ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

南アフリカ大使館でのADC Trade and Investment会議にて、「グロ-バル・フロンティ ア講座」のプレゼンテ-ションを行いました!

ミレニアム・プロミス・ジャパン
(MPJ)では、去る9月15日、南アフリカ大使館において開催された
ADC Trade and Investment会議に参加させていただき、アフリカ諸国の大使、大使館関係者の方々に、MPJ新規事業である「グロ-バル・フロンティア講座」のプレゼンテ-ションを行いました。大使の皆様には MPJの活動に大きな関心を示していただき、アフリカ諸国のさらなる開発に向けて、どのように貢献できるのか等、活発な議論が交わされました。
 このような機会を設けて下さった駐日南アフリカ大使のグロブラー大使ほか関係者の皆さまに心からお礼を申し上げます。

南アフリカ大使館でのADC Trade and Investment会議にて、「グロ-バル・フロンティ ア講座」のプレゼンテ-ションを行いました!

南アフリカ大使館・HP用2.jpg 南アフリカ大使館・HP用.jpgミレニアム・プロミス・ジャパン
(MPJ)では、去る9月15日、南アフリカ大使館において開催された
ADC Trade and Investment会議に参加させていただき、アフリカ諸国の大使、大使館関係者の方々に、MPJ新規事業である「グロ-バル・フロンティア講座」のプレゼンテ-ションを行いました。大使の皆様には MPJの活動に大きな関心を示していただき、アフリカ諸国のさらなる開発に向けて、どのように貢献できるのか等、活発な議論が交わされました。
 このような機会を設けて下さった駐日南アフリカ大使のグロブラー大使ほか関係者の皆さまに心からお礼を申し上げます。
追伸:アフリカ諸国の駐日大使の方々も本講座に大きなご関心を示され、アフリカ外交団(ADC)から正式にご支援を頂けることとなりました!

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの全体会議と新ミレニアム・ビレッジ視察のご報告

7月25日よりタンザニア連合共和国の首都ダルエスサラムで開催されたミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの全体会議に、MPJ理事長・鈴木りえこが参加してまいりました。
7月25~26日の前半2日間にわたり教育と保健・衛生のワークショップ、27~28日の後半2日間は全体会議が開催され、ニューヨークやアフリカ諸国から200名以上が参加して、地元のニュースなどでも紹介されました。
全体会議では、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの開始から5年を経て、コロンビア大学地球研究所の研究者たちより信頼度の高いデータ分析が発表され、地元のプロジェクトチームからこれまでの活動を報告するDVD等が紹介されるなど、年々プロジェクトの成果が明らかになっていることを実感いたしました。地球研究所のデータ分析は、近々、アメリカの一流紙で発表されることになっています。

続きを読む

第11回MPJ研究会を開催しました!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、去る6月9日、第11回MPJ研究会を開催いたしました。
 講師は元 JICA南アフリカ事務所長で、現・株式会社福永設計 下村則夫氏、テーマとして(1)アフリカ支援の現場から、(2)南アフリカ真実和解委員会という二つの興味深い内容のお話をいただきました。ご自身が翻訳なさった『国家の仮面が剥がされるとき』(第三書館)も10冊ほど参加者にご寄贈下さいました。
 下村様、ありがとうございました!

 研究会内容はこちらをご覧ください。→第11回研究会報告書.pdf

ウガンダレポート(インターン報告)

 今年4月から7月にかけて、MPJインターンとしてウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村に滞在された湯川真美子さんの滞在レポートをお届けします。
*****
 こんにちは。2011年4月20日~7月1日までウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのインターンシッププログラムに参加しました湯川真美子です。今回、私は約2ヶ月半の間、ウガンダ西部にあるルヒーラ村というミレニアム・ビレッジで村の女性が作るクラフト製品(バナナの皮で編んだカゴやビーズアクセサリーなど)の商品開発と商品販売企画に携わりました。
村の女性と商品開発について打ち合わせ.jpg ルヒーラ村の中心部1.jpg ルヒーラ村の中心部2.jpg
【写真】村の女性たちとお話をする湯川さん(左写真・向って右側)、ルヒーラ村の中心部(中央・右写真)

続きを読む