ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

Blog-Archives

ソマリア大洪水緊急事態に対するご支援のお願い

日頃連携している日本リザルツからのソマリア大洪水への支援のお願いになります。
ソマリアは弊団体ドライランドイニシアティブ事業等でも関わりがある国でございます。
日本のニュースでは見かけませんが、ソマリア北東部では11月10~11日にかけて熱帯低気圧によって引き起こされた大洪水で深刻な被害を受け、多数の人々が苦しんでいます。

ソマリアが熱帯低気圧(サイクロン)の被害を受けたのは、1966年以降5回。すなわち10年に1回起こる、という、まれなことです。今回はその中でも最大の被害となっています。家や建物が破壊され、ボートも流され、村々も丸ごと水に流されてしまいました。

海に流されてしまった人々も多数いて、現在推定で300人以上が亡くなり、37万人以上が避難していますが、行方がわからない人も多数おり、これらの数字はさらに増える見込みです。また、30万頭以上の家畜が死んでしまいました。

内陸側では遊牧民がテントや家畜を失い、野ざらしで食べ物もない状態です。
洪水で幹線道路がやられたため道が遮断され、アクセスが困難となっています。

また、沿岸部では漁師・漁船(ボート)が流されてしまいました。

このような状況の中、ソマリアで被害を受けた人々は、食糧や水、医薬品、毛布を緊急に必要としています。日本リザルツは、駐日ソマリア経済文化代表部(JSECO)とともに皆さまにご支援のお願いをしております。

郵便局からのご寄付:窓口に設置してある「払込取扱票」に以下の必要事項をご記入ください。

口座番号:00170-9-581459
加入者名:日本リザルツ
金額:ご支援の金額
通信欄:「ソマリア洪水支援」とお書き下さい。
ご依頼人:住所・氏名

史上最悪の洪水

史上最悪の洪水

30万頭以上家畜も死滅

30万頭以上家畜も死滅


水、食糧、医薬品、毛布が緊急に必要

水、食糧、医薬品、毛布が緊急に必要


船も流された

船も流された
















【ご案内】第2回麹町サミット~結核の研究開発と日本の貢献~(MPJ後援)

武見 敬三氏来る11月27日(水)、MPJでは「第2回麹町サミット~結核の研究開発と日本の貢献~」を後援いたします。
このシンポジウムは、メインゲストに武見敬三参議院議員をお迎えし、結核の研究開発における日本の貢献について考える市民シンポジウムです。結核関連の研究開発における最近の成果をご紹介し、結核を世界からなくすために日本企業や日本の市民社会の取り組みについて皆さんと共有したいと願っています。
また、日本発の技術のさらなる発展のために、日本政府や私たち一人ひとりに何ができるかを考えます。

                   記
日 時 : 2013年11月27日(水)18:30-20:30 (開場18:30 軽食をご用意しております)
場 所 : ホテル・ルポール麹町3階会議室「ガーネット」
 住所:東京都千代田区平河町2-4-3
 行き方:東京地下鉄「永田町」駅5番、9b番出口より徒歩5分、
       麹町駅1番出口より徒歩3分
 地図:http://www.leport.jp/map/access.html
主 催 : (NPO法人)日本リザルツ
協 力 : (認定NPO法人)ストップ結核パートナーシップ日本、(NPO法人)アフリカ日本協議会、動く→動かす、(認定NPO法人)ミレニアム・プロミス・ジャパン、(NPO法人)マラリア・ノーモア・ジャパン
参加費 : 無料
(シンポジウムでの軽食やプロジェクト費用の補てんのため、参加者の皆様にカンパをお願いすることがあります。

参加お申し込み: こちらからお願い致します。http://p.tl/6Fu3
登録締切: 11月26日(火)正午

当日のプログラムなどの詳細はこちらをご覧ください。第2回麹町サミットご案内

お問い合わせ先: NPO法人日本リザルツ 担当: 里見様・新里様まで
           TEL:03-6268-8744 FAX:03-3597-3448

【ご案内】第22回GLS講座 国際協力機構(JICA)理事長 田中明彦氏 講演

president[1]ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、東京大学との共催で、JICA理事長、前東大副学長田中明彦氏を講師に迎え、「21世紀の世界システムと日本の国際協力」をテーマに特別講演会を開催いたします
セミナー終了後は18時半より同大学構内会場にて、MPJ主催の懇親会も開催いたします。懇親会では在日ケニア大使ベンソン・H・O・オグドゥ閣下のスピーチを賜る予定ですので、お時間の許す限り、ぜひ併せてご参加ください!

なお、講演会の申し込みは直接東大へ、懇親会の申し込みはMPJへ、それぞれメールにてお願いいたします。詳細は下記をご一読ください。

                 記

日時:2013年12月4日(水)開場16:00 開演16:30 終了18:10
会場:東京大学 本郷キャンパス 法文1号館22番教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html (Map)
テーマ:「21世紀の世界システムと日本の国際協力」
講師:田中明彦氏 (国際協力機構(JICA)理事長、前東京大学副学長)
司会:久保文明氏 (東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授)
言語:日本語  (英語通訳あり。但しレシーバー数に限りがあることをご了承ください。)
共 催:
  ・東京大学大学院法学政治学研究科

・法学部グローバル・リーダーシップ・プロジェクト(GLS-1読売新聞寄付講座)
           ・科研基盤研究(A) 「経済と安全保障の交錯」プロジェクト



講演概要:
21世紀にはいり世界システムは大きく変動している。開発途上国の中でも中進国から先進国に向かう国々もあらわれ、その中には世界有数の経済規模を持つ国も登場している。
他方、依然として内戦や不安定な国内情勢に苦しみ、貧困削減、保健衛生や教育改善が進まず「人間の安全保障」の確保できない国々も存在する。
このような状態を前に、日本の国際協力政策は、どのような課題に直面しているか。
日本が、アジア、中南米、アフリカなどで、これまで行ってきた開発援助の実例を検討しつつ、今後の課題について議論してみたい。


講師プロフィール:田中明彦(たなか あきひこ)氏
国際協力機構(JICA)理事長。 1954年生まれ。77年東京大学教養学部卒業、81年マサチューセッツ工科大学政治学部大学院修了(Ph.D.)。東京大学教養学部助教授、同、東洋文化研究所教授・所長、大学院情報学環教授、国際連携本部長、理事・副学長を歴任、2012年4月より現職。
2012年紫綬褒章受章。


【講演会のお申し込み方法】

1. 講演名 2.氏名(ふりがな) 3.所属 4.メールアドレス を記載し、メールにてグローバル・リーダーシップ寄付講座事務局(glsapply@j.u-tokyo.ac.jp)までお申し込みください。セミナー聴講は事前登録制とさせていただきますので、当日受付の入場はお断りいたします。同時通訳レシーバー使用ご希望の方は「レシーバー希望」と記載してください。
詳細は東大GLSホームページhttp://www.gls.j.u-tokyo.ac.jp/page_b.html#tanakaをご覧ください。
お申し込みの際にミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)からの案内を見たと明記の上お申し込みください。

【懇親会のお申込み方法】
1. 氏名(ふりがな)2.所属3.メールアドレス を記載しミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)からの案内を見たと明記の上 ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)事務局までお送りください。
mpjapan@drive.ocn.ne.jp
追って、詳細をご連絡いたします。

■お席に限りがございますので、お早めにお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

【ご案内】第21回MPJ研究会(サラヤ・イーストアフリカ代表の宮本氏ご講演)

宮本和昌氏MPJでは、サラヤ・イーストアフリカ代表・宮本 和昌氏のご来日を機に宮本氏を講師に迎え、11月19日に第21回MPJ研究会を開催いたします。テーマは、サラヤ・イーストアフリカが行っているウガンダ共和国におけるアルコール消毒剤の普及を通じた院内感染予防の取り組みについてです。
宮本氏はサラヤ・イーストアフリカ代表としてのお仕事以外にも、マイクロファイナンスのNPOも運営され、農村開発支援を実施されています。
宮本氏のご活躍はすでにテレビ番組等でも何度か紹介されていますので、ご覧になった方も多いことと思います。今回は直接ご本人からお話をお聞きできる非常に良い機会です。皆様のご参加をお待ちしております。


♦開催概要♦
◇日時: 2013年11月19日(火)午後6時30分~8時(受付開始時午後6時~)
◇場所: JICA地球ひろば(セミナールーム201AB)
     (東京都新宿区市谷本村町10-5、TEL.03-3269-2911)
     ♢アクセス:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
◇講師: 宮本 和昌(みやもと・かずまさ)氏
       サラヤ株式会社現地法人「SARAYA East Africa Co., Ltd.」代表
       村落開発NPO「Agriculture Innovations for Sustainable
      Development Uganda(AISUD)」代表
◇講演テーマ: 「病院で手の消毒100%プロジェクト
        ~ウガンダで院内感染予防を目指して~」
◇会 費:  MPJ会員:無料 一般:1000円 学生:500円
◇定 員:  40名(会員優先・先着順)
◇お申込み方法: お名前、ご所属、ご連絡先、懇親会への出席の有無を明記の上、メールにてMPJ事務局(担当:石井)までお申し込み下さい。
          メール宛先: mpjapan@drive.ocn.ne.jp
◇締 切: 11月14日(木)17:00時

【講師ご略歴】
米国の大学を卒業後、在ジェッダ(サウジアラビア)日本国総領事館で2年間勤務。その後、青年海外協力隊短期派遣隊員(村落開発普及員)として7か月間ウガンダ共和国に派遣。派遣期間中に村落開発NPO「Agriculture Innovations for Sustainable Development – Uganda(AISUD)」を設立。任期満了後もウガンダにとどまりAISUD代表としてマイクロファイナンス事業を主軸に据えつつウガンダの村落開発に携わる。2011年にはSARAYA East Africa設立、現地代表。

※ご講演後、懇親会(3500円 飲み放題)も予定しております。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※お問合せは、上記E-mail、または電話03-5842-2801までお願い致します。
なお、お申込み後のご欠席は、事務局へご一報下さいますようお願い致します。

アフリカン・ナイトが六本木で行われました

attachment00去る10月11日(金)、一夜限りのアフリカ祭り「アフリカン・ナイト」@六本木が、MPJの学生グループ、MPJユースの会(東大生中心の学生組織)のプロデュース、MPJ後援にて行われました。学生から社会人の方まで、様々な方が一堂に会しアフリカンな夜を楽しみました。

ユースメンバーがリードする振付に従って『Waka Waka ワカワカ/This Time for Africa』(2010 FIFA ワールドカップ南アフリカ大会オフィシャルソング)をフロア全体で踊ったり、アフリカンフードを食べたり、“五感で浸る”のテーマに沿った企画が満載でした。
スペシャルゲストはアフリカに魅了され毎年アフリカを訪れている写真家 板谷翠さん。南アフリカやマダガスカルの動物たち、町中の美しい写真の数々が板谷さんのやわらかな語りで紹介されました。さらに、アフリカをルーツに発展したブラジル民族音楽(by外国語大学ブラジル研究会)や、西アフリカのパーカッション音楽(by多摩美術大学ジャンベ部)の演奏で盛り上がりました。ユースのみなさんのアフリカ衣装もきまってましたよ!みなさん、お疲れ様でした!

attachment01アフリカンナイト 板谷さんスライドショー










国際ガールズデー、F#Factory@東京ウィメンズプラザにてお話ししました

加工f#集合国際ガールズデーである10月11日、MPJ理事長・鈴木りえこが東京ウィメンズプラザにおいて、f#factory様(代表・北澤清子様)の会にて講演をいたしました。本講演会は、f#factory様の社会貢献活動の一つとして開催され、これを機に、MPJが行っているウガンダ女児への教育支援事業にご協力いただけることになりました。

このたび、f#factoryの皆様にご協力いただくのは、MPJが継続的に支援しているウガンダ共和国イシングロ地域ルヒーラ村に住む、貧困層の女子学生です。“アフリカの女の子が教育を受けて社会の役に立てるように力になりたい”と、10万円を集めてくださいました。この温かいご支援金は、ルヒーラ村の女児が寄宿舎付の中学・高校へ1年間通う資金としてミレニアム・ビレッジ・プロジェクトへ贈らせていただきます。f#factoryの皆様に改めて御礼申し上げます。


DSC_000510月24日、f#factory林様と理事長。ご寄付を頂戴しました!
☆関連ページ
f#factoryホームページ:http://f-sharp.jp/
f#factory 社会貢献活動:http://f-sharp.jp/wp/wp-content/uploads/2013/09/mpj.pdf

第20回MPJ研究会のご報告 「Discovering Burkina Faso and its International Cooperation for Development」

DSC_0573第20回MPJ研究会⑤去る9月5日、駐日ブルキナファソ大使フランソワ・ウビダ閣下ご夫妻をお招きしての第20回MPJ研究会を行いました。
今回はブルキナファソにご関心をお持ちの方々に多数お集まりいただき、和やかに会が始まりました。
まず始めに、ウビダ大使よりブルキナファソにおける開発の現状と課題についてお話しいただき、その後、MPJインターンのルミエール宗田芽理沙(当時)が、昨夏のブルキナファソにおける数学教師ボランティアの体験について話をいたしました。
ブルキナファソは、残念ながら日本ではまだあまり馴染みのない国ですが、昨今は、アフリカへの関心が少しずつ高まり、ブルキナファソで暮らす日本人がTV番組でも取り上げられるなど、認知度は上がりつつあるようです。終了後に頂いたアンケートからはブルキナファソへの理解が深まって良かった、ブルキナファソの日本と世界との関わりについて知れた、など高い評価をいただくことが出来ました。
例えば、台湾とアフリカ諸国とのパートナーシップについてに関しては、近年アフリカ諸国では中国との関係上台湾との国交を断つ国が多くあるなかで、ブルキナファソは国交を保ちながら、中国と台湾両国間の関係が向上するよう話し合いの場を設けようとしている点などに、感銘を受けました。
ご多忙のなか懇親会にもいらして下さった大使ご夫妻をはじめ、参加して頂いた皆様、大使館関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。
第20回MPJ研究会報告書(PDF)はこちらからご覧いただけます。第20回研究会報告書懇親会第20回MPJ研究会⑥

「グローバル・フェスタ2013」に出展いたしました!

DSC_0781集合写真 先にご案内しましたように、10月5日(土)と6日(日)の2日間にわたり、日比谷公園を会場に開催された「グローバル・フェスタ2013」に出展いたしました!
今年のテーマは、「見つけよう!世界とつながるあなたのトビラ」でした。
1日目は朝から霧雨が降り続けたあいにくの天気でしたが、日曜は天候に恵まれ、会場には二日間で約78,000人の方が足を運んでくださいました(「グローバル・フェスタ2013」公式HPより)。
MPJのブースでは、MPJユースの会の学生たちにも手伝っていただき、訪れてくださった皆さまにMPJの活動をご紹介したほか、活動写真の展示、またウガンダのミレニアム・ビレッジで制作されたアクセサリー等の販売を行いました。アクセサリーは、「昨年もブースで見て気に入ったので」と立ち寄ってくださる方もいらっしゃってとても好評でした。
また、ユースの会の学生はワークショップにて「今春のタンザニア視察」を報告し、こちらも好評でした。グローバルフェスタ2013徳川
さらに、会場内で行われた写真展「世界で輝く日本人」には、①8月に理事長が訪れたウガンダの首都カンパラ近郊にて、JICAシニアボランティア河村正人さんと青年海外協力隊の寺田のどかさんが活躍する姿を収めた写真と、②MPJユースの会の現副代表の徳永詩織さん(ミス東大グランプリ2012)が、ガーナのJICA青年海外協力隊員が活動する学校にて女児と楽しそうに交流する姿を収めた写真2点が展示されました。
今年も多くの方にご来場頂き、誠にありがとうございました。

①


②

第19回MPJ研究会のご報告 「アフリカ開発の現状と展望」(ジェトロ・アジア経済研究所共催)

第19回MPJ研究会②8月30日、ジェトロ・アジア経済研究所とMPJとの共催で特別講演会を開催しました。アフリカに関して博識な平野克己先生の話を聞こうと、平日夕方の開催にもかかわらず、学生、社会人合わせて21名の方が千葉のアジア経済研究所まで足を運んでくださいました。

今回は、平野先生のご著書「経済大陸アフリカ」を出席者の方にあらかじめ読んできていただいたので、ご著書の内容のポイントの概説に加え、ご本を書かれた後(13年1月刊行)先生が考えていらっしゃること、私たちが何を考えなければいけないかを中心にご講演いただき、その後、質疑応答の時間に移りました。
質問は、学生からの学問に関するものや企業で働く方のビジネスに関するものまで様々でした。例えば、アフリカの人々は日本に援助を求めているのかという往々にして問われる質問に対し、援助ではなく投資が必要とされており、中でも農業分野の開発が急がれていて世界全体の食糧生産の減少傾向から考えても安全保障上重要であると述べられていました。他にも、中国が行うアフリカ開発の評価と日本に対する評価との比較や、拠出額が減少している日本のODAでは今後どのような支援を行うべきかといった質問や、農業や医療、地域経済統合、アフリカメディアの現状などなど分野を問わず飛び交う質問に、先生は的確にわかりやすくご回答され、さらには参考文献の紹介やビジネスへのアドバイスなどフォローアップもされていました。終了時間を大幅に過ぎるほど白熱した議論が繰り広げられ、大変勉強になりました。
第19回MPJ研究会①第19回MPJ研究会報告書(PDF)はこちらからご覧いただけます。
第19回MPJ研究会報告書
なお、ジェトロ・アジア経済研究所のホームページでは、講演部分の映像が公開されています。平野先生の熱のこもったご講演を是非ご覧ください。http://www.ide.go.jp/Japanese/Dogachannel/201308_hirano.html

【ご案内】MPJユースの会「アフリカン・ナイト2013」

Attachment-1African Night 2013
MPJの学生グループ、MPJユースの会(東大生中心の学生組織)が企画する
一夜限りのアフリカ祭り「アフリカン・ナイト」をご案内いたします。

踊って、歌って、話して、食べて。 五感で浸るアフリカの魅力!
みなさま、お誘いあわせの上、ぜひ遊びにいらしてください!




「アフリカン・ナイト」実施概要
日時:10.11(Fri) 18:00-21:00
場所:六本木CUBE(東京都港区麻布台3-4-11 中央飯倉ビルB1   六本木駅より徒歩7分。または麻布十番駅より徒歩7分。
   (アクセス http://www.mp-cube.net/map.html

★Contents
アフリカ音楽の演奏
多摩美術大学ジャンベ部
東京外国語大学ブラジル研究会
アフリカ料理の提供
アフリカ写真のスライドショーetc…


★チケット(ドリンク代込み)
学生1800円
社会人2800円
☆トリオ割り☆
社会人の方は三名以上同時に予約いただくと、当日500円キャッシュバック致します!
ご予約はこちらからお願いいたします(twitter,Facebook,googleいずれかのアカウントが必要です)
africannight2013.peatix.com/view

上記のアカウントをお持ちでない方は、メールでのご予約もご利用いただけます。
1、氏名2、チケットの種類3、枚数4、イベントを知ったきっかけをご記入の上、
africannight2013@gmail.comまでご連絡ください。
こちらの返信を持ってチケット予約完了とさせていただきます。
(当日の無断キャンセルはおひかえください)


★お問い合わせ
質問等がございましたらafricannight2013@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。
MPJ Youthは、アフリカについて学び発信することを活動目的とする学生団体です。
http://mpjyouth.web.fc2.com/