ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

ASBS中間報告会についてのご報告

ミレニアム・プロミス・ジャパン主催のアフリカ・ソーシャルビジネススクール(ASBS)の中間報告会を小川徳和氏・猿田千里氏・宮下芙美子氏の3名、審査員の中村安秀先生(大阪大学大学院教授)・更家悠介氏(サラヤ株式会社代表取締役)・鈴木りえこ(MPJ理事長)にお集まりいただき、中間報告会を行いました。
詳細はコチラです。http://millenniumpromise.jp/asbs

ケニア大使とのランチミーティングのご紹介です。

ケニア大使とのミーティングの紹介(ケニア大使館HPより)

LUNCHEON MEETING WITH MILLENNIUM PROMISE JAPAN (MPJ)

「ケニア大使とのミーティングの紹介(ケニア大使館HPより)」 

131106b

  前列左から、 東京大学特任教授 阿部力也氏、 ミレニアム・プロミス・ジャパン理事長 鈴木りえこ氏 駐日ケニア共和国特命全権大使 ベンソン・オグトゥ氏

後列左から、

デジタルグリッドソリューションズ株式会社 代表取締役 秋田智司氏

ケニア共和国大使館職員 山脇裕子氏

ミレニアム・プロミス・ジャパン職員 伊藤正芳氏

ミレニアム・プロミス・ジャパン理事長の鈴木りえこ氏主催の昼食会が2013年10月23日に開かれました。昼食会にはベンソン・オグトゥ特命全権大使と他の高官の方々が招かれ、アフリカにおけるミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの現在の進捗状況及び今後の開発計画について意見交換が行われました。

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)は、アフリカにおける地域開発を行い、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)の管轄のもと、サハラ砂漠以南のアフリカ10カ国にわたる現在80のミレニアム・ビレッジを支援しています。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)は生活の質や教育水準の向上、男女平等社会の促進を目的に貧困削減の取り組みを支援しています。総じて、同プロジェクトの趣旨は、低所得者地域における経済的自立の促進です。

日本国内では、人間の安全保障、外交、国際平和の促進といった分野で活動しています。そして、日本の皆さんにもミレニアム開発計画(MDGs)の存在を知ってもらうことがそ の目的です。また、ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、文化交流事業にも支援を行い、相互の経済的発展と理解の促進に取り組んでいます。   2004年の8月には、ケニアのサウリとデルーツで初のミレニアム・ビレッジが誕生し、それ以来、その地域における穀物生産力が飛躍的に向上したことにより、近隣の市場における経済的発展につながりました。   このミーティングの席上、ベンソン・オグトゥ大使は、阿部力也氏(東京大学特任教授)と秋田智司氏(デジタルグリッドソリューションズ株式会社 代表取締役)とも会談しました。デジタルグリッドソリューション株式会社は、東京大学と共同で合弁会社を設立し、送電線網を利用できない郊外の地域住民に、マイクロエネルギーの発送電線網の技術提供に取り組んでいます。同社では、すでに試作模型(プロトタイプ版)をケニア共和国に提供し、現在選ばれた郊外の地域で運用試験を行っています。

 

 

[翻訳ボランティア] 学校法人山口学園 ECC国際外語専門学校 国際ビジネス学科

総合英語コース<翻訳専攻>1年 高橋 美月、松本 遥、向川 千晶、森下 裕貴

アフリカン・ナイトが六本木で行われました

attachment00去る10月11日(金)、一夜限りのアフリカ祭り「アフリカン・ナイト」@六本木が、MPJの学生グループ、MPJユースの会(東大生中心の学生組織)のプロデュース、MPJ後援にて行われました。学生から社会人の方まで、様々な方が一堂に会しアフリカンな夜を楽しみました。

ユースメンバーがリードする振付に従って『Waka Waka ワカワカ/This Time for Africa』(2010 FIFA ワールドカップ南アフリカ大会オフィシャルソング)をフロア全体で踊ったり、アフリカンフードを食べたり、“五感で浸る”のテーマに沿った企画が満載でした。
スペシャルゲストはアフリカに魅了され毎年アフリカを訪れている写真家 板谷翠さん。南アフリカやマダガスカルの動物たち、町中の美しい写真の数々が板谷さんのやわらかな語りで紹介されました。さらに、アフリカをルーツに発展したブラジル民族音楽(by外国語大学ブラジル研究会)や、西アフリカのパーカッション音楽(by多摩美術大学ジャンベ部)の演奏で盛り上がりました。ユースのみなさんのアフリカ衣装もきまってましたよ!みなさん、お疲れ様でした!

attachment01アフリカンナイト 板谷さんスライドショー










国際ガールズデー、F#Factory@東京ウィメンズプラザにてお話ししました

加工f#集合国際ガールズデーである10月11日、MPJ理事長・鈴木りえこが東京ウィメンズプラザにおいて、f#factory様(代表・北澤清子様)の会にて講演をいたしました。本講演会は、f#factory様の社会貢献活動の一つとして開催され、これを機に、MPJが行っているウガンダ女児への教育支援事業にご協力いただけることになりました。

このたび、f#factoryの皆様にご協力いただくのは、MPJが継続的に支援しているウガンダ共和国イシングロ地域ルヒーラ村に住む、貧困層の女子学生です。“アフリカの女の子が教育を受けて社会の役に立てるように力になりたい”と、10万円を集めてくださいました。この温かいご支援金は、ルヒーラ村の女児が寄宿舎付の中学・高校へ1年間通う資金としてミレニアム・ビレッジ・プロジェクトへ贈らせていただきます。f#factoryの皆様に改めて御礼申し上げます。


DSC_000510月24日、f#factory林様と理事長。ご寄付を頂戴しました!
☆関連ページ
f#factoryホームページ:http://f-sharp.jp/
f#factory 社会貢献活動:http://f-sharp.jp/wp/wp-content/uploads/2013/09/mpj.pdf

第20回MPJ研究会のご報告 「Discovering Burkina Faso and its International Cooperation for Development」

DSC_0573第20回MPJ研究会⑤去る9月5日、駐日ブルキナファソ大使フランソワ・ウビダ閣下ご夫妻をお招きしての第20回MPJ研究会を行いました。
今回はブルキナファソにご関心をお持ちの方々に多数お集まりいただき、和やかに会が始まりました。
まず始めに、ウビダ大使よりブルキナファソにおける開発の現状と課題についてお話しいただき、その後、MPJインターンのルミエール宗田芽理沙(当時)が、昨夏のブルキナファソにおける数学教師ボランティアの体験について話をいたしました。
ブルキナファソは、残念ながら日本ではまだあまり馴染みのない国ですが、昨今は、アフリカへの関心が少しずつ高まり、ブルキナファソで暮らす日本人がTV番組でも取り上げられるなど、認知度は上がりつつあるようです。終了後に頂いたアンケートからはブルキナファソへの理解が深まって良かった、ブルキナファソの日本と世界との関わりについて知れた、など高い評価をいただくことが出来ました。
例えば、台湾とアフリカ諸国とのパートナーシップについてに関しては、近年アフリカ諸国では中国との関係上台湾との国交を断つ国が多くあるなかで、ブルキナファソは国交を保ちながら、中国と台湾両国間の関係が向上するよう話し合いの場を設けようとしている点などに、感銘を受けました。
ご多忙のなか懇親会にもいらして下さった大使ご夫妻をはじめ、参加して頂いた皆様、大使館関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。
第20回MPJ研究会報告書(PDF)はこちらからご覧いただけます。第20回研究会報告書懇親会第20回MPJ研究会⑥