ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

MPJ&MPJユース共催研究会のお知らせ!

 8月末にナイロビにて開催されるTICADVIを控え、MPJとMPJユースはアフリカ研究の第一人者のお一人、武内進一氏を講師にお迎えして、下記の要領で研究会を開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしております!

日時:2016年6月18日(土)14:00~16:00
場所:東京大学伊藤国際学術研究センター 3階中教室  
   〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
   http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html (アクセス)
講師:武内進一氏(ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター長)
テーマ:「アフリカの政治と開発~ルワンダをめぐって」
会費:一般2,000円 学生500円 MPJ&MPJユース関係者無料
申し込み先: mpjapan@drive.ocn.ne.jp まで
        お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、メールにてお申し込みください。
締め切り:6月15日(水)


*****
武内進一先生

【武内先生のご略歴】
ご学歴
1986年3月 東京外国語大学フランス語学科卒業
2008年2月 東京大学より博士号(学術)取得

ご職歴
1986年4月 アジア経済研究所入所 アフリカ研究(中部アフリカフランス語圏諸国)担当
1992年10月-1994年10月 アジア経済研究所海外派遣員として、ブラザヴィル(コンゴ共和国)、リーブルヴィル(ガボン共和国)に滞在
2005年4月-2009年3月 地域研究センターアフリカ研究グループ長
2009年4月-2012年3月 国 際協力機構へ出向
2012年4月-2014年3月 地域研究センターアフリカ研究グループ長
2014年4月-   地域研究センター次長

ご著書:
『現代アフリカの紛争と国家—ポストコロニアル家産制国家とルワンダ・ジェノサイド』明石書店、2009年. (第31回サントリー学芸賞受賞、第13回国際開発研究大来賞受賞)ほか多数。

その他の社会的活動
日本学術会議連携会員、政策研究大学院大学客員教授、東京大学大学院非常勤講師、東京外国語大学非常勤講師

MPJユースとアフリカからの留学生たちとの交流会報告

ユースの交流会(茶道)(書道にもトライしました!)

 去る4月17日(日)、吉祥寺のNUTLUCKにおいて、MPJユースのメンバーとガーナ、ナイジェリア、ミャンマーからの留学生たちとの文化交流会を開催しました。集まってくださった留学生は合計6名、MPJユースからは9名が参加しました
先ずは、アイスブレーキングとして、ビンゴ形式を用い、マスに書かれた人を探すことから始めたおかげで、すぐに参加者がお互いを知ることになりました。それから、各国の食についてのプレゼンテーションを行い、ランチの時間には皆で「太巻き」作りにも取り組みました。

 午後には、小さいころから茶道をたしなんでいるユースの男性メンバーが、着物を着てティーセレモニーを実演し、お茶についての歴史を説明しながら留学生の皆さまにお茶をご披露しました。それから、一緒に折り紙を折り、書道にもトライしました。最後には、ガーナ人留学生の方々が、人口や国旗の説明、伝統衣装、お葬式等についてプレゼンテーションを行い、ナイジェリア人留学生の方々は、国の位置、言語、ダンス等のプレゼンテーションを行いました。そして、全員でYouTubeを見ながら、ナイジェリアのダンスを踊りました!

 帰り際にアンケートをとったところ、全体として80%が大満足、20%が満足という嬉しい結果になりました。一年後と言わず、数か月後には再度みんなで集まりたいと願っています。

ユースの交流会3ユース交流会4

1 / 11