ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

Blog-Archives

MPJユースのマラウイ研修報告(2)

 ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)・ユースの会は、3月2日から16日までアフリカのマラウイ共和国にて研修に臨んでまいりました。すでに「MPJユースのマラウイ研修報告(1)」として、第一弾のご報告をさせていただきましたが、今回は第二弾をご報告させていただきます。


 ミレニアム・ビレッジMwandama村での2泊3日に渡ってのプロジェクトサイト訪問とビレッジ・ステイ体験を終え、3月9日には首都リロングウェに戻ってまいりました。

 ゆっくり休む間もなく翌10日からは、マラウイの経済・ビジネス系の最高IMG_0260
学府 Exploits University の学生との間に、3日間に及ぶ学生会議を開催しました。日本からのユースメンバー10名に対し、マラウイからは29名が参加し、熱気に溢れました。

 初日はアイスブレーク。文化交流として書道体験、折り紙、日本食体験、そしてダンスなども披露され、マラウイと日本の若者の間の距離が一気に縮まりました。
DSC_0045DSC_0092
 2日目からはいよいよ本格的な討議のはじまり。
農業、教育、外交・文化、経済・資源の4つのテーマを設定し、それぞれのグループに分かれて、マラウイと日本それぞれの国がかかえる課題について、一緒になって議論しました。


DSC_0053DSC_0075 最終日となる3日目には、それぞれのグループから課題解決に向けての発表を行いました。みなそれぞれに英知を結集した素晴らしいプレゼンテーションでした。この内容は、ユースメンバーが即日(徹夜で!)英文のレポートにまとめました。
(この学生会議を含め、マラウイ研修全体についてのユースの会による報告会は帰国後3月29日に行われました。)
DSC_0166
 すべての研修メニューを終え、ユースの学生たちはようやく観光らしい観光に出かけることができます。行先は、首都リロングウェ市内と、そしてなんといってもマラウイ湖です。
 マラウイ湖はアフリカ大地溝帯の南端に位置し南北の長さ560kmに及ぶ古代湖で、その南端部の国立公園は世界遺産に指定されています。マラウイに来たからには、やはりあの雄大なマラウイ湖を見ずして帰るわけにはいきませんからね。
IMG_0268










持続可能な開発に関するサックス教授の記事が読売新聞に掲載されました

PM Abe and Prof. Sachs去る3月26日、コロンビア大学地球研究所所長のジェフリー・サックス教授が、数時間のみご来日されました。
安倍首相を表敬訪問され、日本政府のミレニアム・ビレッジへの支援に対し謝意を示されました。

外務省ホームページご参照: ジェフリー・サックス・コロンビア大学地球研究所所長による安倍総理大臣表敬
・日本の支援については過去の記事をご参照: 「日本政府、4つのミレニアム・ビレッジに対して500万ドルの追加支援へ」



当日は、読売新聞社白石社長をはじめ、政府高官、経済界のリーダーとも面談されました。読売新聞の白石社長はサックス教授のご著書を原書でお読みになり、感銘を受けられたそうです。
また、きわめてタイトなスケジュールの中、空港までの移動の車中では読売新聞の取材も受けられ、その記事が本日4月3日付で掲載されました。

記事では、「持続可能な開発の時代」(“The Age of Sustainable Development”)と題する新著を出版されたサックス教授が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継の目標として今年9月に国連で採択される「持続可能な開発目標」について、中でも先進国が経済と環境保全の両立に取り組む重要性について語っています。

MPJユース マラウイ研修報告会開催のご案内

マラウイ研修メンバーミレニアム・プロミス・ジャパン ユースの会(MPJYouth)が3月29日(日)、アフリカ南東部の国マラウイのミレニアム・ビレッジや国際協力現場等を視察した研修の報告会を開催いたします。MPJユースの会の学生メンバー10名が3月2日から16日までの2週間、現地に滞在して感じたこと考えたことをお伝えいたします!
 
 マラウイは、国土の5分の1を世界遺産マラウイ湖が占める内陸国で、国民の9割は農業に従事しています。最貧国のひとつではありますが、「Warm Heart of Africa」と形容されるほど平和で穏やかな国です。
 現地では国際機関やNGOの訪問、そしてミレニアムビレッジでのホームステイなどを経験し、マラウイという国の事情やそこでの生活の様子などを直接聞き、体感してきました。また現地大学生とともに経済・農業・教育などのテーマで話し合う「学生会議」を行いました。
 
参加メンバーは、渡航を楽しみにしながら、実りのある研修にできるよう事前に勉強会を開き、準備して研修に臨みました。マラウイについてもっと知りたい・考えてみたいと思っていただけるような、ワクワクするような報告会にすべく、準備をしています。ぜひ学生たちの研修の成果を聞きにお越しください。お待ちしております!

 
【日時】2015年3月29日(日) 10:30~12:30
【場所】加瀬の貸し会議室 入谷ホール
    東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
    http://www.kaigi-room.com/build/c00809.php
    東京メトロ日比谷線「入谷駅」徒歩3分/JR山手線「鶯谷駅」徒歩10分

【入場料】 無料
【参加方法】 ご参加をご希望の方は、お名前、ご所属を以下のメールアドレスへご連絡ください。
mpj.youth.2009@gmail.com


【主催】ミレニアムプロミスジャパン・ユースの会(MPJYouth)
MPJYouthは、NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)の活動に賛同する学生を中心に2009年に結成された団体です。MPJは、ジェフリー・サックス教授により、MDGs達成のため、サブサハラアフリカにおける極度の貧困をなくすために設立された、ニューヨークのNPO法人ミレニアム・プロミスのグローバルアライアンスとして活動しています。MPJYouthは、以上の概念を共有しながらも、開発援助に直接的にかかわるのではなく、「学ぶ・発信する」をテーマに、様々な活動を通して成長することを重視しています。ご興味のある方は、下記のURLをご覧ください。
http://mpjyouth.web.fc2.com/index.html

MPJユースのマラウイ研修報告(1)

ネットボール試合 3月2日から16日まで、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)・ユースの会(メンバー約60名)のうち10名が、アフリカのマラウイ共和国を訪問し、MPJ事務所からは理事長・鈴木りえこと事務局長・伊藤正芳が同行いたしました。一足早く11日に帰国した鈴木より、第一弾の報告をいたします。(写真左はMwandamaの女子小学生らとネットボール試合を行うMPJユースの女子大生たち)

西岡大使と中富参事官 3月3日にマラウイの首都・リロングウェに到着し、翌日4日には在マラウイ日本大使館を表敬訪問。マラウイのチャポンダ外務大臣が国連防災世界会議で来日される直前のため準備でお忙しい西岡周一郎大使にもご挨拶をさせていただき、中富久参事官からは3時間半にわたって、マラウイの現状やご本人のこれまでのご経験など貴重なお話をいただきました。
 参事官のお話では、マラウイは隣接する南アフリカ共和国がアパルトヘイト政策を実施していた期間にも南アフリカと交流を保っていたり、長年台湾と外交関係を維持していたりしたことなど、最近まで他のアフリカ諸国の中では比較的独自の路線を進んでいたことをはじめ、数年前に為替クワチャをドルに対して流動制としたため、それ以降、貨幣の価値が下がったことも原因して、現在では一人当たりのGNIが270米ドルと世界最低国のひとつになっていること、ただし、国民一人一人の生活は平和でのんびりとしていてあまり最貧生活を想像させないこと、また、毎年起こる洪水に対してなかなか政府が対応策をとれないでいること、など興味深いお話を聞かせていただきました。

教師のモデル授業風景 翌5日は、JICAマラウイ事務所を訪れ、徳橋和彦所長のお話、教育、農業部門等の担当の方々のお話を伺ってから、JICAの現地活動現場を訪れました。日本の一村一品運動を倣って地元産業を興そうと努力しているOVOP事務所では現地の所長や日本の専門員の方々のお話しをいただいた後、OVOPショップでの現地生産品、バオバブオイル、蜂蜜、モリンガ石鹸、バナナワイン等をショッピングし、市内の学校で行われている教師の研修会などにも参加させていただきました(写真左)。夜にはJICAや大使館の皆様と夕食を共にいただき、リラックスした雰囲気の中で多岐にわたるお話を伺うことができました。
 
お醤油寄贈(グムリラ村Director Dr. Kang) 翌6日、ユースのメンバーが地元で麻薬防止などの活動を行うNGOを視察している間、MPJ事務所の鈴木と伊藤は、首都リロングウェから100キロほど離れたミレニアム・ビレッジGumuliraを訪問しました。Gumuliraは2年ほど前からミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの支援から独立して、現在は韓国のキリスト教団体Merry Year Internationalが運営しています。チームリーダは韓国人歯科医のDr Kangで、キッコーマン株式会社からご寄贈いただいたお醤油をおみやげにお渡しすると「これが一番うれしい贈り物!」と感激してくださいました。お醤油はもちろん和食が今後アフリカでも需要が高まることと確信いたしました。
 マイクロクレジットや農業などそれぞれのチームリーダーからプロジェクトの進捗情報を説明していただいた後、現場を視察して、私たちもスタッフと一緒に昼食に招いていただきました。毎日、現地スタッフ40名と食堂に集まり、フォーク、ナイフ、箸などを使わず手でシマというとうもろこしの粉でできた現地の主食を食べられているDr Kangは、現地シェフにお醤油を渡して「明日からみんなへの料理にも活用するように」とおっしゃっていました。スタッフは韓国人が9名ほどいて、ランチの時間は彼らが現地スタッフへ食事を給仕し、敷地内で寝泊りもしているそうです。

皇后陛下の翻訳本を寄贈2 週末の7日から週明け9日にかけては、リロングウェから車で6時間ほど南下したゾンバ州にあるミレニアム・ビレッジ、Mwandamaにて、MPJユースのメンバーと再合流しました。プロジェクトのコミュニティ・コーディネーターのジョゼフが週末にも関わらず、スタッフや地元のAgnes小学校の校長先生以下生徒、家族を一同に集めて下さいました。Agnes小学校では皇后陛下が英訳なさった日本の詩集「にじ」と「けしゴム」を寄贈し、その後開催された小学校チームとのサッカー試合ではMPJユースの女子5名も参加して、自称「皇后杯」と称し全員全力でがんばりました。けれども、残念ながら2対1で負けてしまいました。その後、女子だけでネットボールの試合を行い、こちらはMPJチームに参加してくれたジョゼフのお嬢さんの活躍もあり、見事勝利しました!(冒頭写真)

サッカー試合前 夜はMPJユースの各メンバーがMwandama村にてそれぞれの家庭に2晩泊めていただき、皆さん歓待していただき電気も水もない環境ながら一生の思い出となる経験をいたしました。家庭滞在(小野さん) 


 MPJユースを泊めて下さった家庭には、信越化学工業からご寄贈いただいたシリコンカップ、トートバック、ラップをお渡ししたところ、皆さん非常に珍しがって大喜びしてくださいました。実は、マラウイのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは他国の進捗状況に比較すると国民性も関係してか少々遅れているようなので、チームリーダーのダウディ博士(元マラウイ農業省の官僚トップ)の指揮下、週末も働くことをいとわず、ミレニアム開発目標達成のために一丸となって努力しているというお話でした。達成期限の年末まで残すところ8か月あまりとなってしまいましたが、チームと村の皆さんの努力はひしひしと感じることができました。

 また、今年1月半ばに起こったマラウイの大洪水ではムタリカ大統領が初めて災害宣言を行い、建国以来の非常事態として現在も収束を予測できない状況になっているということを西岡大使をはじめ、WFPマラウイ事務所の牛山ココ所長から伺いました。3月初めの統計によると、マラウイ全28県中15県、108名が死亡、172名が行方不明、被災者数64万8000人以上、国内避難民が17万4000人以上です。日本政府からの支援はすでに行われているそうですが、日本のNGOはまだ活動を開始していないため、私たちの支援活動も期待されています。そこで、MPJも微力ながらなんとか支援活動を開始できるよう準備を行っています。

信越化学さまからのご寄贈品贈呈 MPJユースのマラウイ研修におみやげとして自社製品をご寄贈くださったキッコーマン株式会社と信越化学工業株式会社、お世話をいただいたマラウイの皆さまには心からお礼を申し上げます。

研修レポート ~ソーシャルビジネス先進国から~2

外務省「NGO海外スタディ・プログラム」での研修のため新年早々からアメリカに赴いているスタッフの赤坂から、2回目のレポートが届きました。

******

社会企業大会外務省スタディ・プログラムの研修生としてアメリカに派遣して頂き2ヶ月近く経ちました。今月はソーシャルビジネスの知見を深めるためにボストンに行って参りました。社会起業家の世界大会であるHarvard Social Enterprise Conferenceへの参加とTeach for Americaなどの社会起業の先進事例を視察するという、スタディーツアーに参加しました。

雪のハーバード大学ボストン滞在期間はあいにくの史上最多の大雪に見舞われました(右写真:会場のハーバード大学キャンパス)。大変残念ながら2日間の予定であったカンファレンスは開催予定日に全交通機関がシャットダウンされ1日に短縮されてしまいました。大雪の日にボストン中の交通機関を閉鎖し、除雪に集中、翌日にできるだけ響かない様にするという大胆かつ効率的なボストン市の方針に驚きました。他の視察日も電車が遅れるなど、大変な状況で、日本から参加されている方々は帰国のフライトがキャンセルとなりました。あいにくの大雪に大変残念な思いをしましたが、このような状況を振り返ると、お目当てのカンファレンスが1日でも開催されたのは幸運だったのかなと思います。

ドレイトン氏講演さて、カンファレンスでは、社会起業の父といわれるアショカ設立者ビル・ドレイトン氏などなかなか日本ではお目にかかれない著名なスピーカーが登壇さとても刺激的な1日となりました(右写真)。また、講演に加え、視察先でも共通して耳にしたのが、theory of change と言われる、「団体の目的、長期ゴールを明示し、その活動を行う事により定量的にどのように社会変革をもたらすのか」というセオリーを明確に持つ事をどの団体も大事にしていました。それが、従業員から投資家、寄付者など全てのステークホルダーからの共感、資本を集める原点になっているということを感じました。このように、ロジカルに団体の活動を説明する一方、著名な話者も共通して、倫理的な心の持ち方の大切さなど、原理原則に沿った事を話していたのが印象的でした。

ワークショップの様子1日に集約されたので全てのコースに参加できませんでしたが、他の会議をビデオ収録してくれましたので少しずつ見て行こうと思っています(下写真はワークショップの様子)。なかなか情報量が多くまだ消化しきれていませんが、今回の短期の会議、視察への参加にとどまらず、長期的に調べていきたいテーマを頂くきっかけになったと思っています。

大雪のボストンからなんとかシカゴに戻りましたが、シカゴは度々の大寒波で滞在中2度目となるマイナス20度を経験しました。なかなか寒さから逃れる事ができないものの、シカゴに戻って早々に、実務研修先のフェアトレード会社のマーケティングチームの同僚が歓迎会として高層ビルのレストランに連れて行ってくれ、あたたかい人たちに恵まれながら研修させて頂いております。

「MPJアフリカ留学生奨学金」制度を設立いたします!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)は、「MPJアフリカ留学生奨学金」制度を設立いたします。この奨学金制度の主旨は、日本で学ぶアフリカの若い留学生への支援を通じて、日本とアフリカの人々の交流・相互理解促進を図ることです。まずは、年2名を上限として採用し、1か月あたり2万円(2年以内)を給付いたします。3月から4月末にかけ応募を受け付け、5月に審査を行い、6月より給付を開始いたします。その後、改めて採用人数、金額等を検討してまいります。

応募資格は、(a)アフリカ諸国に国籍を有する、(b)応募時に日本国内に居住、(c)日本の大学・大学院(学部、修士、博士)に留学中の学生、かつ、(d)原則として、30歳以下、(e)大学等から推薦可能、(f)MPJの国際交流活動(原則として都内での開催を想定)に参加または協力可能な人で、他の奨学金との併給は可能です(ただし、選考時にはその必要性を考慮します)。

審査は書類審査と面接審査の2段階(すべて英語)で、学力、人物等を総合的に判断いたします。まずは、4月末までにMPJ事務所必着で、所定の申込書、在学証明書、推薦状1通以上、エッセイ、過去の学力証明書をお送りいただくことになります。

みなさまのまわりに、この奨学金を必要とするアフリカからの留学生がいらっしゃいましたら、ぜひ下記のウェブサイトをお知らせください。
■ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ) ウェブサイト
 http://millenniumpromise.jp/scholarship
■奨学金情報サイト「JAPAN STUDY SUPPORT」
 日本語版:http://www.jpss.jp/ja/scholarship/800/
 英語版:http://www.jpss.jp/en/scholarship/800/

MPJが支援しているウガンダの女児が看護師デビューしました!

MPJでは、才能がありながら経済的理由により進学が困難な貧困家庭の女の子を支援するため、2009年より中等教育(中学・高校)6年間の奨学金を支援しています。これまでの6年間に、ウガンダのルヒーラ・ミレニアム・ビレッジ出身の21名の女の子を支援してきました。
そのうち、中学校卒業後に看護学校へ進んだミリアとドリーンの2人が、2014年中に学科と研修を終え、このほど看護師として働き始めました!!



ドリーン地元Kabuyandaの町のクリニックで働くドリーンは、子どもの頃にマラリアを患ってミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)のクリニックで治療を受けて以来、医療の仕事で人の役に立ちたいという夢をもっていました。て中学校への進学をあきらめていたのですが、MPJの支援により勉強を続け、夢を実現させたドリーンは、女児教育の大切さについて次のように語っています。
「女の子が教育を受けることは、コミュニティにとって大切なことです。家族の世話をするのは女性ですから、女の子が教育を受ければ、病気の拡大を抑えることができます」
(写真上:看護学校の制服を着たミリアと、MVP教育担当スタッフ)


ミリア一方のミリアは、現在ルヒーラ・ミレニアム・ビレッジを離れ、隣地区にあるKazoという町のクリニックに勤めています。ミリアの家庭は、父親が病気のた め、母親が小作農で生計を立てており、4人兄弟の末っ子のミリアは奨学金がなければ小学校卒業後は勉強を続けることができなかったと言います。在学中に、「将来は健康の問題を抱える人々を助け、HIV/AIDSや他の病気の啓発をしたい」と語ったように、立派な看護師になってくれることでしょう。
(写真下:ピンクのナース服を着たミリア。MPJ支援女児ハッピーとMVP教育ファシリテーターと一緒に)

彼女たちが私たちの手を離れて巣立っていくのは、とてもうれしいことです。これまで学んだことを活かして、それぞれの地域の人びとのために力を尽くしてもらいたいと思います。
ミリア、ドリーン、就職おめでとう!!

理事長の鈴木の対談記事が月刊「ハーストーリー」に掲載されました

201501月刊ハーストーリー表紙2ジャーナリスト細川珠生氏と理事長の鈴木の対談記事が、貧困撲滅と女性のエンパワーメントに取り組むNGO、世界平和女性連合様の月刊誌「ハーストーリー」に掲載されました。
国際協力と女性のエンパワーメントをテーマに、女性が教育を受けることの大切さや、若いうちの海外・異文化体験を通じた若い世代の育成などについて語っています。


対談の詳細はこちらの記事をご覧ください。
月刊ハーストーリー2015年1月号

研修レポート ~ソーシャルビジネス先進国から~1

研修のため新年早々からアメリカに赴いているスタッフの赤坂からレポートが届きました。

******

Mata Tradersトレードショーブース外務省海外スタディ・プログラムでアメリカに派遣して頂き約1ヶ月が経ちました。テーマは「ソーシャルビジネスの研究」、3月中旬までの2ヶ月半の研修予定です。
私は昨年度のフィリピン・レイテ島の台風被災地支援のために、ミレニアム・プロミス・ジャパンの調整員として学校建設プロジェクトの現地コーディネートを勤めさせて頂きましたが、現地で雇用創出の必要性を強く感じた事からこのテーマを選びました。被災地やミレニアムビレッジにてフェアトレードビジネスを通じて雇用創出、及び継続的な支援関係を構築できるようになることを目標に、本スタディ・プログラムに参加させて頂いています。

研修内容は、座学と実務研修の2本立てで、座学としてはボストンにてHarvard Social Enterprise Conference に参加しアメリカのソーシャルビジネス事例に関する座学と視察、実務研修としてはシカゴにてMata Tradersというフェアトレード・ファッションブランドで研修生として働き運営の知見を深める計画です。

Mata Tradersデザインルーム1月2日に到着し、まずはシカゴのMata Tradersでの実務研修を行っています。Mata Tradersは創業10年目のフェアトレード・ファッションブランドで、インド・ネパールの生産者グループから商品を輸入・販売している会社です(右上写真:Mata Tradersのデザインルームにて)。
現地の技術・デザインを活かしながら、Mata Tradersにてアメリカで好まれるようなデザインを考案し現地に発注しています。Mata Traders会社モットーのパネルデザイン性を非常に重視しており、契約生産者を買い支える為にも、顧客に愛される商品を作り、永続的な事業にすることをモットーにしているそうです。(右下写真:会社のモットーを飾った休憩スペース)
女性の労働環境に貢献するというミッションをもってフェアトレードビジネスを始めたそうですが、あくまで商品が売れてこその事業継続ということで、運営にあたっては「products come first, mission second」と言っているのがとても印象的です。デザイン、生産管理、マーケティング、セールスなどほぼ全ての業務の実務経験をさせて頂いています。来月からボストンでの座学に参加し、またシカゴに戻る予定です。ボストンで他事例の知見を深めてから、実務研修に戻ると気づきにどう変化があるのか楽しみです。

大阪市榎本地域のみなさまからのご寄付がガーナの青年に届きました!

Richard君_20141211_135156_trim大阪市鶴見区榎本地域のみなさまからアフリカの貧困削減のために役立ててほしいとのご意志のもとMPJがお預かりしておりましたご寄付14,335円が、ガーナで貧困に窮し勉学の道を絶たれようとしていた青年の手に届きました。

いただいたご寄付は、ガーナ・Bonsaasoのミレニアム・ビレッジ・プロジェクト・チームを通じて、BonsaasoにあるMansoman高校の最終学年で勉強するRichard Acheampong君に手渡されました。(写真の右側がRichard君、左がチーム内で教育分野を担当しているCharles Akomaning-Mensah氏です。)

彼は、両親が学費を支払えなくなったことから危うく退学というところ、榎本地域のみなさまのご寄付によって最後まで勉強を続けられることになります。そのことを本人もとても喜んでいて、いまは最終試験に向け猛勉強中、卒業は間違いないだろうとのことです。

もともとこのご寄付は、昨年2014年5月31日に行われた大阪市立榎本小学校の児童たちによるイベントの際に寄せられたものです。このイベントは昨年のサッカーW杯に合わせ企画され、各家庭から持ち寄った白黒2色の雨傘をつかって、大きなサッカーボールの地上絵をつくるというもので、各紙でも報道されました。そこで集まったお金が、W杯出場国のひとつであったガーナに送られることになったのです。

日本と同様に、サッカーはアフリカの子供たちにも人気のスポーツです。アフリカの子供たちは、たとえサッカーボールが手に入らなくてもビニール袋を上手にまるめてボールをつくり、裸足で走り回って、丸太棒を組み合わせただけのゴールにシュートをする、そんなサッカーに小さいころから慣れ親しんでいます。

今回、榎本小学校の「サッカーボール」は、日本から遠く離れたガーナに生きる、勉強を続けたいひとりの若者の将来にパスされました。お預かりいたしましたご寄付全額14,335円は、ほぼ400ガーナ・セディに相当し、1年分の学費に相当します。榎本小学校のみなさんが持ち寄った傘が、ガーナのRichard君の人生を守る傘になりました。

そして私たちMPJは、こんなふうに世界がつながっているんだと知っていただくことで、世界に目を向ける子供たちが増えてくれればとも思っています。大阪市鶴見区榎本地域のみなさま、この度は本当にありがとうございました!