ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

Ryamiyonga小学校の子供たちから蜂蜜が届きました!

【蜂蜜を掲げるMPJスタッフ新島絵里奈】

ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村のRyamiyonga小学校に通う生徒たちが、学校建設資金を提供してくださったアミティエ・スポーツ・クラブの会員さん(小学生中心に約5000名)に対して、蜂蜜を集めてプレゼントして下さいました。ルヒーラ村の栄養状況は全ミレニアム・ビレッジの中でも低く、子供たちにとって自然の蜂蜜は重要な栄養源です。また蜂蜜を採取することは危険が伴う作業です。彼らの感謝の気持ちがこもった貴重な贈り物として、ありがたく受け取りました。

ウガンダで点滴灌漑事業を始めました!

【村人と最終打ち合わせ】

ヤマハ発動機とウガンダのYAMAHA販売店社長のご寄付に基づき、MPJが出資して、ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村において、点滴灌漑事業のテストケースを開始しました。MPJ技術顧問の江藤誠一氏が、ルヒーラ村のチームリーダーであるデービッド、農業担当のジョゼフなどと相談した結果、村の中で最もふさわしい常に流水のあるKanywamaize地域を選択しました。

 

【藪を切り開きました】

 

 

江藤氏の精力的な働きにより、2か月間でバナナプランテーションの間の藪を耕して、面積1600平方メートルを4つのロット、1.点滴灌漑&肥料有り、2.点滴灌漑有り&肥料無し、3.点滴灌漑無し&肥料有り、4.点滴灌漑&肥料無し(伝統的な村での耕作法)に区分け、4,000株のトマトの成長を見守ります。成功すれば乾季でもトマトが育ち、農民が換金できて生活が安定することが期待されています。盗難を予防するため、穴を掘ってホースを埋め込んだり、

【2トンタンクを支える土台を強化】

ヤマハ発動機を頑丈な柵の中に設置したり、2トンの水タンクが安定するように土台を強化したり、様々な工夫がなされました。農民は普段から集団で様々な活動を行っているグループが選ばれました。毎月労働時間、経費、収益等のデータをとって、仕事量に従い収穫後の収益から報酬を得ます。日本からは村に滞在中の江藤氏のほか、MPJ理事長・鈴木も参加して、実施グループと最後のワークショップを開催してまいりました。

【盗難に備えてポンプを入れる頑丈な柵をつくりました】

点滴灌漑の利点には、収穫高と品質の向上、水の有効利用、労働力の軽減、換金作物の生産による収入増加などがあります。サハラ砂漠以南のような水不足の地域では温暖化対策や干ばつに備える準備としても、ますます必要性が高まると思われます。セネガルのミレニアム・ビレッジ、ポツー村では農業組合がまとめて購入し希望する農夫たちにマイクロクレジットなどで譲り、たまねぎを生産して大好評です。

 

 

 

ウガンダの小学校に太陽光発電、キッチンオーブンを設置しました!

 

 

【生徒さんとPTAの方々が歓迎してくださいました】

ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、関西のNPO法人アミティエ・スポーツ・クラブのご寄付により、2010年度からウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村にてRyamiyonga小学校を建設しています。2年前に現地に出向いてくださったMPJ技術顧問の江藤誠一氏の設計と監督により、建物はすでに完成していました。今年6月半ばから再度、江藤氏に現地へ出かけて頂き、最後の仕上げを指揮していただきました。太陽光発電パネルを設置して、携帯電話の充電事業を開始し、数年後に必要となる太陽光発電の

バッテリー交換の資金を貯める予定です。

【MPJ理事長がテープをカットしました】

【アミティエさまの名前が刻まれました】

また、コンピューター5台を寄贈したため、子供たちは学習ソフトによる勉強ができるようになりました。近々、周辺に電波塔が建つ予定になっているため、外部とのインターネット交流も可能となります。何よりも、高学年の教室に電気が通るようになり、子供たちは小学校卒業試験を目指して夜も一生懸命に勉強しています。新しいキッチン・オーブンも設置しました。これまでの薪の使用量を7割近くも節約できることがわかりました。給食サービスの

充実により、子供たちの栄養摂取が高まり、通学す

【エコのキッチンオーブンです】

【学校の天井に設置された太陽光パネル】

る生徒数も増えることと願っています。

 

Ryamiyonga 小学校は地元では最も設備の整った小学校として、モデルスクール的な役割も果たしています。MPJ理事長・鈴木りえこも現地を訪れ、アミティエ・スポーツ・クラブにより建設された小学校であることを明記した記念銘板の除幕式に参加、学校開校のテープカットも行いました。

アミティエ・スポーツ・クラブの皆さま、ありがと

うございました!

 

【夜も勉強できるようになりました】

皆さまからのご寄付(クレジットカード)でマラリア予防薬を購入!

【使用済みスプレイの袋を示してくれました】

ミレニアム・プロミス・ジャパンのホームページ上からクレジットカードでご寄付いただいた資金(2010~2011年度)をもとに、ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村にて800ドルでマラリア予防のためのインドア・スプレイ(Indoor Residual Spray)を購入し、村へ寄贈いたしました。                 ミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村は、ウガンダのイシングロ州南西部に位置し、8つの村で構成されています。面積は約77平方キロメートルで、約11,000世帯、約50,000人が居住しています。年に二回雨季があり、蒸し暑く、全死亡率のおけるマラリアの割合はまだ少なくありません。プロジェクトにより全戸に蚊帳が配布されていますが、子供が一定の場所に寝ないこと、蚊帳を嫌う人々がま存在することなどから、アウトドアとインドアのマラリア予防スプレイは欠かせません。インドア・スプレイは家の中の壁に噴霧し、6か月程度の効果があるそうです。

すでに8月半ばには各戸に噴霧され、ルヒーラ村のヘルスコーディネーター、エマニュエルから感謝状も届いております。写真はエマニュエルとMPJ技術顧問の江藤誠一氏です。

 

ルヒーラ村からの感謝状

 

駐日ガーナ大使公邸においてMPJユースのガーナ視察報告会を開催いたしました!

7月7日(土)は、駐日ガーナ大使、ブランフル閣下のご厚意により、世田谷区の 大使公邸において、MPJユースの会のガーナ視察とMPJ会長・北岡伸一による 南スーダン視察報告会が開催されました。

 

学生たちは「ガーナの日本企業訪問」「JICAの現地活動視察」「ミレニアム・ビレッジ視察」「ガーナ国立大学生との国際学生会議」などの項目に分かれて、数名が報告。それぞれ現地にて様々な方々との交流を通じて、視察期間の17日間で深く考え、大きく成長したことが理解できました。

 

当日は大雨が降りましたが、おかげさまでMPJご支援者の皆様がご家族連れで多数お集まり下さいました。ご参加くださった外務省アフリカ審議官・草賀氏ご夫妻、東大法学部教授の久保先生ご夫妻をはじめ、MPJをご支援くださる企業や個人の方々が、口々に「楽しいひと時だった」と喜んでくださいました。

 

ガーナ公邸料理人のベンさんと日本人若手シェフのコンテストで優勝された木下俊氏による お料理のコラボや、世界的に話題のグルジアワインなどを楽しみながら、文化交流も兼ねた非常に有意義な 会合となりました。ご協力くださった皆さま方には心から感謝しております。

皆さまのリクエストにお応えし、また、このような会合を企画いたします!