ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:MPJ事務局からのお知らせ

MPJが支援するウガンダの奨学生からお手紙が届きました!

先月、ウガンダの女児奨学金事業で支援しているトゥリャハブウェ・エヴァリンちゃんから、日本の寄付者へ宛てたお手紙が届きました!

MPJでは2008年よりウガンダにて、優秀な学力を有していながら経済的な理由により中等教育(中学・高校)への進学が困難な貧困層の女児21名に対し、奨学金を提供し就学を支援してきました。

今年でこの事業も8年目を迎えましたが、支援した女児が次々と卒業し、政府の奨学金で有名大学へ進学したり、看護師となって活躍したりと、彼女たちからの嬉しい報告が届く中、今年度支援する女児は8名となりました。

 

その中の一人、トゥリャハブヴェ・エヴァリンちゃんへの奨学金は、女性の活躍をサポートしあう団体、f#factory様がMPJを通してドナーとなり、ご支援くださっています。

f#factory様は、女性が絆と自分らしさを手に入れて、♯半音UPを応援し合う女性のコミュニティで、女性の応援という意味で、エヴァリンちゃんにお力添えをいただいております。エヴァリンちゃんの6年間のご支援は、f#factory様のメンバー全員が力を合わせてイベントなどで積み重ねたお金をご寄付下さっています。(f#factory様のホームページはこちらです!)

今回、エヴァリンちゃんから、寄付者であるf#factory様宛にお手紙が届きましたので、ご紹介したいと思います。

******************************************

私の最も親愛なるf#factoryの皆様へ

 

いつもお変わりなくお過ごしの事と願っております。

私は元気にしていて、畑では保護者のお手伝いもしています。

私は、支援者の方々から頂いたご支援とエンパワーメントに、心からの感謝の気持ちをお伝えしたいです。 もし、寄付者の方からのご支援がなかったら、私は今どこにいたのかさえも想像がつきません。今振り返ってみても、私は本当に幸運に恵まれていたのだと改めて感じています。

メアリーヒル高校で学ぶ事ができて、私は自分で生計を立てていける知識を身につけることができました。

私には医者になりたいという夢があり、悲惨な目に合っている人々や貧困で苦しんでいる人々を将来助けたいです。

これまで私のために努力とご尽力を賜り、本当に感謝しています。

私は今、あと少しで素敵な将来に手が届くようになりました。あとは私自身がこれまでに得た「武器」を使って、これから自分の手で道を切り開いていくだけです。

 

敬具

*******************************************

 

エヴァリンちゃんがお手紙を書いている様子

エヴァリンちゃんがお手紙を書いている様子

日本語訳の作成は、先日、授業の一環でMPJオフィスを訪問された東京女学館中学校の生徒さん5名にもご協力いただきました。

 

エヴァリンちゃんが通うメアリーヒル高校は多くの卒業生が有名大学に進学している名門校ですが、「医者になる」という夢に向かって、一生懸命勉強しているようです。

エヴァリンちゃん以外の支援女児も、大学進学や看護師になることを目指して、日々勉強や実習に励んでいます。

 

f#factory様、エヴァリンちゃんをご支援くださり、ありがとうございます!

今後も、ウガンダの支援女児の様子が現地より伝わり次第、ご報告いたします!

マラウイでの農民グループ自立支援事業が始動しました!

2017年2月17日より、マラウイでのバオバブ製品の製造販売を通した、農民グループの自立支援プロジェクトがスタートしました。

このプロジェクトは、国際協力機構(JICA)が支援してきた一村一品(OVOP)運動をさらに強化することで、農民グループの組織運営能力を高め、継続的に安定した収入を確保することを目的としています。

(※OVOP運動とは、地域の小規模な生産者グループが、地元の特産品を一品育てることにより、地域の活性化を図るプロジェクトです。)

マラウイ写真①

(工場内のバオバブオイル搾油機)

 

MPJとしては特に、バオバブ関連製品の製造販売の支援を通して、ビジネスのノウハウやマーケティング知識を提供し、農民グループの自立支援を行います。

 

具体的にはビジネスプランの作成、農民グループへのビジネス研修、バオバブ製品生産施設の増強、製品の品質改善、販路拡大等を実施し、最終的には、農民グループが体系的なビジネスのノウハウを身に着け、自ら市場を意識した新たな商品の製造販売等を行うことができる力を身に着けることを目的としています。

 

(工場の外での農民グループミーティングの様子)

(工場の外での農民グループミーティングの様子)

 

これから3年間の支援期間を予定していますが、早速今週から現地駐在員がマラウイへ渡航し、まずは事務所の設立から始めるという状況です!

 

今後、現地からの事業報告も随時掲載していきますので、引き続き、皆さまのご支援を宜しくお願いいたします。

市民ネットワークfor TICADの報告書にMPJの活動が掲載されました!

FINAL TICAD VI LOGO(2017.7.31まで使用OK)MPJは2016年8月27日~28日の2日間、ケニアの首都ナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICADVI)にて、「市民ネットワークfor TICAD」が主催するサイドイベントでセミナーを開催いたしました。(詳しいセミナーのご報告については過去のブログ[2016年9月6日付]で掲載しております。)

 

今回はその開催報告が「市民ネットワークfor TICAD」の「TICAD VI市民社会報告書」にも掲載されたことをお知らせいたします。 開催報告の内容は「市民ネットワークfor TICAD」のウェブサイトでも掲載されておりますのでぜひご参照ください。内容は本ブログと同様になっております。

「市民ネットワークfor TICAD」のウェブサイトはこちらです。

年末ご寄付のお願い

早いもので今年も師走を迎え、みなさまお忙しくお過ごしでしょうか?

年末ご寄付のお願い

MPJは、今年もアフリカが抱える諸問題や貧困の解決に向け活動を行ってまりました。そして来年は、みなさまに税制上の優遇をお返しできる認定NPO法人資格更新の年でもあります。そこで、来年の活動を強化するため、この年末に向けみなさまからのあたたかいご支援のご協力をお願いいたします。

2016年のMPJの活動やご支援の方法などにつきましては、以下のリンクよりご参照ください。
年末ご寄付のお願い

また、クレジットカードでのご入金につきましては、以下のページよりご利用が可能です。
http://millenniumpromise.jp/action/donation

さらに、寄付サイト「ジャパンギビング」でも別途ご寄付を受け付けております。こちらを通してご寄付(3000円以上)をくださった方にはギフトをお送りしておりますので、ぜひ以下のリンクよりご覧ください。

MPJによるTICADⅥサイドイベントの開催報告が掲載されました!

FINAL TICAD VI LOGO(2017.7.31まで使用OK)MPJは、今年8月27日~28日の二日間で開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD)にて、「市民ネットワーク for TICAD」が主催するサイドイベントに日本の市民社会の一角として参加しセミナーを実施いたしました。その際の開催ご報告につきましては、すでに本ブログで記事を掲載しております。

そして今回、その開催報告が「市民ネットワーク for TICAD」のウェブサイトにもアップされましたことをお知らせいたします。内容は本ブログのものと同様になりますので、ご注意ください。

「市民ネットワーク for TICAD」のサイトはこちらです。

1 / 812345...最後 »