ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

オバマ大統領就任式特別番組にケニアのミレニアム・ビレッジが!

1月14日付ミレニアム・プロミスからのニュースレターを翻訳しました。
2009年1月20日(火曜日)放送予定(米国東部時間22時)のMTVの米国大統領就任特別番組は、ケニアのリハンダ村ミレニアム・ビレッジにおけるミレニアム・プロミスの活動を特集します。この特別番組(Be the Change: Live from the Inaugural)は、主要な活動を通じて変革を推進する若者たちをテーマに、ミレニアム開発目標の達成に向けて強い決意をもってオミンド小学校にコンピューター・ルームの設置支援をするミレニアム・ビレッジ学生ボランティア一人の姿を伝えます。コンピューター・ルームの設置により、ケニアの若者500人以上が知識の向上に有用なツールを得ることができました。また、地域社会全体の情報格差(デジタルディバイド)の解消にも役立っています。
今回のMTV特別番組は、オバマ新大統領就任の公開記念パーティー(Youth Inaugural Ball)会場から、世界中の若者に向けライブでオバマ新大統領のメッセージを伝えます。ケニア、リハンダ村のミレニアム・ビレッジは、オバマ氏の父親が幼年期を過ごし、現在でも祖母が暮らしているニャンゴマコジェロ村から約20キロに位置しています。
特別番組(Be the Change: Live from the Inaugural)は、全世界のMTVチャンネルで、米国での放送を皮切りに、全世界162カ国で33言語にて10億人にむけて放送される予定です。
新たな年を迎え、ボランティア活動を通じて社会変革の支援や特にアフリカの極度の貧困の解消に奮闘する若者たちの決意を皆様とともに祝福したいと思います。
ミレニアム・プロミスへの皆様のご支援に感謝します。

ミレニアム・プロミス・チーム

モザンビークのミレニアム・ビレッジでボランティア活動を行う学生募集!

特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、モザンビーク科学技術省の協力を得て、2009年3月にモザンビークのミレニアム・ビレッジChibutoの学校等でボランティア活動を行う学生を、下記要領にて募集しています。
応募期限は1月末です。たくさんのご応募をお待ちしています!
【期間】   2009年3月上旬~3月18日頃までの約10日間(現地と交渉中)
【活動場所】 Chibuto(Gaza Province)の小・中学校ほか
【滞在場所】 Chibuto周辺での家庭滞在予定
【活動内容】 ・現地の小・中学校でのパズル数独、算数、その他日本文化等の指導
       ・ミレニアム・ビレッジ運営等のアシスタント
      (注)モザンビーク科学技術省が各学生の資質に沿った内容を検討します
【募集条件】 ・20歳以上の大学生・大学院生で、日本国籍をお持ちの健康な方
       ・アフリカの貧困削減に関心があり、ミレニアム・プロミスの理念に賛同する方
【募集人数】 若干名

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに関するレポートサマリー

イギリスのOverseas Development Instituteが、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに関する調査・分析レポートを発表しましたので、事務局でサマリーを翻訳しました。

http://www.odi.org.uk/resources/download/2416.pdf

(レポート原文は上記からアクセスできます)
*****
ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(以下MVP)はミレニアム開発目標達成(以下MDGs)に向けて、目覚ましい成果を遂げ、村落レベルで実証に基づいた低コストの介入に投資を増大する効果を実証した。
 MVPは村落レベルの投資を拡大する上で、上流への投資増大・農村部と都市の連結・インフラ・制度が必要であることを示唆しているが、限定的な予算の下では対策を講じることはできない。
 各国はMVPの拡大を、国家開発戦略の枠組みの中に位置づけていく必要がある。ドナーは国内でMVPを成功裏に実践し現在国家レベルに拡大する意思のある少なくとも一ヵ国に対して、特別な支援を提供するべきである。
 農村部への投資拡大はドナーによる支援の約束にかかっている。ドナーは様々な計画が垂直的に結合し、(開発戦略のなかに)適切に盛り込まれた場合に、計画及びMVPの円滑化を支援すべきである。

続きを読む

1 / 11