ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

【復興支援】「チーム恵比寿」の弾丸バスツアーご報告

昨年暮れのこととなりますが、ミレニアム・プロミス・ジャパン復興コーディネーターの本間真理子が、「チーム恵比寿」の弾丸バスツアーに参加してまいりましたので、ご報告いたします。

*********

【陸前高田に到着しいよいよ活動開始】

【陸前高田に到着しいよいよ活動開始】

 
 東日本大震災の発災から1年10ヶ月以上が経ちました。歳月が経過しても復興の兆しを見い出だすことが難しい被災地では、長引く不自由な生活に、希望を失いかけている人々も少なくありません。

すでにご報告の通り、MPJはアフリカ支援に特化していた定款を変更し、被災された東北の方々に少しでも笑顔を届けるために、支援活動を行って参りました。
 
2011年の年末は、陸前高田市のクリスマス・年越しイベントの企画・実施に協力致しました。大晦日の花火の打ち上げ、元日のチャリティランには北岡会長、鈴木理事長はじめMPJのスタッフが主体となってイベントを盛り上げ、被災された方々と共に過ごしました。
 
昨年2012年は、長期化する避難生活で難しい課題が山積する被災地の変化する状況ので下、MPJは小規模でも、地道に継続され、被災者に喜ばれている活動へと支援をシフトしました。その中で実現したのが「チーム恵比寿」との連携でした。
 
「チーム恵比寿」の代表を務める加倉井昌幸さんは震災後間もなく整体師仲間と支援活動を開始。刻一刻と変化する環境に丁寧に寄り添いながら、避難所、仮設住宅をほぼ隔週おきに訪問し、整体と同時に心のケアを提供し続け、現在は整体師、美容・理容師、ネイリスト、ミュージシャン、マジシャン、バルーンアーティスト、落語家さんなど多彩なタレント150名を超すメンバーで活動しています。
 
MPJは彼らの訪問が円滑に行えるよう2012年5月以降の訪問から参加し、仮設住宅での受付業務や傾聴などを行うサポートスタッフとして活動しています。
 
1回の訪問に使える時間は30時間です。深夜12時に恵比寿に集合し、施術に使用するベッドや資機材を積み込んだ小さなマイクロバスに乗り込み、8時間近くをかけて移動。丸一日活動した後に同じバスで戻り、始発が動き出す早朝6時に恵比寿で解散します。

極限状態にある被災地で活動を継続するのは簡単ではありません。受け入れを拒否される団体も少なくない中、訪問時の細かな配慮がメンバーに徹底されているために、喜ばれ、要請を受けて訪問回数を重ねています。
 
MPJは献身的なボランティアを根気良く続けて来た彼らの熱意に敬意を表して、「2012年クリスマス陸前高田・大船渡ツアー」に大型バスのサプライズプレゼントを贈りました。

12月23日の深夜。恵比寿駅に集合したメンバーからは大きな歓声が上がりました。「活動を始めて1年9ヶ月、こんな大型バスで訪問できる日がやって来るとは想像も出来なかった。」「歴史的な日だ。夢のよう」「続けてきて良かった」バスの中には歓喜の声とともに、MPJへの感謝があふれていました。

彼らの喜びに満ちたエネルギーは施術を通じてそのまま被災地の方々へと伝達され、被災地へのクリスマスプレゼントとなったことは言うまでもありません。そして、これからもボランティア活動を継続するための励みとなりました。

【釜石でのワイン配布】

【釜石でのワイン配布】


クリスマス。もう一つのプレゼント。それはワイン発祥の地、グルジアからのワインのプレゼントです。MPJの復興支援コーディネーターを経た後、現在、私(本間真理子)はご縁を頂き、グルジアに30ヘクタールの葡萄畑を所有しています。これからワインの仕事を通じて被災地に1000人の雇用を生み出そうと頑張っています。

昨年末、自社の初めてのワインが出来ました。まず被災地の人に味わって頂きたいと願い「Wine for Two」というキャンペーンを立ち上げました。100%無添加の美味しいグルジアワインを1本お買い上げ頂く毎に被災地にもワインが1本プレゼントされるという仕組みです。この提案に最初に賛同し、個人的に参加して下さったのがMPJの北岡会長ご夫妻でした。短いキャンペーン期間にも拘らず、お蔭様で1200本のワインを釜石、大槌、陸前高田、大船渡へお届けすることが出来ました。「Wine for Two」にご賛同・ご参加下さった皆様に心から御礼申し上げます。

【大船渡中仮設でハワイアンムードいっぱいのクリスマスパーティに思わず笑顔があふれます。】

【大船渡中仮設でハワイアンムードいっぱいのクリスマスパーティに思わず笑顔があふれます。】


クリスマスにワインをお届けした仮設住宅の集会所では、心のこもったワイン会を開くことが出来ました。
 
大船渡中の仮設で会ったHさん。
「震災前は家事に加えて、家業のクリーニング点の切り盛り。人が働いているときに働き、休んでいるときにも働いた。それでも何をやっても否定される毎日だった。ストレスのために過去に3度も入院した。津波がフレームをすべて流してくれた。昔からのしがらみも権威もすべてを流してくれた。薬も流されて、初めて薬を飲まない生活をしている。もらった命だから人のために出来ることを精一杯やりたい。」

そう語るHさんは、現在は仮設を訪問するボランティアの受け入れ窓口となり、住民たちの世話を進んで引き受けています。津波で新しい命をもらったと自信をもって語る笑顔が印象的でした。
 
釜石市では継続が危ぶまれていた「石屋イルミネーション」というクリスマスイベントが、全国から寄せられた善意の支援で震災後も継続でき、地元の方々を励ましています。今年はグルジアワインのプレゼントも実現しました。渡されたボトルを抱えて、輝くイルミネーションに照らし出される皆さんの笑顔を拝見し、これからも継続して行きたいと思いました。

【間もなく解体が始まる旧陸前高田市役所前で合掌】

【間もなく解体が始まる旧陸前高田市役所前で合掌】


陸前高田では年末から旧市庁舎の解体が始まり被災の記憶の風化が危惧されています。尊い犠牲の上に学んだ数々の教訓は決して忘れてはなりません。たとえ地球上のどこであっても、不自由な生活を余儀なくされている方々がいる限り、今後も出来る限りの支援を続けていく必要があると感じています。

【復興支援】「癒しのプロ集団チーム恵比寿」の被災地での支援活動に協力しました!

【チーム恵比寿の皆さん】

【チーム恵比寿の皆さん】


ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、「癒しのプロ集団チーム恵比寿による2012年12月23日出発2泊3日弾丸ツアーを支援しました。
「癒しのプロ集団チーム恵比寿」は、東日本大震災以来、整体、足裏、ヘッドマッサージ、ネイル、ヘアカット、音楽など、それぞれの専門性を活かしたボランティアの方々が、毎月2回ほど定期的に被災地を訪問し、被災された方々のストレスを緩和するために活動を行っています。フラダンスやコンサートなども現地で開催して、喜ばれています。彼らは東京から夜行バスで被災地へ出かけ、夜行バスで帰京します。チームの活動はすでに1年半も続いています。MPJでは彼らの主旨に協賛して、肉体的にも披露が重なっている皆様の負担を軽減するため、大型バスのレンタル代を提供いたしました。
 
以下はFacebookページに掲載していただいた文面になります!

 
【御礼】「陸前高田・大船渡・釜石・大槌 4ヶ所同時開催 弾丸ツアー」
今回の「癒しのプロ集団チーム恵比寿」のクリスマスのイベントを実施するにあたり、東日本大震災支援として、ミレニアム・プロミス・ジャパン様(鈴木りえこ理事長)より、チーム恵比寿の活動支援となる大型観光バスの車輛代をご負担いただきました。被災地までの快適な移動により、各活動場所でのボランティア活動を無事終了することができました。鈴木様および、ミレニアム・プロミス・ジャパン様にはこの場を借りてお礼申し上げます。
 
詳しくはコチラをご覧ください。

【TICADⅤサイドイベント】北岡会長が東大GLS講座で講演しました!

【北岡会長】

【北岡会長】

去る1月15日(火)、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)会長の北岡伸一が、東京大学大学院法学政治学研究科・法学部、グローバル・リーダーシップ寄付講座(読売新聞社)にて、「国連の平和活動と日本―南スーダンとソマリア沖海賊対処活動―」に関して講演いたしました。MPJも後援させていただいた今回の講演では、約130名もの方々にお越しいただきました。
2012年、日本は、アフリカにおける最初の本格的なPKOとして、UNMISS(国連南スーダン派遣団)に自衛隊を派遣しました。北岡会長が訪れた当時、スーダンで自衛隊が厳しい環境下で建設工事を行っていたこと、これは通常は民間企業の仕事ですが、スーダンでは民間事業の準備ができていないことなど、自衛隊の地道な努力が紹介されました。また、PKOではありませんが、日本は2009年以来、自衛艦を派遣して、ソマリア沖海賊対処活動に参加しています。海賊は容易に略奪できる相手を狙うため、自衛隊の存在だけでも効果があること、一方で別の地域で海賊行為が増えていること、など、北岡会長が実際に訪問した現地の様子をふまえて、紹介し、議論いたしました。講義の後、聴講者の方々との活発な質疑応答が行われました。「ギブ・アンド・テイク」の面から、「PKO活動にはどのような利益があるのか」という質問には、「国際社会の一員として、ギブ・アンド・テイクを超越した当然の役割であって、むしろウィン・ウィンの関係を作る、という観点で考えたほうがいいのではないか」と答えられました。

【(左)司会する久保文明先生(東大教授)】

【(左)司会される久保文明先生(東大教授)】

【TICADVサイドイベント】第2回アフリカからの留学生との交流会も大盛況でした!

集合写真

【最後まで残ってくださった方々と集合写真】

去る1月15日(火)、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、来年6月に開催される第五回アフリカ会議(TICADV)のサイドイベントとして、アフリカ諸国からの留学生とMPJ・ユースの会とMPJ会員を中心とした第二回交流会を開催いたしました。試験も近づき前日の大雪が残る環境下、約40名の方々がお集まり下さいました。MPJ会長・北岡伸一の挨拶の後、駐日南アフリカ大使モハウ・ペコ閣下も駆けつけ、若者に向けた貴重なスピーチを賜りました。
大使からは以下のようなお話をいただきました。                                                                              

【南アフリカ大使モハウ・ペコ閣下と北岡先生】

【南アフリカ大使モハウ・ペコ閣下と北岡MPJ会長】


 
第5回アフリカ開発会議(TICADV)は設立後20周年の記念的会議であり、アフリカ連合(AU)の50周年と重なる。これまでの20年間、アフリカ大陸は貧しい暗黒の、機会に恵まれない大陸から、急速に成長し大きく変貌しつつある。アフリカ諸国は自信を持ち始め、開発に関しても、資源を再発見、再投資して自ら担わなければならないことを自覚している。日本もアフリカ諸国に対して、これまでのように援助しなければならない対象から、対等のダイナミックなパートナーシップを築くべき相手として、相互関係を再構築していくにはどうすべきか、考えなければならない。国際社会は流動的であり、常に新しい紛争やチャレンジが起きている。ユニバーサリズムを例にとっても、構成するプリズムは一つなのか、複数あるのか、対象としなければならないパブリックは一つか、異なったプリズムを通した多様な存在なのか?新しいアフリカは、さまざまな角度から観察されるべきである。また、テロと一言に行っても、9・11のテロ攻撃とは違い、資源安全保障やサイバー安全保障、海洋安全保障など多岐にわたる。今日は幸い、これからの20年を担う若い学生さんたちが集っている。古い慣習やパラダイムにとらわれることなく、新鮮なアイディアを見出し、新しい相互関係を想像し、より良い世界に向かってリーダーシップを発揮してくださることを期待している。
********

                                                                                                                                              

じゃんけん

【アフリカにも普及するか?ジャンケン・ポン】

大使からのスピーチの後、留学生の方々には前回好評だったジャンケンに挑戦していただき、プレゼントをお渡しいたしました。その後、ブッフェ形式の食事をいただきながら、それぞれの会話を楽しみました。某留学生の方から、MPJユースのタンザニア訪問に参加したい、というお申し出もいただきました!実現すれば非常に嬉しいです!

【TICADVサイドイベント】アフリカからの留学生との交流会は大盛況でした!

  【談笑する在日ルワンダ大使ご夫妻、留学生 と北岡会長】

去る11月11日(日)、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、来年6月に開催される第五回アフリカ会議(TICADV)のサイドイベントとして、アフリカ諸国からの留学生とMPJ・ユースの会とMPJ会員を中心とした第一回交流会を開催いたしました。生憎の大雨にもかかわらず、地方から駆けつけてくださった方を含め、会場である有楽町の日本外国特派員協会には約40名の方々が集まり、アフリカ諸国からの留学生や外交官の方々との交流を深めました。

冒頭にはMPJ会長の北岡伸一(国際大学学長、政策研究大学院大学教授、東大名誉教授)がMPJ設立に関する短いスピーチを行いました。2004年4月から約2年半の国連次席大使時代を通じて、国連の課題の約7割はアフリカ問題だったこと、アフリカと本人の直接の関わりは、2005年1月にジェフリー・サックス教授(コロンビア大学地球研究所長、国連事務総長特別顧問)のナイロビからの国際電話だったことなどを披露。MPJが主要な目的としている国連ミレニアム開発目標達成のためのモデル村(ミレニアム・ビレッジ)プロジェクトを支援するほか、相互理解のためには人材交流が重要であることなどを強調しました。MPJユースの会は、東京大学から3年連続で奨励金を得て、毎年サブサハラ以南のアフリカ諸国を訪問して学生会議を開催していることで、学生が非常に成長してきていることを指摘するほか、アフリカ諸国からの留学生に対しては「海外で勉強することほど重要なことはない」とこの好機を十分に活かしてほしい旨、主張しました。

MPJユースの代表、金子明は、MPJユースのこれまでの活動に関して簡単に説明しました。

【スピーチする在日ルワンダ大使、        シャルル・ムリガンデ 閣下】

最後に、駐日ルワンダ大使、シャルル・ムリガンデ 閣下 から、以下のようなお話をいただきました。

大使の役割の一つとして、日本企業にルワンダへの投資をお願いすることがある。しかし、残念ながら、大抵は「アフリカは遠い未知の場所であり、投資は難しい」という答えが返ってくる。日本の若い人たちがアフリカ諸国に関心を持ち、交流会に参加してくれることは嬉しいことであり、ぜひ皆さんが「アフリカへの扉」を開いてほしい。

この交流会はTICADVのサイドイベントの一つとして位置づけられているため、TICADの歴史とルワンダの歴史を振り返ってみる。TICADは冷戦後の1993年に発足した。アフリカへの伝統的な開発投資国の関心が旧東ヨーロッパ諸国へ移り、アフリカは事実上忘れられようとしていた。そこで、日本政府が世界各国のアフリカへの関心を戻すため、オーナーシップとパートナーシップを掲げて、ハイレベルの政策対話を行う定期会議を設けた。第五回を迎える2013年は、TICADの20周年でもあり、アフリカン・ユニティー(のちのAU)の50周年でもあるため、大変重要である。

 【留学生と談笑するMPJユースのメンバー】

一方、同時期のルワンダを振り返ると、1994年にツチ族に対する大虐殺が起こり、残念ながら、この20世紀最後の大虐殺という悲劇で世界の注目を浴びるようになった。2001年の9・11で約3,000人が亡くなったが、ルワンダでは一日1万人の虐殺が約100日続いたのである。10万人の孤児や、未亡人が残され、100万人が周辺諸国へ非難した。経済的にも大打撃を受け、病院は壊され学校も閉鎖された。国家として機能しなくなり、二つの国に分裂する案もあった。しかし、優れた政治的リーダーシップの下で、共通の目的を掲げて国の再建を果たし、今では「ルワンダの奇跡」として国連やアフリカ連合でも評判が高い。PKOにも人を派遣し(世界第6位)、2013年度からは国連の非常任理事国も務めることになっている。現在は、安全、平和で汚職のない国として有名となり、地方政府も有能である。国民全体も調和に努力して、共通の経済政策の下、成長率も約8%を達成している。一人あたりのDGPも短期で3倍となった。国連ミレニアム開発目標を達成可能な数少ない国の一つに数えられている。成長は一部の都市に住む市民だけではなく国全体で起こり、2006年からの5年間で100万人が貧困状態から抜け出した。2000年に制定した「ルワンダビジョン2020」の達成を目指して、さらなる努力を重ねているところである。TICADVがルワンダをはじめとするアフリカ諸国の成長に貢献してくださることを祈っている。

*****

【じゃんけんに挑戦する留学生】

【じゃんけんに挑戦する留学生】

スピーチの後は、アフリカからの留学生にジャンケンに挑戦していただき、勝った人がMPJからのプレゼントを受け取りました。初めての試みに留学生の皆さんは興奮気味で、大いに盛り上がりました。緊張もほぐれ、その後、軽食いただきながらそれぞれの会話が進みました。週末にもかかわらず、ご参加くださった在日ルワンダ大使ご夫妻、外交団の皆様にもお礼を申し上げます。

次回は2013年1月15日@東京大学本郷キャンパスを予定しています。