ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ウガンダUNDPへ数独本を送りました!

株式会社ニコリ様のご協力をいただき、7月28日、ウガンダのUNDP(国連開発計画)宛に320冊の数独本を送りました。
ニコリ社からは今後も継続的に数独の返本をご寄贈いただき、アフリカのミレニアム・ビレッジなどにある小・中学校へ送る予定です。また、将来的にはコンテストを開いて、優秀な生徒に日本からペンなど小さな賞品を贈りたいと願っています。周囲に使っていない文房具などがありましたら、ぜひご連絡ください!
UGANDAsudoku

コロンビア大学地球研究所からのニュースレター(6月11日付)です。

no-title6月11日付 コロンビア大学地球研究所ミレニアム・シティ・イニシアチブ(MCI)共同ディレクターDr. Susan M. Blausteinからのニュースレターを翻訳しました。
みなさまへ
コロンビア大学地球研究所のミレニアム・シティ・イニシアチブ(The Millennium Cities Initiative (MCI))は、各ミレニアム・シティにおけるミレニアム開発目標(The Millennium Development Goals (MDGs))の達成に向けた進捗状況を測るためのソーシャル・セクター研究報告書シリーズ第3弾の発表をお知らせできることを嬉しく思います。「ナイジェリアのカドゥナ市における教育ニーズアセスメント」と題する報告書(調査報告書No.3/2009)は、マシューA.M.トーマス氏によって研究及び記述されたもので、報告書(pdf形式)および見本(読み取り専用エクセル・別ドキュメント)にアクセスすることが可能です。MCIにおいて、1)初等教育への十分な資金供給、2)中学校への就学率向上、3)教授法および総合的な教育の質の改善、が配慮され続けるとカドゥナ市における教育MDGが2015年の予定年までに達成可能であると判明しました。



当報告書シリーズは、当時のコフィ・アナン国連事務総長とジェフリー・D・サックス地球研究所所長の下、現在は国連開発計画において施行されていますが、国連ミレニアムプロジェクトにおいて作成されたミレニアム開発目標に基づいたニーズアセスメント手段が、市町村レベルで最初に適用されたことを報告しています。これは、教育ミレニアム開発目標に重点的に取り組んだ二つ目の研究報告になります。前回は2008年12月に発行されており、ケニアのキムスの状況について評価しました。教育ミレニアム開発目標に関するこれら及び今後の報告書は、各地の住民に質の高い教育を提供することを目指すアフリカのサハラ以南の中都市の行政における、すばらしい業績や直面する課題に対して関連研究者の見識を提示したいと思っています。MCIは、この地域における公衆衛生、ジェンダーの平等、上下水道設備においてミレニアム開発目標に基づいたニーズアセスメントを実行してきており、ミレニアムシティの関係者が開発最優先課題の決定、実現に向けて統合都市開発戦略を生み出す際に、当関係者に指針を示します。
現地調査、入念な政策分析および勧告を通じ、MCIソーシャルセクター研究報告書シリーズは、受け入れ国と援助国政府に対して、この各重要地域においてミレニアム開発目標の達成に向けて取り組みをする中での課題と機会についてその概要を述べることも目的としています。今後も更なるMCIニーズアセスメントに関する文書をこのシリーズの一部として数週間、数ヵ月後に発行していく予定です。投資に関する別のMCI研究報告書シリーズは当MCIウェブサイトhttp://www.earth.columbia.edu/mciからご覧いただけます。詳細につきましては、MCIソーシャル・セクター・リサーチ・マネージャーまで御連絡下さい。
Dr.Mounie Maoulidi:mm973@columbia.edu
Susan M. Blaustein(編集長):sblaustein@ei.columbia.edu
Paul Cunha(編集主任):pmc2105@columbia.edu
Dr. Susan M. Blaustein
コロンビア大学
ミレニアム・シティ・イニシアチブ(MCI)共同ディレクター
(翻訳:ECC 国際外語専門学校 国際ビジネス学科 翻訳コース1年2年ボランティアの皆さま)

7/2 JALスカラシッププログラムで講演をしました。

7/2 鈴木りえこ理事長が、JALスカラシッププログラムに参加した35名ほどのアジアの学生さんに向け講演をしました。
一時間ほどのお時間をいただき、アフリカの現状をお話させていただきました。
日航財団講演
講演後も、学生さんからたくさんのご質問をいただきました。

第1回ケニア(キスム)レポート

MPJユースの会(学生を中心とする会)の代表を務める石黒さんが今年6月からコロンビア大学地球研究所のプログラムによってケニアに半年間の予定で滞在をしています。彼女からの最初の報告が入りましたのでお届けします。

続きを読む

ジョン マッカーサー氏よりG8サミットに関するお知らせが届きました。

ミレニアム・プロミスの友人達へ
先週、バラク・オバマ大統領とG8メンバーが少なくとも1億5千万ドルを投じて飢餓に支配されている国々の小規模自作農家を支援するという新しい施策を発表しました。我々のミレニアム・プロミスの共同創立者としてジェフリー・サックス教授はニューヨークタイムズ紙に次のように述べました。「これは主要な施策であり、飢餓挑戦への転機を示すことになるでしょう」
この大胆な施策はミレニアム・プロミスとその支援者の心を躍らせるニュースです。それは、種子、肥料そして穀物貯蓄を含む農業への投入支援による飢餓と戦うための、ここ数十年の中で最大級の国際的努力となる可能性があります。これはまさしくミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの柱であり、規模拡大への大変効率的な前進であります。ミレニアム・ビレッジは「我々には安価で効率的な、それでも人々の日々の健康と幸福に関して非常に大きな衝撃となり得る検証された正しい農法と技術が必要なのです。」と、オバマ大統領の最近の強調によって、その主旨が鮮明にされてきています。

ミレニアム・プロミスと我々のパートナーは、これらの新たな約束が、これからの数週間、数ヶ月のうちに実現されることを確かなものにするために、今、更なる努力と結束を進める時です。そうすれば我々は数年のうちに、食料生産向上、収益促進、そして劇的な飢餓減少を共に見ることができるでしょう。
同時に我々はあなた方にも一緒に、オバマ大統領、潘基文 国連事務総長、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁、ホセ・ルイス・サパテロ スペイン首相、そして、この新たな施策に乗り出すために何ヶ月も費やしてくれた世界中の主要な指導者達を祝って欲しいと思っています。
詳細については、我々の地球研究所の協力者がこの構想に焦点を合わせたウェブページを作成し、更に食物安全保障問題の背景についても提供しています。あなたの知人やご家族の方にも、極度の貧困、飢餓、そして予防可能な病気を無くす戦いに関する創造性の源となるよう、この情報をご案内します。
あなた方の変わらぬ協力と支援に感謝いたします。
ジョン マッカーサー
CEO, Millennium Promise

1 / 212