ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:活動報告

マラウィのビレッジより 最新の活動レポートが届きました!(第4回)

Gumulira(グムリラ)にてインターンを行っている山本光恵さんからのレポート第2弾をご紹介いたします。

      *****

Existing means of communication within Gumulira village
グムリラ村におけるコミュニケーション(情報伝達)方法について

グムリラ村に比較的安定した携帯電話の電波が導入されてから1年と3ヶ月。村での世帯携帯電話普及率はほぼ0%から70%に増加した。村の主要地4箇所に、アフリカの大手電話会社「Zain」のショッキングピンクのキヨスクが設置され、村での小規模ビジネスの拠点として利用されている。

IMG_0413.JPG
【写真:Zain社のキヨスク】

電気のないグムリラ村で太陽光発電で携帯を一度につき約13円で充電をするだけでなく、通話時間を購入できるようにエアータイムの販売、また電話をもっていない人のために公衆電話も置かれている。
しかし農業による自給自足の生活を営む村人にとって、電話代はとても高価なもので、約1分間の会話をするには160クワチャ〈約100円〉も掛かってしまう。160クワチャがお米1kg、大きなトマト10個、コカコーラ3本、卵5-6個に相当する事を考慮すると、たとえ携帯電話本体が普及しても、村人の日々のコミュニケーションツールとして利用されるには時間がかかりそうだ。
村でのコミュニケーションは、現在も昔ながらの方法で成り立っている。テレビ、インターネットや地域ラジオ、村全体に響く放送システムがないグムリラ村で、どのようにコミュニケーションシステムを改善できるのだろうか?この課題に取り組むにあたって、まずは現存しているツールを調べてみることにした。

ンタンガ村の村長.jpg
【写真:ンタンガ村の村長とアシスタントに村のコミュニケーションについてインタビューを行っている様子】

連絡係が個別訪問するか村中を叫んで回る
グムリラクラスターに存在する13の村それぞれには、村長より「連絡係」に任命された村人がいる。彼らは村の中でも重要な人物(例えば村長のアシスタント、退役政府関係者,富者)を個別に訪問して、ニュースを伝える。本人が不在時には、手紙かメモを残す。その他の一般の村人に対しては、この連絡係が村中を大声で連絡すべき内容を叫びながら歩き回る。グムリラではこの方法が主流だそうだ。日本でいう「火の用心」の夜回りに似ているかもしれない。

連絡係.jpg
【写真:「連絡係」の一人アベルさん。緊急の場合には自転車で村中を回る。】

掲示板または木に張り出す
告知・広告の書類がある場合には、各村の中心地または重要地点に立つ木の幹に、釘で打ちつけ、掲示する。屋根や雨対策になるようなものが一切無いため、雨が降った場合には、掲示物が濡れてしまう。日本やアメリカではどこにでもある用紙やノートはグムリラ村の住民にとって高価なもので、皆が常に所持できるものでは決してない。日本の町内会回覧板のようなコミュニケーションの方法を導入するには、資源として紙をどのように入手するかを考慮しなければいけない。また村の成人(特に中・高年者)の多くは読み書きができないから、識字クラスが広く導入されるまでは、掲示板だけでのコミュニケーションは不十分になってしまう。イラストを中心とした掲示物を増やしていく必要性がある。

掲示板.jpg
【写真:掲示板として現在使用されている木】

笛を吹く
村人の臨終を伝える場合には笛が使われる。サッカーの審判等に使用される笛と同様のものだが、通夜・葬式の知らせは長い警笛、サッカーやネットボール等のスポーツの試合がある際には短い警笛で村人に情報を伝える。ある時には各村の中心地から、またある時には村中を歩き回って笛を吹く。
車輪の鉄枠を鳴らす 
教会の礼拝などや非常時には、車輪の鉄枠を使用する。教会の礼拝開始を伝える際にはゆっくりしたリズムで2回づつ、非常事態を知らせるには速いテンポで連続して鉄枠を鳴すそうだ。

鉄枠.jpg教会.jpg
【写真左から:非常時に使用されている鉄枠、教会】

インフォメーションテクノロジーに頼らないグムリラ村で、コミュニケーションを改善するにはどうすればいいのか?
現地のボランティアチームと話しあった結果、まずは掲示板そのものの改善(木の幹のみから、雨対策を考慮した掲示板にする)と村の主要人物と地方政府や各分野(病院・学校等)の重要人物を繋ぐ連絡網のような表(兼・電話帳)の作成に取り掛かることになった。今後の活動が楽しみである。

図書館の掲示板.jpg
【写真:政府組織が運営する図書館の掲示板(参考)。
雨避けを追加してコミュニティーセンターと村の中心地に同様な掲示板を置く計画】

MPJ夏の懇親会(隅田川花火大会観賞)

隅田川花火大会2・2010.JPG ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、普段ボランティアとしてご協力いただいている「プロボノ(社会人)」、「ユースの会(学生)」の皆さんとともに、隅田川花火大会(7月31日)を楽しみながら夏の懇親会を開催しました。 普段あまり顔を合わせない社会人と学生の方々が、お互いを知り合う良い機会となりました。
 ユースの会では、花火大会観賞に先立ち、今後の活動計画などについて話し合い、海外合宿の企画も検討しています。最近の若者たちは内向きになり以前に比べて海外旅行も少なくなっていると言われていますが、「ユースの会」では海外に出たことのない若者でも気軽に参加できる企画を考えています。
花火1・2010.JPG花火6・2010.JPG隅田川花火大会2010.JPG

マラウィのビレッジより活動報告が届きました!③

第3回目の今回は、唐須史嗣さんからのレポート第2弾をご紹介いたします。

*****
2010年7月10日(土)
12週間の研修プログラムのうち最初の5、6週間はミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)各セクターのスタッフに付き添い、 現場での現状や活動等をできるだけ学び、吸収します。今週はちょうど研修の中間点で、 マラウィ湖の南部に位置するMangochiで合宿の様な物を行いました。主な目的としてはMVPの需要と今まで学び観察した経験を元に、後半5、6週間に導入するプロジェクトについて話し合う事。
スタッフは自分のセクターでこれから導入してみたい活動や、人手不足で進めていないプロジェクト等様々なアイディアを挙げてくれました。全部で12個。以下四点の基準によって絞りました:
1. 僕達研修生の興味だけではなく、実際にMVPやそのスタッフにとって重要であり、価値のある活動である事。
2. 僕達研修生四人の経験や知識を活かせるプロジェクトである事。
3. 5、6週間の間にはっきりとした結果が出せる物。
4. 可能な範囲で様々なセクターに影響のある(“integrated”な)プロジェクトである事。
数時間話し合った結果この4基準を満たすプロジェクトとして最終的に下記3つに決定しました:
1. キャッサバのバリューチェーンの分析:ムワンダマのカテテ村で成功しているキャッサバのパン屋を見て、このビジネスは可能性があると皆確信しています。パンのみではなく、キャッサバの生産からパン、チップス、粉、ノリなど様々な商品の販売までのバリューチェーンを分析し、本当に有益なビジネスなのか、いかにしてコスト削減や効率性を上げられるか、等を分析。最終的にはムワンダマで小規模のキャッサバ工場を建て、一番近い町、ゾンバで店舗を開き販売をする可能性も。
2. 作物の収穫量の推定:マラウィの主食であるトウモロコシはマラウィ人の摂取カロリーの6割以上を占めていると言われています。トウモロコシのデータは豊富である反面、その他の作物(大豆、キマメ(pigeon pea)、キャッサバ、ピーナッツ等)のデータは極めて少ない。ムワンダマ地域のこれらの作物の収穫量を推定するプロジェクト。上記のバリューチェーンの分析にも取り入れられます。
3. 学校のパソコン導入:レノボから寄付されたパソコンを電気の通っている小中学校1、2校で導入。教員のトレーニングから教室のセキュリティー(扉の鍵、窓等)、どの様にして100人近くいる教室でパソコンを有効活用するのか、周囲のコミュニティーの利用等々考慮しなくてはならない点は沢山あります。まず1、2校で導入し、そこで学んだ知識を元にこのプロジェクトを拡大するか検討。

tosu-san_blog2_1.jpg tosu-san_blog2_2.jpg

【写真】左:Mangochiで合宿中プロジェクトについての会議 右:中央が唐須史嗣さん

マラウィのビレッジより最新の活動レポートが届きました!②

第2回目の今回は、マラウィ共和国内にあるもう一つのミレニアム・ビレッジ Mwandama(ムワンダマ)においてインターンとして研修されている米国・コロンビア大学大学院生の唐須史嗣さんからのレポートをご紹介いたします。

*****

2010年7月3日(土)

Ndili bwino(チチェワ語で”Muli bwanji?”に対しての返事です。”I am fine”ですね)。まだまだまともな会話はできませんが、地元の人とのコミュニケーションは欠かせないので少しでも多く話せる様努力しています。
マラウィにあるもう一つのミレニアム・ビレッジ、ムワンダマで研修をしている唐須史嗣(とうす・ふみつぐ)です。2009から2010年度にコロンビア大学のジェフリー・サックス教授の指導の元に作られたMasters in Development Practice(通称MDP)の一年目を5月に無事終えました。ミレニアム・ビレッジのモデルをそのまま学位にした様なマスターで、 農業、教育、インフラ、衛生、ビジネス等様々な分野について学び、相乗効果を探しながら統合した(integrated)開発へのアプローチを求めるのが目的です。
最初の5週間は毎週違うセクターのスタッフについて現在行われているプロジェクトの視察やお手伝いをさせてもらいました。

何の作物?.jpg
農業:これ、何の作物か分かりますか?
昨年まで使用のキッチン.jpg TFT建設の小学校給食室.jpg

教育:去年まで使われていた「キッチン」とTABLE FOR TWOの小暮さんが建てた小学校の給食室

橋建設1.jpg 橋建設2.jpg

インフラ:雨期には道路が閉鎖されてしまい、ムベティ村への医療サービスが止まってしまいます。現在橋を建設中で、この写真は月曜日(左)と木曜(右)に建設過程を写したもの。国連本部の許可がおり、契約を結ぶまでは膨大な時間がかかる反面、建設が始まるとあっという間に完成します。

白内障手術1.jpg 白内障手術2.jpg
衛生:白内障の5分手術を見学。麻酔(左)と手術(右)。
とうもろこし倉庫.jpg

ビジネス:マラウィの主食であるトウモロコシを約800トン保管してある倉庫。百姓の組合で運営している。
研修も今週で6週間目なので、他にこれまで記憶に残ったエピソードを幾つか:
・国連事務総長のパン・ギムンさんが Millennium villageを視察に来られ、僕達の教授のJeffrey Sachs氏が紹介してくれました。

201007事務総長と.jpg

・作物の間に玉ねぎやレモングラスを植える事で殺虫効果がある事、様々な灌漑の建設等都会育ちの僕には農業は今まで経験した事のない世界でした。
・去年の10月から色々お手伝いをさせてもらっている日本発のNPO、TABLE FOR TWO(“TFT”)の事務局長、小暮さんが南アフリカに来ていたので1週間ご一緒させてもらいました。マラウィとモザンビークの国境で逮捕されたり、最初はどうなるかと思いましたが南アに着いたら中田英寿さんとのミーティングや現地の小学校の子供達と日本のTFTのサポーターとのスカイプ・カンファレンス等、記憶に残る時間を過ごしました。
最後に、やっぱりどんなプロジェクトも大事なのは人と人間関係ですね。この写真に写っているinfrastructure sectorのPeterと運転手のWiselyと過ごした一週間は本当に楽しく、学ぶ事が沢山ありました。彼らも村人とのコミュニケーションは信用にも繋がり欠かせないのでほぼ毎日現場に足を運んでいます。

MVスタッフと.jpg
以上

マラウィのビレッジより最新の活動レポートが届きました!①

今年2月19日付のブログでご紹介したように、アフリカ大陸の南東部に位置するマラウィ共和国にGumulira(グムリラ)というミレニアム・ビレッジがあります。
今回、そのGumulira(グムリラ)と、マラウィ共和国内のもう一つのミレニアム・ビレッジであるMwandama(ムワンダマ)においてインターンとして研修をなさっている米国・コロンビア大学大学院生の方々より現地の様子を生き生きと描いたレポートを頂戴しましたので、数回に分けてご紹介させて頂きたいと思います。
第一回目のレポートは、Gumulira(グムリラ)にてインターンを行っている山本光恵さんからのレポートとなります。
 

*****

アフリカの温かい心(訳者注:マラウィの愛称)から心をこめてこんにちは!
私は山本光恵と申します。私は、マラウィ共和国のグムリラにあるミレニアム・ビレッジにおいて、コロンビア大学地球研究所からの地域開発インターン生として活動しております。現在、社会活動を主専攻、国際社会福祉を副専攻として、ニューヨークのコロンビア大学大学院にて研究しております。
mitsue yamamoto_blog.jpg地球研究所においてこのような感動的なサマー・インターンシップの機会に恵まれたことを光栄に思っております。かかる機会は、インフラ、地域開発、農業、社会経済学および環境分野に属する5名の院生に与えられたものです。

【写真】山本光恵さん

                         
給食時の様子(背景右側に見えるのが1枚目の写真と同じ教室で、左が教室4部屋)。現在この4つの建物だけです。_blog.jpg私の地域開発インターン生としての主要な業務は、間もなく建設を終えようとしているグムリラ・コミュニティ・センターの運営を支援することにあります。
より具体的には、ボランティアを養成し(養成講座では電話もかけます。)、提案された多様なプログラムを統括します。
かかるプログラムには、HIV・エイズに関する若年者対象助言セミナー、人権、若年者保護、キャリア指導・職業能力訓練、若年
【写真】給食時の様子
者鼓舞のためのゲスト・スピーカーによる連続講演、開発活動に関する上映、成人向け識字教室、コンピューター講座その他が含まれております。これから2か月半の期間にわたり、私の方からマラウィのグムリラ・ミレニアム・ビレッジにて行われる活動を報告致します
最初の報告は、ヤギの寄贈式です。
青空の下開かれた第三回Goat Pass On As A Gift(ヤギの寄贈式)です。寄贈する人にもされる人にも、笑顔が覗けます。
このイベントは、グムリラ地域13村に住む1,203世帯(人口約6,700人)の中で、特に貧しい350世帯にヤギを二匹ずつ無償で寄付し、その後繁殖した子ヤギを、また別の貧しい家庭へと寄贈し、家畜を殖やしていくプロジェクトです。
ヤギは、餌や世話等を考慮しても、比較的育てやすく、食肉としても需要が高い価値ある家畜です。
栄養源になることに加えて、ヤギは完全に成長すると6,000から7,000マラウィ・クワチャ(日本円で約¥4,500)の価値があり、家計にとっての重大な資産です。
さらにヤギはその他の様々な目的にも資します。
ヤギの排泄物は農業に役立つ肥料となり、皮膚は家具や太鼓になり、血液は人が病気になったときの儀式に使われます。
このように、ヤギはマラウィにおいて、持続的な発展との観点から重要な役割を果たすものといえます。
ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトが始まる以前は数が限られていたヤギですが、今回の寄贈式で、グムリラ内で引き渡されたヤギの数は127匹になりました。
笑顔を浮かべながら、貧困を同苦する友に貴重なヤギを寄与する村人――その姿に心を打たれました。
こうした地域の支え合いが存在してはじめて「発展」があるんだな、と考えさせられた催しでした。
キッチン_blog.jpg右の建物の半分(右側)が教室・左側は職員室・左の建物は教室(二部屋)_blog.jpg
【写真左】キッチン  
【写真右】右の建物の右側が教室・左側は職員室、左の建物は教室