ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

バナナ粉プロジェクト

ミレニアム・プロミス・ジャパンは、その活動の一環として、ミレニアム・ビレッジの産物を日本国内で販売し、住民の経済的自立を支援することを目指しています。
このため現在、ウガンダのミレニアム・ビレッジで生産される「バナナ粉」について、日本国内での製品化及び販売について検討を進めています。
バナナ粉とは、蒸して皮をむいたバナナを天日で乾燥させ、挽いて粉にしたものです。
バナナ粉だけではグルテン含有量が少なすぎるので、小麦粉等と混ぜることにより、パンやケーキの材料としての製品化が可能となります。
コロンビア大学地球研究所のバナナ粉担当者によると、ミレニアム・ビレッジの製品はすべてオーガニックだそうです。またミレニアム・プロミス・ジャパンが日本で調査を依頼している研究所からは、抗酸化物としての評価を得ることができました。banana.jpg
日本でも「バナナダイエット」で注目を集めているバナナですが、日本とミレニアム・ビレッジをつなぐ最初の産物として、製品化と販売を目指しています。
事務局でさっそくバナナ粉を使ってパンケーキを焼いてみました。外はパリッと中はしっとりとしてとてもおいしいデザートになりました。

ニュースレターの配信を開始しました

ミレニアム・プロミス・ジャパンをご支援くださるより多くの皆様に、活動についてご報告させていだたき、研究会・シンポジウム・その他イベントの開催等についてお知らせさせていただくことを目的に、この度ニュースレターの配信を開始しました。
ニュースレターの読者登録・解除及びバックナンバーは、
ミレニアム・プロミス・ジャパン ニュースレターのページをご覧ください。
ミレニアム・プロミス・ジャパン ニュースレターは、「まぐまぐ!」のサービスを利用させていただいています。ありがとうございます。

タンザニア大使公邸での特別研究会報告

エリクンダ・ムタンゴ駐日タンザニア大使より、「タンザニアの現状と日本への期待」のテーマで美しい自然や多文化共生などタンザニアの魅力、成長の著しい経済と今後の課題、また日本との関係についてもお話をうかがいました。お話の後にご馳走になったタンザニア料理も素朴でおいしく、ムタンゴ大使のお人柄の伝わる出会いと学びの会となりました。
テーマ:「タンザニアの現状と日本への期待」
講師:エリクンダ・ムタンゴ駐日タンザニア大使

■国際平和と友情
タンザニアはアフリカ各国の植民地支配からの独立後、国内では内戦を経験せず、アフリカ大陸においてはコンゴ、ブルンディ、ルワンダ、モザンビークなどの隣国から百万人以上の難民を受け入れ、アフリカ各国の債務免除やより公正な経済のグローバル化ために発言し、冷戦体制下では中立を保つことによって国際平和と友情に貢献した。
■愛、希望、尊厳
タンザニアは「愛、希望、尊厳」を国是とし、独立への経緯も平和的なものだった。キリマンジャロの山頂にともされた火のイメージは、そのシンボル。
経済のグローバル化は公平なものではなく、負の側面もある。すもうで言えば、すべての階級の力士が大関や横綱と同じリングで戦わなければならないなら、勝負にはならない。経済的に豊かな日本には分からないかもしれないが、全ての国が市場で日本と戦えるのではない。
■地理
タンザニアは地理的に、海へのアクセスがあることはラッキーで、交易の中継国となれる。
■社会的・文化的調和
国内には126の部族とキリスト教、イスラム教、ヒンズー教など複数の宗教が共存し、社会的・文化的調和で知られ、1961年の独立以降、政治的には安定しており、紛争を経験していない。
言語は、人口のほぼ100%がスワヒリ語を話すが、これはアフリカでは珍しいこと。他の国では多数のアフリカの言語が話されているため、共通語は英語などになっている。
■タンザニアの魅力
ポルトガル・アラブ・イスラムの文化や建築などが混在する多文化共生、治安の良さ、フレンドリーな国民、セレンゲティ国立公園、ライオンとマサイが共生するユニークな
ンゴロンゴロ・センター、キリマンジャロ国立公園をはじめとする23の自然豊かな国立公園、アラブとポルトガルの戦争で破壊された遺跡キルワを含む6つの世界遺産などがタンザニアの魅力。
■経済
タンザニアの経済は過去5年間に平均7%成長している。外貨収入は、1998には農産物の輸出が3割を占めていたが、2007年には金やタンザナイトなどの鉱物、花などの輸出が増えている。様々な製品で外貨を得られるようにしてゆくことが課題。
インフレ率も、94年の34%から、今は一桁台に落ち着いている。外貨準備高も1995年から10倍に。このように、アフリカの国であっても日本製品の消費国となれる希望がある。
銀行の数も2行から34行へ、支店数も338へと増加し、GDPに占める民間セクターへの融資高も4.4%から13.9%へと増加した。
今後成長が見込める領域は、天然資源、中継貿易、コーヒー豆などの農産物の加工。タンザニアはコーヒー豆を栽培するが、加工はしていない。これを国内でやることにはチャンスがある。
一方で課題は経済成長に伴うインフレ、まだ高い金利、為替の安定、倒産等の無い銀行制度の安定稼動、海外からのODAに頼らない国内での資金調達力をつけること。現状では国債を発行することもできず、株式市場を世界に公開するにはリスクが大きい。
■日本との関係
日本は2007年に75億円のODAを行って教育、公衆衛生、農業、道路の建設などに貢献しており、タンザニアの人たちは日本のことが好き。タンザニアにはアフリカ最大のJICAのオフィスがあり、青年海外協力隊の日本からの参加者もタンザニアに多い。また日本からの旅行者は年間4千人ほど。
一方で日本からタンザニアへの輸出品は機械、エレクトロニクス、車など高額な製品が多いのに対して、タンザニアから日本への輸出品はコーヒー、植物性油の原料、魚の加工品など安価なものが多く、バランスが悪い。
■今後の課題
日本人には、もっとアフリカの国々について学んで欲しい。その知識に基づいた関係を構築してゆくことが大事。
他にはODAを国連の目標であるGDPの0.7%まで増やすこと、輸出入のバランスをとること、日本からタンザニアへの観光客を増やすこと、文化交流を増やすこと、日本からの投資を増やすことなど。

【文責 MPJ事務局】

ミレニアム・プロミスからのメールマガジン

世界では、約10億の人々が一日1ドル以下で生き延びねばならない極端に貧しい暮らしをしています。この重大な問題に対処するため設けられたのが、ミレニアム開発目標(MDG)です。極端な貧困や飢餓、予防可能な病気感染を削減し、男女平等、教育、環境維持を推進するため、達成目標を掲げています。

来週開催される国連総会では、ミレニアム開発目標ハイレベル会合とアフリカ開発課題ハイレベル会合(事務局訳)の二つの主要会議が予定されており、これらの問題が大きく取り上げられます。ミレニアム開発目標の達成期限は2015年です。その折り返し地点である2008年という重要な時に、これらの会議が開催されるわけですが、世界のリーダー達は両会議を通して、重要目標を達成すべく決意を新たにすることでしょう。
米国でミレニアム開発目標を全面支援する唯一の組織であるミレニアム・プロミスにとって、この二つの会議は特に重要です。目標達成が可能であることを各国に示すことができるよう、積極的に会議に臨む所存です。都市から遠く離れたアフリカのサハラ以南地域の貧困集落においてでさえ、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトを通して見事な成果をあげ、目標達成に向け着実に前進しているという事実を世界へ向けて発表したいと思います。
ミレニアム・ビレッジでは、住民が自助努力により貧困から脱却するため、農業、医療、教育、インフラなど、ねらいを定めて統括的に投資しています。早くも達成することができた成果として、地域における平均食物生産量の倍増、マラリア対策のため34万帳を超える蚊帳の配布、7万人の児童を対象に地元の農産物を利用した学校給食サービスの実施などがあります。さらに、このプロジェクトでは、携帯電話とインターネットを利用した集落の連携を進め、マラリアやHIV治療を提供する医療サービスの拡大に取り組んでいます。
来週、私達は、世界のリーダー達を前にこれらの成功事例を発表し、ミレニアム開発目標達成に向けて早急に動き始めるよう、強く働きかけたいと思います。より多くの支援を得られるよう、皆様もぜひ、周りの方々にミレニアム開発目標についてお話ください。私達の願いは、皆で力を合わせ、明日の命も危うい生活を送る10億人の人々に誓った約束を必ずや成し遂げることです。
皆様のご支援に感謝いたします。

ミレニアム・プロミス

翻訳:田村トリサ

特別研究会のご報告

DSC00268.JPG DSC00255.JPG

9月11日夜、在日タンザニア大使ムタンゴ閣下のご厚意により、ミレニアム・プロミス・ジャパン関係者(会員)を公邸にお招きいただき、特別研究会&交流会が開催されました。2000年にご着任以来、アフリカ各国大使の中で最も長く日本にご滞在なさっている大使より、「タンザニアの現状と日本への期待」をテーマにお 話を伺いました。

多くのカラースライドを駆使して、初心者にも非常にわかりやすく熱心にご説明くださる大使のご人格にも惹かれ、出席者は一様に「タンザニアに行きたい!」とタンザニア・ファンになりました。
佐藤啓太郎・アフリカ紛争・難民問題担当大使、国連改革大使をはじめ、山田耕平氏、鍛冶真起氏(「数独」のNIKOLI社長)らもご参加くださり、和やかな雰囲気の中に非常に有意義な時を過ごすことができました。
ご講演のあとには、タンザニア料理をご用意いただき、生まれて初めていただいたお料理に、あちらこちらから「おいしい!」という感嘆の声が聞かれました。
お話の概要は改めて御報告します。
ムタンゴ大使とタンザニア大使館の皆様、本当にありがとうございました!
On 11th September, all members of MPJ were kindly invited to Tanzania Embassy by Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary Mr.E.E.E.Mtango and we could have a special seminar and a party at there in the evening. We listened to the ambassador’s speech of which theme was “Present Tanzanian status and expectation for Japan”. Mr. MTango has worked as the ambassador since 2000. This means he has worked in Japan for the longest days among African ambassadors.
The ambassador showed us many lantern slides of Tanzania and lectured about the culture. This was very easy to understand about the country and we all were strongly charmed with his personality. In result, many attendants became Tanzanian fan and now wish to visit Tanzania.
Keitaro Sato who is Ambassador in Charge of Peace Building in Africa,Ambassador, Special Envoy for UN Reform,Senior Advisor to the Ministry of Foreign Affairs of Japan, Mr. Kohei Yamada, and Maki Kazi who is the president of Sudoku’s NIKOLI also joined the reception. We really enjoyed the gentle opportunity and could spend very worthy time.
After the seminar, we were served wonderful Tanzanian meals and really enjoyed the excellent dinner. Indeed, nobody could stand to say “Delicious!”, “Yummy!”, or “Splendid!”
Details about the ambassador’s speech will be reported later.
Thank you very much Mr. MTango and the all staffs in the embassy. We greatly appreciate your kindness.

1 / 212