ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:From the fields

ガーナのミレニアム・ビレジチームリーダー インタビュー(翻訳)

ガーナBonsaasoのミレニアム・ビレジ(MV) チームリーダー
Joseph Mensah-Homiah氏インタビュー(翻訳)

 

ミレニアムプロミス(MP):あなたの経歴について教えてください。

 

Joseph Mensah-Homiah(JMH):私はガーナのタマレで生まれ育ちました。地元の小学校に行き、その後ガーナのケープコーストにあるSt Augustine’s Collegeの寄宿舎に入りました。ガーナ大学で食品化学と生化学の学士号を取得した後、ニューヨーク・イタカのコーネル大学で栄養学の博士号を取得しました。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)で働き始める前の10年間は大学で開発学を教えていました。2006年にMVPで仕事を始め、現在はガーナBonsaasoのMVでチームリーダーと科学コーディネーターをしています。

 

MP:あなたの意見では、あなとのクラスターの中で目に見えるMVPの成果として、主要なものは何ですか?

 

JMH:チームで仕事を始めた当初から、油やしのバリュー・チェーン開発を指導してきました。以前は農業従事者は油やしの木を森に放置してきました。製品としての市場が無いからです。私たちは彼らを油やしの処理会社とつなげました。これにより、農業従事者はココアのオフシーズンにも収入を得ることができるようになりました。ココアは地域の主要な換金作物のひとつです。油やしは、現在ではBonsaasoクラスターにおいて、油やしは現在ではBonsaasoクラスターの農家の収入源として主要なものとなっています。

 

MP: プロジェクトの最初の5年間で直面した問題のうち、最も困難だったことは何ですか?第二段階で最も困難なことは何だと思いますか?また、あなたのチームはこの困難にどのように対応していますか?

 

JMH: 最初のフェーズで直面した問題としては小規模な不法金鉱採掘があります。クラスターの中には豊富な金その他の金属の埋蔵があります。多くの不法鉱山労働者がクラスターにこの季節移住してくらうため、クラスターの衛生・教育設備の負荷となります。地元の若者が不法採掘の仕事をしがちで農作業が人手不足になります。しかし採掘の最も大きな問題は農地や水塊を含む環境破壊です。

 

第二段階では、拠点で環境にやさしい鉱業を促進しています。これにより、クラスターの中のコミュニティーが産業を主導し、一方で鉱業を規制することができます。私たちは現在、この取組のパートナーを探しています。

 

MP:MDGsの達成以外に、今後の数年であなたがクラスターで達成したいと考えている目標は何ですか?

 

JMH: MDGsの達成以外では、コミュニティーのマインドセットを変えることです。必要最低限の生活から、自立してビジネスマインドを持つようになって欲しいです。

 

MP: MVPについて、一般の人にもっとも知って欲しいことは何ですか?

 

JMH: 私はミレニアム・ビレッジ・プロジェクトを栄養士の視点で見ています。すると、成功に最も必要なのは統合、時宜にかなっていることとシナジーになります。農村開発において、これらの特徴を持つMVPモデルは最も優れています。

 

(翻訳:ミレニアム・プロミス・ジャパン)

ウガンダレポート(インターン報告)

 今年4月から7月にかけて、MPJインターンとしてウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村に滞在された湯川真美子さんの滞在レポートをお届けします。

*****

 こんにちは。2011年4月20日~7月1日までウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのインターンシッププログラムに参加しました湯川真美子です。今回、私は約2ヶ月半の間、ウガンダ西部にあるルヒーラ村というミレニアム・ビレッジで村の女性が作るクラフト製品(バナナの皮で編んだカゴやビーズアクセサリーなど)の商品開発と商品販売企画に携わりました。

こんにちは。2011年4月20日~7月1日までウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのインターンシッププログラムに参加しました湯川真美子です。今回、私は約2ヶ月半の間、ウガンダ西部にあるルヒーラ村というミレニアム・ビレッジで村の女性が作るクラフト製品(バナナの皮で編んだカゴやビーズアクセサリーなど)の商品開発と商品販売企画に携わりました。

ルヒーラ村の近くにあるクラフト製品のトレーニングセンター兼販売所はKabuyanda イノベーションセンターと呼ばれ4年ほど前に設立されました。ここでは、①村の女性がセンターでクラフト制作のトレーニングを受け、②習得した技術をもとに各自の家でクラフト製品を作り、③その後、完成したクラフト製品を商品としてセンターに持ち込み、④センターは商品が売れると女性に売上を還元する、という仕組みをとっています。

ところが、私がセンターを訪れた際、この取り組みは様々な問題を抱えていました。
まず、ルヒーラ村の商品はウガンダの街中で旅行者向けに売られているものとは品質・デザインの多様性といった面で劣っていました。また、センターは街から車で1時間半ほど離れた場所にあり普段は村の人しかお店に訪れる機会がなく、商品の売上のほとんどを時折ルヒーラ村を視察に来る海外からの訪問客だけに頼っている状況でした。このため商品はほとんど売れず、村の女性の商品作りに対する士気は下がっていました。

良い商品なしには販売機会の広がりはないと感じ、商品の質を上げる、これがはじめに行った取り組みです。ところが『商品の質』という言葉を村の女性達と理解し合うのにとても時間がかかりました。というのも、村の女性達は海外旅行客が好むような商品をこれまで見たことがなく、商品として価値が発生する『製品の質』がどのようなものであるか想像できなかったからです。私は街中から旅行客が好む商品を買っては女性達に見せ、その商品のどこが優れているのか、どのような商品が売れるのかを何回も話し合いました。

ただ、彼女達も私と同じ女性。女性が美しく見えるアクセサリーを作ることの楽しさはやはり各国共通のようで、毎週2回行われるトレーニングにみんな意欲的に参加し、トレーニングの時間が終わっても熱心にアクセサリー作りを続ける若い女性も現れ始めました。また、今回、村から近い街に住みビーズアクセサリー作りを趣味とする女性を村の女性のトレーナーとして迎え入れ、私の帰国後も継続してトレーニングの実施が可能な体制を整えました。

今回の滞在期間は、商品開発に集中して商品販売企画を実践するまでには至りませんでしたが、今後、商品の質がますます上がり、海外旅行客向けに製品販売を拡大する計画が実施されることを応援しています。

ウガンダレポート(インターン報告)

 今年4月から7月にかけて、MPJインターンとしてウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村に滞在された湯川真美子さんの滞在レポートをお届けします。
*****
 こんにちは。2011年4月20日~7月1日までウガンダ共和国のミレニアム・ビレッジ・プロジェクトのインターンシッププログラムに参加しました湯川真美子です。今回、私は約2ヶ月半の間、ウガンダ西部にあるルヒーラ村というミレニアム・ビレッジで村の女性が作るクラフト製品(バナナの皮で編んだカゴやビーズアクセサリーなど)の商品開発と商品販売企画に携わりました。
村の女性と商品開発について打ち合わせ.jpg ルヒーラ村の中心部1.jpg ルヒーラ村の中心部2.jpg
【写真】村の女性たちとお話をする湯川さん(左写真・向って右側)、ルヒーラ村の中心部(中央・右写真)

続きを読む

マリ視察のご報告

ミルクの調査.jpg 2011年2月初旬に多田自然農場代表の多田克彦氏とMPJ理事長・鈴木りえこが、マリのミレニアム・ビレッジ、Tibyを視察いたしました。
 視察の目的は、MPJのグローバル・アライアンスであるニューヨークのミレニアム・プロミスの依頼により、「Tibyで捨てているミルクを有効活用するため、どのような支援が可能か調査する」というものでした。
 現地では、TibyのチームリーダであるBocary Kaya博士のご案内で、Tibyの農業組合に加盟する農夫の方々とディスカッションし、現地のミルクセンターや農場、シアバター工場などを視察しました。地元の農夫の方々からは、多田氏に対して多くの真剣な質問がなされ、彼らの熱意を実感いたしました。
 西アフリカのミレニアム・ビレッジを統括するMDGsセンター@バマコのトップであるAmadou Niang博士から、「マリ、セネガル、ナイジェリアのミレニアム・ビレッジの農夫たちを日本の多田自然農場へ招聘して技術を教えて欲しい」という依頼を受け、今年中にその方向で検討中です。
【写真】セグー州にあるミルクセンターで農夫が持ち込んだミルクを分析する担当者
MVP看板.jpgMVPオフィス2.jpgセグー州の知事室.jpgミレニアムビレッジ・Segou.jpg多田さんと農夫たち.JPGKaya博士とビレッジ.jpg5人の軍人さん.jpg市場.jpgバマコの新婦.jpg
【写真】上段:左から、ミレニアム・ビレッジ・オフィスの看板、オフィスビル、セグー州知事室
    中段:左から、ミレニアム・ビレッジ Tibyの風景、農業組合の方々と討論、Kaya博士と酪農家と多田氏、
    下段:左から、セグー州で警護にあたってくれた軍人さん、バマコの市場、バマコの花嫁

川田大使ご夫妻.jpg また、マリでは駐マリ共和国日本大使である川田正博大使ご夫妻、JICAコーディネータ加藤さまに非常に親切にしていただきました。マリにおける今後の活動に関して、さまざまなご助言をいただき、改めてお礼を申し上げます。一方、JICA海外青年協力隊員の皆さまとも意見交換の場を設けていただき、多田氏から若い協力隊員の方々へ実践的なアドバイスが行われました。

【写真】川田大使ご夫妻と

 

ナオミさんのニューヨークMP掲載ブログNo2

ナオミさんと市場.JPG

ミレニアム・プロミス・ジャパン:
スポーツを通して日本とウガンダの児童をつなぐ


 MPJインターン生ナオミ・ウィリアムズさんがウガンダで活動した報告書No2が、ニューヨークのミレニアム・プロミスのホームページ上に掲載されました。以下はその翻訳です。

【写真】Mbararaの市場にて

* * * * *

 アミティエ・スポーツ・クラブ(代表・赤尾修氏、以下、アミティエと略す)という関西のNPO法人は「言葉を使わずともスポーツを通して通じ合える」という思いのもとに2002年に設立され、健康の促進と異文化理解を実現して世界の平和のために活動しています。
 ミレニアム・プロミス・ジャパンの視察団はアミティエの赤尾代表らとともに、このスポーツクラブが、近々再建することになったウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村にあるリアミヨンガ(Ryamiyonga)小学校を訪れました。約6,000人のメンバー(主に小学生)を擁するアミティエでは、一人毎月1ドルを集め、年間720万円の寄付を目標にしてルヒーラ村に小学校を建てようということになったのです。アミティエでは、このような寄附を毎年行いたいと考えています。
小学校で日本の歌を教えるナオミさん.jpg 日本の歌を歌う小学生.JPG一行がリアミヨンガに到着すると、現地の4年生の子供たちが日本の歌を日本語で歌って(アフリカのリズムになっているんです)迎えてくれました。日本から来たアミティエの方々はその子供たちのきれいな日本語に驚きを隠せません。教育セクターを担当するフランシスさんは「この子たちはとても賢いんです。何でもすぐ覚えますし、ビレッジの外の世界をものすごく知りたがっています。」と話してくれました。

【写真】ナオミさんの指導で日本の歌を歌うルヒーラの小学生たち

赤尾さんと竹ノ内さん.JPG サッカー.jpg縄跳び.JPG
アミティエのロゴが入ったサッカーボールと縄跳びを子供たちに寄贈した後、記念撮影を済ませ、新校舎と教育施設を建設するための話し合いを行いました。リアミヨンガはこれまでもミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの支援を受けてきましたが、さらに4年生の教室を倍増させたり、校長室や厨房倉庫を作ったりと、やらなければならないことがまだまだ沢山あります。

【写真】左から、アミティエのサッカーボールを寄贈する赤尾代表と竹之内さん、サッカーを楽しむ子供たち、縄跳びに挑戦する少女たち

 
給食2.JPG アミティエのビジョンは、「通じ合う」というテーマを持って学校を寄附することにだけではありません。アミティエが本当に実践したいのは、日本の子供たちとアフリカの子供たちの絆を深めることなのです。実際、学校を訪問した後には、お互いにさらに親交を深めて学びあうために夏の交換留学プログラムを実施しようとか、ビデオやSkypeを使った会議を開催しようなど、さまざまな形で付き合いを深めるアイデアが出ていました。

【写真】小学校で給食をごちそうになりました!

本田さん.JPG「『星のような子供たち』という言葉が心に浮かびました」と本田民樹さんは後で語ってくれました。「子供たちが50セントの縄跳びに大はしゃぎする姿を見ると、日本の子供たちが大切なものを見直し、目の前の現実を見ることがどんなに大切かを真剣に考えさせられます。」日本は幸運にも文化的アイデンティティーを保ちつつ近代化に成功しました。これはもちろん大いに誇れることなのですが、一方で、閉じこもった島国的な考えに偏る傾向にもなっていて、最新の科学技術の恩恵を受けているにもかかわらず、グローバルな視点という観点では、まだ成長途上にあると思います。アミティエやミレニアム・プロミス・ジャパンは、世界の現状を伝え、日本の若い世代が創造的に考える機会を提供するよい組織なのだと思います。
「スポーツは本当に素晴らしいと思います。言葉の壁を越え、地球の反対側と簡単に通じ合えるようになれるのですから。」と本田さんは言います。このようなつながりによって、国連ミレニアム開発目標(MDGs)の8つめの目標「開発のためのグローバル・パートナーシップの推進」を達成することが出来るのだと思います。急に、日本が遠い国とは思えなくなりました。

【写真】サッカーの後は「同じ釜の飯」で仲良く! 本田民樹さん