ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

第3回ミレニアムプロミス・パートナー会議に参加しました!

住友化学米倉会長2.jpg ミレニアム・プロミスは今年設立5周年を迎え、 去る9月21日にはニューヨークのタイム・ワーナービルにおいて、第3回パートナー会議を開催しました。世界各国から約200人の参加者が集まり、ミレニアム・プロミスの主要なプロジェクトであるミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)の成果として「(MVPを通じて)国連ミレニアム開発目標が実用的で達成可能であることを世界に示した」と祝いました。
地球研究所MAtt.jpg 会議にはセネガルのスーパー・スターでユニセフ親善大使であるユッスー・ンドール氏、国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長ミシェル・シディベ氏、国連食糧計画(WFP)事務局長のジョゼット・シーラン氏、エリクソンCEOのHans Vestberg氏、住友化学の米倉弘昌会長などが参加して、挨拶を述べられました。
 住友化学は2010年から2011年にかけて新たに40万帳、200万ドル分の蚊帳を寄付することを約束して下さいました。また、プロジェクトでICTの責任者である地球研究所のマット・バーグ氏は『タイム誌』で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。
【写真上】新たな蚊帳の寄付を発表する住友化学米倉会長

【写真右上】『タイム誌』「世界で最も影響力のある100人に選ばれたマット・バーグ氏

全体の様子.jpgサックス教授3.jpgUSAIDS2.jpg座談会・WFP事務局長ほか.jpgユッス-・ンドール2.jpgアミティエ・赤尾代表.jpg
MPJ鈴木.jpg【写真上段左から】会議の様子、サックス教授、UNAIDS事務局長、
【写真下段左から】マラリア特使のシェンバー氏とWFP事務局長、ユッスー・ンドール氏、アミティエ・スポーツ・クラブ赤尾修代表

【写真】会議に参加する鈴木りえこ理事長

アミティエ・スポーツクラブの総会で活動報告を行いました!

Ryamiyonga 2010Sept.jpg 関西のNPO法人アミティエ・スポーツクラブ(代表:赤尾修氏)は、約6200人の会員の皆さまの月会費の中から毎月一人100円ずつ集め、ミレニアム・プロミス・ジャパンを通じて、ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ(Ruhiira)にryamiyonga小学校を建設中です。
【写真】建設中のRyamiyonga小学校
 ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)のホームページでもすでにご紹介しているように、アミティエ・スポーツクラブの代表・赤尾修氏と指導員の竹之内恒平氏らは、今年3月にMPJのケニア・ウガンダ視察団に参加して、現地を訪れられました。また、この9月にはニューヨークで開催されたミレニアム・プロミス全体会議に参加して、ミレニアム・プロミス、ミレニアム・プロミス・ジャパンとの間で学校建設に関する確認書を交わしています。 
 MPJの鈴木理事長は10月30日に開催されたアミティエ・スポーツクラブの総会にご招待いただき、指導員の皆さまを対象に活動報告を行いました。
 アミティエ・スポーツクラブの皆さま、いつもご協力ありがとうございます!
アミティエ講義.JPG竹之内さん.jpgサッカーボールを渡す赤尾代表.jpg
【写真左から】アミティエの総会で講演する鈴木理事長、ニューヨークのMP全体会議にて(竹之内恒平氏)、今年3月ウガンダ・ルヒーラ村にてアミティエのサッカーボールを寄贈する赤尾代表

トミー・ヒルフィガーの25周年記念レセプション

 去る10月27日、麻布の三井倶楽部にてTommy’s Global Celebration of American Styleをテーマに、トミー・ヒルフィガー25周年記念パーティが開催され、MPJの関係者もご招待いただきました。今春トミー・ヒルフィガー財団は、ウガンダのミレニアム・ビレッジに200万ドルの寄付を発表しました。アメリカの各種メディアでも掲載され注目されています。
トミーヒルフィガー氏.jpgTHレセプション.jpgTHレセプション2.jpg
【写真左から】9月にニューヨークで開催されたミレニアム開発目標サミットの際、ミレニアム・プロミスなどが開催したレセプションであいさつするトミー・ヒルフィガー氏、東京で開催された25周年記念レセプションの様子x2枚

2 / 212