ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

ウガンダ共和国、リャミヨンガ小学校の現在

今回のブログでは、MPJが2008年の設立当初からミレニアム・ビレッジとして支援してきたウガンダ共和国、ルヒーラ村にあるリャミヨンガ小学校(Ryamiyonga Primary School)の現在を少しご紹介したいと思います。

 

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)対象地域の一つであるウガンダ共和国、イシングロ地域ルヒーラ村(Ishingro District, Ruhiira)において、MPJはこれまでリャミヨンガ小学校を様々なかたちで支援してきました。例えば2010年には小学校を建替え(NPO法人アミティエ・スポーツクラブ様のご寄附による)、それ以降もコンピュータ5台や保育園用の机と椅子の寄贈、夜間まで勉強に励めるようにと太陽光パネルを寄贈・設置、2016年には小学校校舎のペンキの塗替え、などを実施してきました。

 

去る4月6日、イギリスのマンチェスター大学に留学中である中野友絵さん(大分大学経済学部4年)は、以前授業で学んだこのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトにご興味を持たれ、ご本人が直接リャミヨンガ小学校を訪問して現地の様子をMPJに報告してくださいました。

 

中野さんはイギリスの大学で現在開発学を学ばれ、アフリカで何が起こっているのか実際にこの目でみてみたい、将来自分に何ができるのかを考えたい、と今回現地を訪問されたそうです。

 

以下、中野さんが送ってくださった写真をご紹介します。

 

 

********************************************

 

ルヒーラ村1

建替え前のリャミヨンガ小学校

 

左の写真は建替え前のリャミヨンガ小学校の様子ですが、写真でも分かるように以前は校舎にドアや窓ガラスがないため、天候の影響を受けやすかったようです。

 

また、全生徒を収容することもできませんでした。

 

 

 

しかし建替え後の現在はドア、窓ガラスが設置され、更にドアには鍵をかけることが出来るので子どもたちは安心して勉強できる環境になっているようです。(下の写真)

ペンキも綺麗に塗替えられていて、壁にあるイラスト(地図や人体の解剖図など)もかわいらしいですね。

 

ルヒーラ村2

建て替え後、現在のリャミヨンガ小学校

ルヒーラ村3

小学校のドアには施錠が設置されている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、MPJから寄贈された椅子や机で、子どもたちが勉強している様子です。

ルヒーラ4 ルヒーラ5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はコンピュータに触る機会もなかったようですが、現在は子供たちはパソコンを使って勉強しているそうです。(下の写真)

ルヒーラ6ルヒーラ7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**********************************************

 

 

リャミヨンガ小学校では子供たちが元気に勉学に励んでおり、学校の教育担当の方は、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトによって多くの子供たちが教育の機会を得ることができ、彼らの将来への可能性が広がったと仰っていたようです。

 

これからもMPJはアフリカで持続可能な開発目標(SDGs)の達成のために活動して参ります。

 

中野友絵さん、ご報告ありがとうございました!

 

 

第32回MPJ研究会&懇親会のお知らせ!講師:更家悠介氏(サラヤ株式会社社長)

 

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、5月11日(木)19:00より更家悠介氏(サラヤ株式会社社長、日経ソーシャルイニシアチブ大賞企業部門賞受賞)を講師にお招きして「世界の変化と、ビジネスの対応」をテーマに、研究会を開催いたします!

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講演概要 18世紀に始まった産業革命は、人類に大きな進歩をもたらしたが、今や人類の進歩は、世界の破滅に向かう大きな危機をはらむようになった。過去、資本主義、社会主義、そして修正資本主義など経済を発展させる議論は様々に提案され、実践されたが、いまや環境資本、人材資本など新しい資本と経済へのパラダイム転換と変化が起こっていることに刮目すべきである。これに加えグローバルな技術の進歩が、更に変化に拍車をかけている。 二宮尊徳が「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である」と喝破し、渋沢栄一が「論語と算盤」で論じたように、今こそ経済にどのような道徳を持ち込むかが大切である。 本講演では、アフリカやボルネオでの、実際のサラヤのビジネス・チャレンジを事例に交えて、今後のビジネスのあるべき姿を参加者と共に考えたい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

今年創業66年を迎えられるサラヤ株式会社は、アフリカ・ウガンダを含む17カ国に営業拠点、5カ国に製造拠点を築かれ、これまで世界の「衛生・環境・健康」に貢献し続けておられます。

 

ビジネスを通じて地球環境を守り、資源を持続的に活用し、持続可能な発展と真の豊かさを実現することを目指してこられた更家氏のご講演は、新しいビジネスのかたちを模索するビジネスマンや学生の皆様にとって必聴の内容となっております!

 

また当日は更家氏の最新著書『これからのビジネスは「きれいごと」の実践でうまくいく』をサイン販売し、その売り上げは全額ミレニアム・プロミス・ジャパンに寄付されます(通常価格1,400円を、特別価格1,000円で販売)。

 

さらに、研究会のあとには、更家氏を囲んでの懇親会を予定しております。こちらもぜひ、ご参加ください。

 

研究会&懇親会の開催要領は下記の通りです。

 

【研究会テーマ】世界の変化と、ビジネスの対応

【日時】5月11日(木)19:00~20:30(18:40開場)

【場所】日本財団ビル2階 第1、第2会議室 (東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」徒歩5分、東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」徒歩5分、東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」徒歩5分)

アクセス詳細 http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

【研究会会費】一般1,000円、学生500円、MPJ会員とMPJユースメンバーは無料

【懇親会】講演後、21:00-22:30 講演会会場近くを予定

【懇親会会費】有料 【申込締切】5月9日(火)

【申込方法】お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、mpjapan@drive.ocn.ne.jpまでメールにてお申し込みください。

更家 悠介氏

更家 悠介氏

(懇親会への出欠のご希望も、併せてご連絡ください)

 

 

【講師ご紹介】

更家悠介氏(サラヤ株式会社代表取締役社長)

1951年三重県生まれ。大阪大学工学部、カリフォルニア大学バークレー校卒業後、サラヤ株式会社入社。1998年より現職。大阪商工会議所/中堅・中小企業委員会委員長、日本WHO協会/副理事長等も務める。サラヤ株式会社は2016年に第4回日経ソーシャルイニシアチブ大賞企業部門賞を受賞。

(マラウイ農民グループ支援事業)農民グループとのミーティングを実施!

MPJは2017 年2月17日よりマラウイにて、バオバブ製品の製造販売を通した農民グループ自立支援事業を始めています(詳しくは2月20日付ブログ記事にてご覧ください)。
今回はマラウイ駐在スタッフ2名(青木道裕、天野桃子)から、第一回目の活動報告が届きましたので、ご紹介させていただきます。

*************************************************

 
ムリバンジー!(マラウイの現地語、チェワ語で“こんにちは”の意味)
マラウイ駐在スタッフの青木と天野は3月27日~29日までの三日間、農民グループ自立支援プロジェクトの支援対象である6農民グループを訪問し、現地調査を行うとともに各農民グループとのプロジェクトミーティングを開催しました。

 

malawi map

訪問したグループは、Home Oil Group、Madisi Agro-processing Group、Mitundu Agro-processing Group、Whoka processing and Marketing Cooperative Society、Zokoma Producers and Marketing Cooperative Society、Maluso Unionの計6組で、ミトゥンドゥ(マラウイ中部)、ドーワ(中部)、ブランタイヤ(南部)、マンゴチ(南部)に点在しています。

 

グループの規模も10人から500人以上まで様々で、また製造している製品もバオバブオイルのほか、はちみつ、ひまわりオイル、モリンガオイル、なつめジャムやワイン、レモンマーマレードジャム、トマトジャムなどグループによって異なります。

 

 

 

ミーティングへの参加者は、ボードメンバー数名のみの場合や20名程のメンバーが出席したグループもありましたが、今回は初回ということで、工場見学、現状把握、今後のサポートなど多岐にわたり話し合いました。

 

ミーティングの様子

ミーティングの様子

この日が初面談のため少し緊張しましたが、現地語のあいさつに始まり、ミーティング中は時折笑いも交えながら、和やかな雰囲気で現地の農民グループに溶け込むことができ、現地スタッフも一安心いたしました。

 

 

これから農民グループと更に話し合いを重ねながら事業を遂行し、農民グループの自立をサポートして参ります。

 

 

【スタッフの略歴】

マラウイ集合写真

農民グループとの集合写真

<青木道裕> 2012年~2014年、JICA青年海外協力隊として マラウイに 村落開発普及員として派遣

 

<天野桃子> 2014年~2016年、JICA青年海外協力隊として マラウイに 青少年活動隊員として派遣

 

 

 

バオバブの木

バオバブの木

1 / 11