ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

MPJユース タンザニア研修の報告!

ブログ写真1

 

 

去る2月14日~3月1日、MPJユースのメンバーら15名(代表・黒川拓海さん)が、毎年恒例のアフリカ研修としてタンザニアを訪問しました!MPJスタッフである礒部美穂も研修の一部に同行し、異国での滞在を通じて成長する学生の姿を見てきましたので、ご報告いたします。

 

学生がタンザニアに到着し、まず始めに訪れたのがタンザニア中央部・タボラ州にあるMbolaというミレニアム・ビレッジでした。ここではミレニアム・プロミス・タンザニア(MPT)のスタッフがエコツアーを開催しており、村の中にあるエコツーリズム・センターにて2日間滞在しました。

 

Mbolaビレッジではヘルスセンターや井戸、道路など、様々なインフラ設備がミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)によって建設されていました。学生らはビレッジを歩きまわりMVPの成果を直に感じながら、時には出会った村人に話しかけ、現地の人々の生活を視察しました。

 

 

MPJユースと地元の高校生で試合後に集合写真!

MPJユースと地元の高校生で試合後に集合写真!

教室の外で、子ども達と。

教室の外で、子ども達と。

井戸で水汲み体験をしている様子

井戸で水汲み体験をしている様子

Mbolaビレッジを歩いて視察するMPJユース

Mbolaビレッジを歩いて視察するMPJユース

 

 

小学校を視察した際は、子ども達と一緒にスワヒリ語の授業にも参加しました。MPJユースの中にはスワヒリ語を授業で学んでいる学生も多く、一生懸命にスワヒリ語で先生や子ども達と会話していました。

 

 

先生たちとスワヒリ語で会話する様子 

先生たちとスワヒリ語で会話する様子

 

子ども達に交じってスワヒリ語で授業に参加

子ども達に交じってスワヒリ語で授業に参加

教室の外で、子ども達と。

教室の外で、子ども達と。

 

 

MVPによって建設されたヘルスセンターも訪問し、そこではコミュニティー・ヘルス・ワーカーが村を巡回している現状を知ったり、病院内を視察したりしました。

MPJユースの中には看護科へ通う学生もおり、設備や組織体制など、日本の病院との違いに驚いていました。

 

 

ヘルスセンターにて農民へインタビューしている様子

ヘルスセンターにて農民へインタビューしている様子

赤ちゃんの体重を測る機材

赤ちゃんの体重を測る機材

 

 

ビレッジ滞在2日目には、地元の高校生と一緒にサッカーの親善試合を行いました。アフリカの人達は皆サッカーが上手でしたが、結果は引き分けとMPJユースも大健闘しました。

 

 

最後はPK戦で決着!

最後はPK戦で決着!

MPJユースと地元の高校生で試合後に集合写真!

MPJユースと地元の高校生で試合後に集合写真!

 

 

MPJスタッフ・礒部はMbolaビレッジのみ同行し、滞在時はとてもタイトなスケジュールで体力の限界を感じましたが、学生さん達はその後もアクティブにタンザニア研修をこなしていて、彼らの若さを羨ましく感じました。タンザニア研修については、MPJユースでも報告書を作成する予定とのことですので、報告書は後日ブログにて共有させて頂きます。

 

MPJユース・タンザニア研修メンバーの皆さん、本当にお疲れ様でした!

ご案内いただいたミレニアム・プロミス・タンザニアのリーダー、Gersonはじめ皆様にも感謝しています。

1 / 11