ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

副理事長・岩男壽美子がタンザニアでマイクロ・クレジット事業を開始!

岩男先生と喜多先生.JPGマイクロクレジット開所式.JPGマイクロクレジット開所式2.JPG
写真は右から、1.同行した日本赤十字九州国際看護大学学長・喜多悦子氏(右端)と、2.開所式に集まった女性たち、3.説明会で挨拶する岩男壽美子
ミレニアム・プロミス・ジャパン副理事長の岩男壽美子(慶応大学名誉教授)が、地元に縁がありタンザニアのアリューシャで、個人事業としてのマイクロ・クレジットを開始しました。地元NGO「希望」と連携して、貧しい女性たちを支援する予定です。11月末の開所式には、200名以上の女性たちが集まり、事業への大きな期待が伺えます。
改めて、報告会を開催する予定です。どうぞお楽しみに。

ジョン・マッカーサー氏からの年末メッセージ

John_McArthur.jpg親愛なるパートナーの皆様へ
ジョン・マッカーサー
ミレニアム・プロミス最高経営責任者  
 2008年も終わりに近づき、世界経済は日々様々な重要な問題を抱えておりますが、極度の貧困の撲滅、飢餓、予防可能な疾病の対策に向け、日頃から皆様よりミレニアム・プロミス(MP)へご支援を賜りまして御礼申し上げます。このような困難な時期にこそ、皆様のご協力がこれまで以上に重要です。過去2年間にわたる皆様のご支援は、アフリカ全土の貧困地域で生活する50万人々の生活の向上につながりました。こうした人たちは不透明な毎日の経済状況の中で、世界で最も厳しい生活を余儀なくされておりますが、その忍耐力と生きる力によって我々は日々勇気づけられています。また、彼らはアフリカ各地で展開するミレニアム・ビレッジ(MV)の広範囲な拡大に活力を与えています。
 
 さて、昨今は厳しいニュースが話題となりますが、皆様にウガンダ国ルヒイラのミレニアム・ビレッジから、私たちを勇気づける最新の話をいくつかご紹介させて頂きます。
 ニャカト・シドヴィンさんは、ルヒイラには医療サービスがなかった頃を覚えています。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)により彼女と彼女の赤ん坊は必要な医療サービスが受けられると安心しています。「MVとMPのおかけで、医療サービスを受けやすくなりました。以前は、ここから54キロも離れたムバララ病院まで延々と歩いていかなくてはならなかったのです。交通費も支払えませんでした。病気が悪化すると、命を落とすしかなかったのです。この辺りには熟練した医療スタッフや薬がありませんでした。私にとっては、今手にしているのは最大の成功です。子供が病気になったら、医療スタッフがそばにいて薬が手に入るし安心していられます。MVPとMPのおかげです。」とシドウィンさんは語っています。  

 マキリン・ムギシャさんは一人の学童を抱える母親です。「私の子供はMVPの奨学金制度を利用しています。授業料が払えないので、子供が勉強できるとは夢にも思っていなかったです。でも、MVPとMPが私たちにロバを買ってくれたおかげで、急な坂の多い道でかさばる農産品を運ぶのもずいぶん楽になりました。今では穀物を栽培し、バナナを運び、水くみや薪を集めたりできるので、本当にとても幸せです。」とムギシャ夫人は語ります。彼女のお子さんは、MP支援者が実現した教育プログラムを活用している多くの児童の一人です。
 ニンシマ・ステディアスさんは15歳。家族は彼女の教育費を賄えませんでした。MPは彼女に就学の機会を与えました。今年、彼女はクラスで最優等生となりました。「とても幸せに感じます。このプロジェクトを誇りに思います。このプロジェクトがなかったら、私は今頃どこにいたかもわかりません。家族は授業料を支払うことが出来ません。現在は、学校で聖書通読を行うクラブに所属し、ディベートクラブの代表も務めています。将来は医師になりたいです。村の人たちを救いたいからです。私がそうしてもらったように、私は助けを必要としている子供たちを必ず助けるつもりです。」
 支援をしている何十万人もの人たちを代表いたしまして、こうした機会を我々が提供できることを皆様に感謝いたします。また、皆様が年内最後のプレゼントをするのに遅すぎるということはありません。また、すでにご献金いただいている方々には御礼申し上げます。すべての家族が十分な食事を得て、すべての子供たちが就学でき、すべての人が収入を得て健康な生活が送れる機会を得るための世界を作り上げるという私たちのビジョンを実現するためには、皆様のご支援とご協力が欠かせません。昨今の厳しいグローバル時代の中で皆様のパートナーシップを賜ることができれば、これにまさる喜びはございません。
今後とも引き続き皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

ミレニアム・プロミスのこれまでの活動と実績

本日ミレニアム・プロミス(ニューヨーク)の「これまでの活動について」と「TIME LINE~国連ミレニアム開発目標へのあゆみ」(翻訳事務局)を当ホームページに掲載いたしました。
ミレニアム・プロミスのこれまでの活動と年表をお知りになりたい方は、トップ画面、あるいは下記をクリックして「ミレニアム・プロミスとは」をご覧ください。

http://millenniumpromise.jp/about_mp.html

第2回数独講習会のご報告

)数独(石井さん.JPG数独2.JPGR.JPG
ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、2009年3月にモザンビークのミレニアム・ビレッジへボランティアの若者を派遣して、現地の学校にてパズル数独や日本文化の紹介などを通じた交流を行う予定です。
それに先立ち、株式会社ニコリのご好意で11月末にマンツーマンの数独講習会を開催していただきました。鍛冶真起社長の活動を追っているテレビカメラの取材も入りました。
ニコリの皆様、ありがとうございました!

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト活動のハイライト

ミレニアム・プロミスよりミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの業績について、主要分野に関する報告が届きました。
Highlights from the Millennium Villages Project (MVP)
ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの業績

Malawi.jpgMalawi2.jpgプレゼンテーション1.jpg


農業
 全プロジェクト対象地域にて、食糧生産が、平均で2倍以上増加。これは2006年以来、2回以上の作付け期において、74,000戸以上のミレニアム・ビレッジ(以下、MV)の農家に対し、農薬や改良種子の支給を行った結果である。
 ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(以下、MVP)の農業分野での成功は、特にマラウィにおいて顕著である。ムワンダマのMVではトウモロコシの収穫が350%増加、1ヘクタール当たりの収穫はMVP導入以前の0.8トンから2006/2007年には3.6トンに増えた。さらにMVPの主導者らは国家農業支援プログラムの実施にあたって、マラウィ政府と緊密に連携し、その支援により同国のとうもろこしの生産は2005年から倍以上に増加した。
教育
 初等教育へのアクセスを確保するため、MVPはビレッジ内の教室を大幅に改善した。プロジェクト開始以来、100以上の教室が建設され、120近くが改築された。
 MVPと世界食糧計画(以下、WFP)を含む地域パートナーは、全サイトに渡って学校給食プログラムを強化し、その結果70,000以上の子供達が現地で生産された食糧を使った食事の提供を受けている。例えばエチオペアのコラロでは、プロジェクト開始時にWFPが4つの学校給食プログラムを立ち上げて以来、さらに20以上のプログラムを追加し、現在全ての就学児童に給食が提供されている。
 学校の建設と改築、給食および教師研修に対する包括的な介入により、ビレッジの就学率および授業への出席率が改善された。例えばセネガルのポトウでは、このような介入により、クラスターの就学児童の数が2007年の1,286人から2008年には4,164人に増加した。
 初のMVスクール2スクール計画が2008年5月に開始され、インターネット技術を使ってウガンダのルヒイラ・クラスターと米国コネチカット州グリーンウィッチの子供達を繋いだ共同授業がライブで行えるようになった。

医療
MVPは特にマラリアの予防対策に力を注いでいる。プロジェクトの開始以来、住友化学から寄贈された蚊帳(オリセット)が34万以上配布された。加えてマラリアの一次治療の国際標準であるアルテミシニン薬と他の抗マラリア薬を併用する(ACT)治療のための薬剤を、80のMVに備蓄している。
 全MV地域に渡る800以上のコミュニティ・ヘルス・ワーカーが、様々な基本的な医療サービスを提供する為の訓練を受けた。
 14件の病院、診療所およびヘルスセンターが新たに建設、35件が改築され、医療へのアクセスは大幅に改善された。
 MVPは妊婦の健康状態の改善にも力を入れている。例えばプロジェクトの開始以来、ウガンダのルヒイラでは訓練を受けた人材の監督下での出産が全出産の9%から51%に増えた。さらにルヒイラの妊婦の80%が、妊娠中少なくとも1度は医療施設で妊婦管理サービスを受けている。
 家族計画サービスへのアクセスも増加した。例えばガーナのボンサアソでは、近代的な家族計画を実施している住民の数が670%増え、2007年半ばの296人から2008年半ばには2,278人に達した。
インフラ
MVPはエリクソン社と連携して、携帯電話経由でインターネットへのブロードバンド接続を可能にする次世代携帯電話技術であるEDGE/3Gを用いて、全てのMVにインターネット接続を提供した。2008年5月には、エリクソンとその現地パートナーのプロバイダー会社であるザイン社が、ケニアのダーツで携帯電話を使ったネットワーク・サービスを開始。携帯電話基地局が寄付により設置され、安定した携帯電話による通話及びインターネット接続が初めて住民達に提供されるようになった。
 地方政府との協働により、MVPは輸送および電力サービスを大幅に改善した。例えばナイジェリアのパムパイダ政府はMVPと連携して、10kmの道路を建設してクラスターと近隣の地域中心地区のサウワラを結び、さらに小学校や市場に近いクラスターの中心地点に電力を供給した。加えて中央政府と連携して、国営の送配電伝網をエチオピアのコラロ・クラスターのほぼ全域にわたって拡張した。
 MVPはビレッジに住む人々により安全な飲料水を提供するための活動も行っている。例えばセネガル政府のために水事業を取りまとめているJMイーグル及びPEPAMと協力してポトウで水プロジェクトを立ち上げ、約1万3,000人により安全な飲料水を供給した。
MVPの拡大
 MVの成功に触発され、マリ政府は、国家的な拡大戦略を発表し、同国で最も食糧供給が不安定な166の地域に住む200万人に対し、MVの中核概念を広げることを明らかにした。
現在進行中のマヤンゲでのMVPの成功を受け、ルワンダ政府は「ビジョン2020ウムレンゲ」の一環として、MVPを全国30地域に拡大する計画を発表した。
 2008年5月、日本国政府は、ベナン、カメルーン、マダガスカルおよびモザンビークにおけるMVクラスターの立ち上げ支援を発表した。ノルウェイ政府も現在リベリアのMVを支援中である。

1 / 212