアドレスを記載してお送りください。
tanzania.project.mpj@gmail.com

 
【MPJユースについて】
MPJユースは「学ぶ、発信する」をコンセプトに活動を行っている学生団体です。
アフリカに関して週1回の勉強会・その成果発信を主な活動とし、学園祭での大規模講演会や文化発信イベント「アフリカンナイト」を開催するとともに、2010年度より、メンバーが実際にアフリカへ渡航し学ぶ、アフリカ研修を年1度実施しております。
活動の詳細・ご質問・活動参加等につきましてはHPをご参照下さい。http://mpjyouth.web.fc2.com/