ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

ケニア・MDGセンター、サウリ村(ミレニアム・ビレッジ)等を訪問しました!

 11月23日から約一週間、MPJ理事長・鈴木りえこと事務局長・伊藤正芳がケニアを訪問いたしました。これはデジタル・グリッド・ソリューションズ株式会社様や東京大学様、株式会社電通様等との共同事業である「デジタルグリッドを活用した地方電化及び新産業創出事業準備調査(BOPビジネス連携促進)」を行うためのものです。ナイロビでは、当事業のテスト店舗に加え、在ケニア日本大使館、JICAケニア事務所、コロンビア大学グローバルセンター内のMDGセンターを訪問し、当事業についてのご報告や意見交換等をさせていただきました。

JICAケニア事務所にて、江口所長はじめみなさまと会談

JICAケニア事務所にて、江口所長はじめみなさまと会談

MDGセンターにてセンター長Dr.Belayと会談

MDGセンターにてセンター長Dr.Belayと会談













 ナイロビを後に私たちはビクトリア湖畔の町キスムに移動しました。ここでもデジタルグリッド事業のテストの現場のほか、ミレニアム・ビレッジであるサウリ村も訪れ、当事業のさらなる可能性について探りました。ここは、最初にミレニアム・ビレッジ・プロジェクトが始まった村のひとつで、キスムからさらに車で40分ほど奥にあります。2005年のプロジェクト開始時には飢餓で苦しんでいたといいますが、プロジェクトのおかげでいまでは村人によるさまざま事業が立ち上がり、自立に向けて着実に歩んでいるように見えました。デジタルグリッド事業の担い手となりうる、意欲あふれる人たちもたくさんいます。
意欲あふれる商店事業者たち②意欲あふれる商店事業者たち①




         意欲あふれる商店事業者たち


 商業だけでなく、農業、淡水魚の養殖業といった第1次産業、乳製品加工業という第2次産業の分野にも、意欲あふれる事業者たちがいます。そこには、知恵と努力とコミュニティー内の相互協力で貧困から抜け出そうとする熱意がひしひしと感じられます。
トマトの温室栽培

トマトの温室栽培

ティラピアやナマズの養殖池

ティラピアやナマズの養殖池

ヨーグルト製造協同組間

ヨーグルト製造協同組間











 しかし、彼らの事業を脆弱にしている障害があります。電力供給の不安定さです。ヨーグルトの製造のためには、生乳を冷蔵したり、発酵中に一定の高温を保つ必要があります。ようやくの思いで電線を引き込み、せっかく設備を電化しても、不意に何度も起きる停電がそれを無駄にしてしまいます。また、トマトの温室では点滴灌漑で水の使用を抑えながら栽培する工夫がなされています。村全体の水道普及率はようやく1割程度で、水は水源まで汲みに行かねばならないのが普通。いずれにしても、とても貴重です。ただ、その農家にはせっかく水道が通っているのに、断水にみまわれることがあります。水道システムが電力に依存しているからです。これらの断片的なエピソードからも推し量られるように、開発途上国において電気を普及しようとすることには大きな意義があります。水、食料に加え、エネルギーが焦眉の急となっている所以です。その意味でも、開発途上国での地方電化を目指す日本発のデジタルグリッド事業を発展させていきたいものです。


 私たちの当事業に対する思いに、サウリ村ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトチームも応えてくれています。ここにはリーダーのジェシカさんを中心として、さまざまな開発分野の専門家が集っています。しかも彼らは現場をよく知っています。そこで私たちは、このデジタルグリッド事業でどのようにひとびとの役に立って裨益していくべきか、アイデアを出し合いました。私たちは彼らとの協働で、相互に恩恵を享受できるものと信じています。
サウリ村プロジェクトチームとのブレーンストーミング




          サウリ村プロジェクトチームとの
              ブレーンストーミング



 実際、このサウリ村のチームは、上述したように産業分野でさまざまな成果を出してきました。さらに例えば保健分野でも、2005年以来のプロジェクトによってHIV/エイズ罹患率を10%程度までほぼ半減させるなど、一手一手の着実な取り組みがひとびとの生活の向上につながっています。
エイズ母子感染プログラム卒業式に参加
 エイズ母子感染防止プログラム卒業式に参加






 そしていま、新たに取り組まれているのが観光業です。いまこの村では、風光明媚な自然環境とそこで育まれた文化という資産を活かして、エコ・ツーリズムを振興しようと準備を進めています。村の図書館には、伝統的な器具や楽器などを陳列した、ちょっとした博物館ができています。また、エコ・ツーリズム・サイトの整備も進んでいます。見晴らしのよい岩場など通りながらハイキングをしてみると、しばし日本での生活を忘れ、とても爽やかなよい気持ちになれました。2015年1月にはウェブサイトで情報発信できるよう、制作を進めているところだといいます。みなさま、ぜひいちどサウリ村のエコ・ツーリズムを検討されてみませんか?ここは、ひとと自然の調和のとれた素晴らしい場所ですよ。
エコ・ツーリズム・サイト

エコ・ツーリズム・サイト

エコ・ツーリズム図書館

エコ・ツーリズム図書館










シンポジウム報告書を公開しました

去る10月2日に行いましたシンポジウム「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」の報告書ができあがりました。
これまで公開してまいりました記録映像では英語での発話部分に日本語訳がついておりませんでした。今回の報告書は日本語でまとめておりますので、どうぞあわせてご覧いただきお役立てください。


シンポジウム「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」報告書はこちら
  シンポジウム「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」報告書


なお、当日のプログラム詳細は、こちらのご案内ページをご参照ください。
            http://millenniumpromise.jp/archives/6541


また、こちらの記事もご参照ください。
シンポジウム開催ご報告 http://millenniumpromise.jp/archives/6571
記録映像1)基調講演  http://millenniumpromise.jp/archives/6884
記録映像2)有識者によるパネル・ディスカッション
   ~3)会場とのインタラクティブ・セッション~閉会
            http://millenniumpromise.jp/archives/6900

パネル討論等、シンポジウム記録映像続編を公開しました

1つ前のブログ記事で、シンポジウム「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」の、サックス教授基調講演映像をご紹介しました。本日は、続編の、パネル・ディスカッション、会場の聴講者とのインタラクティブ・セッションの様子を公開いたします。ぜひご覧ください。
(こちらも通訳音声がございません。ご了承ください。)

「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」記録映像
2) 有識者によるパネル・ディスカッション



3) 会場とのインタラクティブ・セッション~閉会



こちらの記事もご参照ください。
シンポジウム開催ご報告 http://millenniumpromise.jp/archives/6571
記録映像1)基調講演 http://millenniumpromise.jp/archives/6884

シンポジウムでのサックス教授ご講演記録映像を公開しました

去る10月2日に行いましたシンポジウム「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」の記録映像が一部できあがりました。
今回公開の映像は、シンポジウムの冒頭からジェフリー・サックス教授の基調講演の部分です。少し長いですが、ご講演全体をご覧いただけますので、ご都合が合わずにお越しになれなかった方、ぜひご活用ください。なお、英語スピーチ部分は通訳音声がございません。ご了承ください。

現在、シンポジウムの続きのプログラム映像も準備中です。また、日本語での報告書もまとめており、出来上がり次第、公開いたしますので今しばらくお待ちください。

当日のプログラム詳細は、こちらのご案内ページをご参照ください。

「持続可能性とポスト2015年開発アジェンダの統合を目指して」記録映像
1) 開会 ~ ジェフリー・サックス教授基調講演
 

ウガンダ・ルヒーラの小学校へパソコンを寄贈しました!

藤田大使と 10月27日から約一週間、MPJ理事長の鈴木りえこがウガンダを訪問いたしました。29日に首都カンパラの日本大使館で開催された国際刑事裁判所(ICC)の被害者信託基金(TFV)に関する関係者会議に参加することが主な目的でした。日本政府はこの信託基金を通じて、紛争下で被害にあった人々、とりわけ女性への支援を強化する方針で、ウガンダ北部においてICCに訴えられている犯罪の被害者たちが、心身ともに回復し自立するため、さらなる援助を今後どのように展開していくべきか検討されています。


Isis-WICCEにて

Isis-WICCEにて

  カンパラでは、Isis-WICCE(Women’s International Cross Cultural Exchange)という国際NGOも訪問して、アフリカやアジアなどの発展途上国にて、紛争下で過酷な環境におかれた女性サバイバーたちの人権保護、自立支援、女性の声を世界に広める活動について、詳しくご説明いただきました。Isis-WICCEは1974年にスイスのジュネーブに設立されましたが、ウガンダでも昨年設立20周年を迎え、ノーベル平和賞を受賞したリベリアのレイマ・ボウイ氏とも連携している活発で意欲的な国際NGOです。MPJとも将来的に連携を深めていくことで合意いたしました。


Ryamiyonga Primary School

Ryamiyonga Primary School

30日と31日は、カンパラから車で約6時間ほど西部にあるミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村も訪れました。そこでは、MPJがアミティエ・スポーツクラブとともに建設したRyamiyonga Primary Schoolを訪れ、MPJオフィスで使っていた中古のPCを2台寄贈し、今年6月に発送したアミティエ・スポーツクラブご寄贈のユニフォームが無事に到着していることを確認いたしました。


お昼寝する園児たち

お昼寝する園児たち

以前からこの小学校に付属している保育園の園児たちへ、机と椅子の寄贈を依頼されていたところ、訪問時はちょうどお昼寝の時間で、園児たちがむき出しの土間の上に薄い敷物を敷いてお昼寝している姿が、痛々しくとても印象的でした。ちょうどウガンダ訪問最後の日に、この小学校と付属保育園へ「世界の人びとのためのJICA基金」をいただくことが決定し、知らせを聞いた現地も歓喜いたしました。関係者一同、JICAのご支援に対して、心から感謝しております。園児の皆さん、待っていてくださいね!


点滴灌漑農業の  ルヒーラ村では、MPJがYAMAHAとともに3年ほど前から実験している点滴灌漑農業の現場も視察いたしました。現場の判断で、当初から育てていたトマトとキャベツは残念ながら害虫の被害のため、代替品としてより付加価値が高く年に3回の収穫が見込めるししとうを育てていました。灌漑農業地の周辺では、YAMAHAのポンプによってタンクに貯蔵された水を利用し、さまざまな農作物を育てていて、少し前までは原野だった土地が農作物で豊かにおおわれている様子を見て、感動いたしました。


ウガンダで活躍の皆さん 31日はカンパラに戻り、夜はササカワ・アフリカ協会の仲本千津さんのお声掛けで、ウガンダで活躍している日本人の皆さまと懇談いたしました。MPJ主催の「アフリカ・ソーシャルビジネススクール」出身の宮下芙美子さんや猿田千里さんをはじめ、日本の若い方たちがウガンダで元気に活躍されている様子を確認でき、嬉しく勇気づけられました。お忙しいところカンパラにお集まりいただいた皆様、ありがとうございました!