ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

Blog-Archives

プレスリリース

プレスリリース
2008年5月26日

ミレニアム・プロミス・ジャパン本格始動へ
TICAD IV 参加のジェフリー・サックス教授、ユッスー・ンドール氏らが設立を祝福
5月26日(月)、特定非営利活動法人(NPO法人)「ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)」=会長・北岡伸一、東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル7F http://millenniumpromise.jp=が、サントリー美術館(東京都港区)において、設立を報告する記者会見を開催するとともに、記念のレセプションを行いました。
2534009886_95031d7158_m.jpg記者会見と記念のレセプションには、国連事務総長特別顧問としてアフリカの貧困削減問題に実践的に取り組み、米国のNPO「ミレニアム・プロミス」の共同創設者でもあるコロンビア大学のジェフリー・サックス教授、セネガル出身のグラミー賞受賞歌手で国連児童基金(ユニセフ)親善大使のユッスー・ンドール氏等がかけつけました。 同日、東京大学(東京都文京区)において開催されたシンポジウム「アフリカの貧困削減と日本の役割」=東京大学主催、朝日新聞社共催、後援:外務省、(財)日本ユニセフ協会、MPJ=では、サックス教授らが、MPJの発足を報告するとともに、日本における今後の活動に対して「ミレニアム・プロミス・ジャパン設立はきわめて大きなチャンスの到来で、アフリカの貧困を終結させるため、日本とアフリカの人々のパートナーシップを築くことを意味する」と、期待の言葉を寄せました。
MPJは、今月28日(水)~30日(金)の日程で、横浜市において開催されるTICAD IV (アフリカ開発会議)に合わせ、日本での特定非営利活動法人として登記。国連が設定したミレニアム開発目標の達成に向け、米国のミレニアム・プロミスと連携し、アフリカのミレニアム・ビレッジ支援に関する事業を本格的に開始します。2534078138_1134f9063b_m.jpg既に、キッコーマン株式会社、サントリー株式会社、ゼネラルエンジニアリング株式会社、住友商事株式会社、双日株式会社、ソニー株式会社、トヨタ自動車株式会社、三井物産株式会社、三菱商事株式会社(五十音順) 9社 などが、その活動の支援をしており、MPJへの期待の大きさを表しています。
記念のレセプションでは、福田首相からの「今後、ミレニアム・プロミス・ジャパンがアフリカン・ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに対する支援の輪を草の根レベルまで広げ、ミレニアム開発目標(MDGs)達成やアフリカを支援する動きが我が国でも更に広がることを期待しております」とのメッセージが紹介されました。また、MPJの特別顧問に就任した竹中平蔵氏、また、来賓を代表して、青木保文化庁長官らが挨拶し、アフリカ支援への取り組みへの期待の言葉を寄せました。
ミレニアム・ビレッジとは
世界で最も貧しい地域であるサハラ以南のアフリカ10カ国にわたる約80の村々に、5年という限定つきで、1) 農業、2) 基本的な健康、3) 教育、4) 電力・輸送・通信、5) 安全な飲料水と衛生設備、の5つの面から包括的な援助を行い、ビレッジ住民の自立支援を図ることで、国連ミレニアム開発目標の主要な目標の一つ、最貧困の削減に努めています。
ミレニアム・プロミスとは
2005年4月、ニューヨークにて、コロンビア大学地球研究所長であり国際連合事務総長特別顧問のジェフリー・サックス教授と、ビジネスマンで社会貢献家のレイモンド・シェンバー氏(現・国連事務総長マラリア特使)がともに設立したNPOです。ミレニアム・プロミス・ジャパンは、日本のNPO法人であり、米国のミレニアム・プロミスと連携をしていきますが、独立した日本の組織です。
ミレニアム開発目標とは
2000年9月、189カ国が一堂に会する史上最大の国家首脳会合「国連ミレニアムサミット」で採択された「ミレニアム宣言」をもとにした、21世紀の国際社会全体が共有すべき目標。貧困削減、教育、保健医療、ジェンダー、環境などについて8つの目標から構成され、明確な数値目標と、2015年という達成期限を定めています。

サックス教授のメッセージ

ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトについて
sachs.jpg

コロンビア大学地球研究所長
国連事務総長特別顧問
ジェフリー・サックス

「ミレニアム・ビレッジのアプローチは最新の科学に基づく行動計画によりアフリカの地方における貧困を削減し、2015年までにミレニアム開発目標を達成することを目的としています。
私は2005年に、ミレニアム・プロミスの共同創設者となる栄誉に恵まれました。企業や市民社会のリーダーによる貧困撲滅の同盟が結成され、包括的な地域社会主導型の経済発展の試みが促進されました。
約10億人の人々が極貧の生活を送り、日々死活問題に関わるほどの極度の経済的困難に苦しんでいます。極貧とは、1日1ドル未満で生活することと定義されることがありますが、より正確には、極貧とは十分な食べ物、基本的な保健サービス、安全な飲み水、道路・電気・通信による外の世界とのつながりを含む、基本的なニーズがきちんと満たされない状況を言います。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの戦略は、農業、保健、教育、道路、電気とインターネット・アクセスへの投資による貧困の削減です。
sachs2.jpg初期段階において、食料生産、疾病管理、通信及び貧困地域の人々の自信の面で、非常に良い結果が出ています。このような実用的かつ経済的にも実行可能な対策を実施し、貧困地域に力とリーダーシップを与えることにより、世界で最も貧しく、最も困難な地域においてさえ、極貧と戦い、勝利することは可能だということが、示されつつあります。
それだけではありません。これらの対策は、短期間に国のレベルに拡大してゆく可能性があるのです。予防接種、蚊帳の大量配布、全国的な駆虫、ビタミン補給、引換券による種と肥料の配布、ペダル式ポンプによる灌漑、学校と病院の無料化、地域の医療従事者の一斉研修等は全て、アフリカ全土で導入されつつあり、成功を収めています。
これらの投資は、平和と安全保障、貧困地域の長期的繁栄へ向けた一番の希望です。

ミレニアム・プロミスCEOからのメッセージ

2008年5月26日

ミレニアム・プロミス最高経営責任者
ジョン・マッカーサー
John_McArthur.jpg
東京でミレニアム・プロミス・ジャパンの発足をお祝いできますことを大変誇りに思います。この素晴らしい全国的なイニシアチブは、2015年までのミレニアム開発目標(MDGs)達成に向けた日本の支援に大きな弾みをもたらすでしょう。日本政府は、アフリカにおけるミレニアム・ビレッジ事業に対し、初期段階での重要な支援を提供しています。私たちはこれまでの日本の成功を祝し、今後に向けて一層の支援を呼び掛ける機会を得たことを喜ばしく思います。この取り組みを先導する上で指導力を発揮してくださった北岡伸一教授と鈴木りえこ氏に感謝申し上げます。

福田康夫総理大臣からのメッセージ

ミレニアム・プロミス・ジャパン設立に寄せて

平成20年5月26日
内閣総理大臣
福田康夫

 ミレニアム・プロミス・ジャパンの設立おめでとうございます。
 アフリカン・ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは、アフリカの経済成長にとって重要な農村開発に焦点を当てつつ、食料生産、保健衛生、水、エネルギー等の幅広い分野で支援を実施することにより、コミュニティ開発を目指すものであり、アフリカの貧困削減に向けた道筋を示す上で大きな役割を果たす可能性があります。このプロジェクトを支援し、貧困削減やアフリカ支援についての啓発活動を行うNPO法人であるミレニアム・プロミス・ジャパンの設立を、私としても大変喜ばしく思っています。本年は、明後日より始まる第4回アフリカ開発会議(TICADⅣ)や7月のG8北海道洞爺湖サミットにおいて開発・アフリカの問題が大きく取り上げられます。このようなタイミングでミレニアム・プロミス・ジャパンが設立されることは誠に時宜にかなったことであると考えます。
 アフリカン・ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは、マルチ・セクターの取り組みによる個人とコミュニティの能力強化を重視する人間の安全保障の考え方に合致するものです。こうした観点から、日本政府は、2005年からサックス・コロンビア大学教授の取り組みに賛同し、既に8ヶ国の9つの村々を対象としたプロジェクトを支援しています。そして、TICADⅣ開催の機会をとらえ、新たに4ヶ国への支援の拡大を検討しています。
今後、ミレニアム・プロミス・ジャパンがアフリカン・ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトに対する支援の輪を草の根レベルまで広げ、ミレニアム開発目標(MDGs)達成やアフリカを支援する動きが我が国でも更に広がることを期待しております。  (了)

第2回ミレニアム・プロミス・ジャパン研究会報告

20080425_DaGama.jpg講師
Louis da Gama氏 (グローバル・ヘルス・アドボケーツ、国際マラリア政策ディレクター)
テーマ
マラリアの現状とロールバック・マラリアの活動
資料: 「国際協力に取り組むNGOのマラリア対策ハンドブック」
研究会報告
マラリアは年間3-5億人の感染者を生み、100万人以上の死者を出している。
HIV/AIDSに注目が集まりがちだが、マラリアは有史以来、最多の死者を出してきた感染症。
子供や妊婦に影響を与え、農村部に暮らす診療所を訪れたことのないような人々を死に至らしめる。
欧米先進国では60年代に撲滅されたが、現在でも世界の人口の40%が感染のリスクにあり、感染例の60%がアフリカ、40%がアジアに集中する。
マラリアと戦うためにできることは2つ。
①病気を媒介する蚊の数を減らしたり、蚊と人間との接触を減らすこと
②マラリア原虫のライフサイクルを絶つこと
蚊との接触を減らすには、殺虫剤をしみこませた長期間使える蚊帳を使ったり、DDTなどの殺虫スプレーをまくことが有効だ。

2000年のマラリア・サミットで採択されたアブジャ宣言は、2010年までに達成すべき3つの目標を立てている。
①感染の恐れのある人口の60%に蚊帳を提供する
②症状が出てから24時間以内に適切な治療にアクセスできる人口を60%に増やす
③感染の危険のある妊婦の60%が予防治療を受けられるようにする
①については著しい進展があるが、②についてはアフリカの9割の地域で、アクセスが5-10%程度にとどまっている。
治療に関しては非常に大きな問題がある。
農村部ではたとえば子供がマラリアで発熱しても、女性が家事を置いて4、5時間歩いて診療所まで行かなければならない。ようやく診療所についても薬がなくて子供が死亡してしまったりする。そしてその話が村の中で広まれば、村人は診療所に行くのをやめて、代わりに伝統的な祈祷師の元に行ったり、効き目の悪いクロロキンを使ったりする。アフリカ全体にACTを広め、クロロキンと同程度の価格で利用可能にすることが必要だ。
このため、RBMは治療へのアクセス確立にフォーカスを置いている。
治療へのアクセス確立が困難なのは、アフリカでは公衆衛生システムが脆弱なこと、医療従事者の数が少ないことなどがあげられる。マラリアで死亡する子供と女性の数は下がっておらず、この問題に対処しなければ、ミレニアム開発目標(MDGs)のうち、MDG4(乳幼児死亡率の削減)、MDG5(妊産婦の健康改善)、MDG6(HIV/AIDS、マラリアなどの蔓延防止)の目標達成はありえない。
アフリカの人々が年収の25%をマラリア薬の購入に充てなくてはならない中で、どうやって貧困削減を実現できるのか?
1ドル50セントのマラリア薬を必要な時に得られなかったために赤ん坊を失ってしまったお母さんの気持ちを想像してみてほしい。
このため、われわれはG8各国にコミットメントを守るように求めている。昨年のハイリゲンダム・サミットでG8は、エイズ・結核・マラリア対策に600億ドルを拠出すると約束した。われわれは今年の議長国である日本に、この600億ドルの具体的な拠出計画を示すよう訴えている。アフリカの人々はこのお金を待っている。この資金拠出がなければ、MDGは達成できない。
マラリアは予防できるし、治療できる。人間がマラリアで死ぬ必要はない。日本が目標達成のために役割を果たしてくれることを祈っている。

NPO法人登記

ミレニアム・プロミス・ジャパンは4月23日に登記を終え、NPO法人となりました。

第1回ミレニアム・プロミス・ジャパン研究会報告

20080212_Prins.jpg講師
Gwyn Prins教授 (London School of Economics and Political Science教授)
テーマ
ケニア大統領選挙不正後のアフリカ ~ 国際社会に何ができるのか
研究会報告
■アフリカの政治腐敗
ケニア大統領選不正とそれに伴う暴動は、アフリカ連合の失敗、アフリカの影を表面化させてしまった。アパルトヘイトは10年前に終わったものの、ジャンジャウィードによるスーダンのダルフール紛争など、どうしたらアフリカの政治腐敗を終わらせることができるのか。
■アフリカの抱える構造的問題
アフリカには、政治腐敗以外にも構造的な問題があり、1. 地理、2. 天然資源(天然資源のもたらす富は腐敗と暴力の原因になる)、3. ガバナンスのまずさ、4. 紛争、という「4つの罠」がアフリカをとらえている。
■国際社会に何ができるのか
このようなアフリカの状況に対して、国際社会にできるのは、1. 援助、2. 軍事介入、3. 法・憲章、4. 通商条約の4つ。

■援助で何ができるのか
Prins教授の考える「賢い援助」は、腐敗した政府に対抗できるよう、一般の人々に力を与えるような援助を行うこと。人々に力を与える援助とは、例えば、グラミン銀行のようなマイクロ・ファイナンス、携帯電話などの通信手段、教育、蚊帳などのヘルスケアのことで、このような援助を最も効果的に行っているのは、国連でも政府でも支援団体でもなく、個人であるとPrins教授は考えている。
■教育
援助の中でも教育は特に重要で、どんなに賢い子でも、お金が無いとエリート教育は受けられない。
アフリカ人の少女が、支援による資金を得て、ハーバードに入学した。その子が資金提供者であるアメリカ人の富裕層を前にしてスピーチを行ったことがあったが、彼女は、「貧困は嫌だ。私は国を救いたい。でも支援で救うことができるのは、ひとりづつでしかない(You can help Africans one at a time)」と言って集まった人たちを泣かせた。
重要なのは、巨額のお金で援助を行うことではなく、変化を起こそうとしているアフリカの一般の人々を、腐敗した政府の干渉を受けずに、先進諸国の支援によって救い、彼らに力を与えること。この意味で、先進諸国は限界を自覚しつつ、強みを生かした援助を行う必要がある。
■「The Bottom Billion」からの引用
“Let us be clear. We cannot rescue them. The societies of the bottom billion can only be rescued from within. In every society of the bottom billion, there are people working for change, but usually they are defeated by the powerful internal forces stacked against them. We should be helping the heroes….
(「明言しておかなければならないのは、先進国が貧困国を救うことはできないということだ。最下層の10億人は、自らの力を持ってしか自らを救うことはできない。この10億人の人々の全ての社会において、変革を起こそうとしている人々がいる。しかしそのような人々は、その社会の権力者に抑圧されている。私たちはこのようなヒーローを助けなければならない・・・)
Paul Collier, The Bottom Billion, p.96

タンザニアのミレニアム・ビレッジ視察

タンザニアのミレニアム・ビレッジ(Mbola)訪問
20080214_ido.jpgミレニアム・プロミス・ジャパン会長・北岡伸一と理事長・鈴木りえこは、2月8日タンザニアのアリューシャにある蚊帳工場AtoZ(住友化学と地元企業との合弁会社)の第二工場開所式に参列しました。式典には世界中から関係者が集まり、南アフリカからもユニセフ親善大使のイボンヌ・チャカチャカ氏が参加して挨拶と魅力的な歌声を披露しました。
この工場では3,200人の雇用を生み出し、その製品Olyset(繊維に殺虫剤を染み込ませた特殊な蚊帳)は長年マラリアに悩まされてきたアフリカの人々とりわけ母親と小さな子供に安全な睡眠をもたらせてくれます。調査によるとマラリアを感染させるハマダラ蚊の活動は夜11時~夜明け頃までなのだそうです。
工場は最新式設備を整え、非常に清潔で、溌剌と働く女性たちの姿が目立ちました。ちなみにこの工場には2月の半ばに、アメリカのブッシュ大統領も視察に出かけています。
二人は、工場視察のあと、キリマンジャロから首都ダルエスサラムへ移動し、そこでタンザニアのミレニアム・ビレッジを統括するUNDPのジョージと合流。翌朝小さなプロペラ機で1時間あまりのTaboraへ向かいました。Taboraでは、ジョーソンをはじめとするUNDPスタッフ一向に迎えられ、Mbolaを中心にいくつかのミレニアム・ビレッジを訪れました。
20080214_kitaoka.jpg生憎週末でしたが、スタッフ数名と一緒に学校やクリニック、建設途中の産婦人科クリニック、蜂蜜工場、井戸などを見て周り、わざわざ集まってきてくれた村人たちに様々な質問をすることができました。一日一ドル以下の生活を強いられている村人の表情は不思議と明るく、二人を新たなエネルギーを与えてくれるようでした。彼らの家の中には、蚊帳とベッド以外に家具らしい物もありません。水道も電気もなく、台所(と言っても土を盛り上げただけのもの)では薪を炊いています。このプロジェクトの指導を受けるようになってから、薪は一日5本しか使わなくなったこと、ひまわりを育ててサンフラワーオイルを利用するようになったこと、穀物の収穫が倍増したこと、以前は濁った湧き水を汲んでいたのにきれいな井戸水が使えるようになったこと、などを話してくれました。
彼らが困っているのは、学校に設備がなく、先生たちが赴任してもすぐに退職してしまうことだそうです。Taboraの街には電気がありますが、Mbolaにはなく、子供たちは暗くなると勉強をすることができないのも悩みです。最近の彼らの小さな贅沢は、ラジオを聴きながら農作業をできるようになったことです。とは言っても、近くの町まで車で30分近くかかります。村にはロバがひく荷車はあっても車はありません。電池がなくなると気軽に買い物に行くこともできないのです。
20080214_wakimizu.jpgここで、私たちにできることは何か?と考えました。たとえば、井戸を作ること(費用は40M掘って約100万円)、日本企業と連携して太陽光発電パネルを供給すること、ボランティアの先生を派遣することなどが、できるかもしれません。
二人はMbolaの村人に熱烈歓迎を受けて、植林をしました。村の産物である蜂蜜とジャムもプレゼントされました。その美味しかったこと!
また、遠くない将来、大きくなった木を確認し、蜂蜜を味わいに出かけたいと思っています。           (鈴木りえこ)

設立総会

ミレニアム・プロミス・ジャパンの設立総会を行いました。

MPJホームページ

ミレニアム・プロミス・ジャパンのホームページを立上ました。

49 / 49« 先頭...102030...4546474849