ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:From the fields

(日本語) ガーナだより 6 ボンサソから~

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) セネガルだより 5  Potouから~

○日本では当たり前のインフラの大切さ

この村では毎週月曜日と火曜日に、5Km離れた2つの場所で大きなマーケットが開かれます。ここで村でとれる野菜などの作物や、村の外からくるいろいろな製品が売買されています。日本ではすでにたくさんのモノに囲まれていてなかなか感じませんでしたが、これらの交換を通してひとびとの生活水準は向上していきます。その意味でマーケットはそれ自体が大切なインフラです。そしてそれを支える物流、そのための道路も大切なインフラです。砂地で歩くのと比べると、舗装された道路で歩くことはなんと楽であることか。これも、この1か月で実感しました。インフラがより整えば、もっと多くのひとびとが貧困から抜け出せるのではないでしょうか。

 

【ビサップ(乾燥したハイビスカスー飲用に供する)を扱う商人】

 

 

○村で感じた、ひとのつながりの大切さ

ここでの1か月の滞在のなかで、プロジェクトチームの仲間たちには助けてもらうことばかりでした。日本からきた私を温かく迎え入れてくれ、活動上でも生活上でもいろいろと支えてくれました。またチームのメンバーだけでなく村人たちも、突然訪れた私に「食事をしていけ」と言って招き入れてくれたりしました。味をつけたご飯に魚や野菜を入れたものがセネガルの典型的な料理で、「チェブジェン」といいます。(「チェブ」はご飯、「ジェン」は魚の意味です。)日本でも「同じ釜の飯を食べる」といいますが、1枚の皿に盛りつけた「チェブジェン」をみんなで食べます。私はこの「チェブジェン」が大好きになりました。そして、チームの仲間やこの村のひとびとの温かいこころに触れ続けた1か月でした。

 

【みんなで食べる「チェブジェン」】

 

【ポトゥーのプロジェクトチームの仲間たち】

 

○セネガルを包む、助け合うこころの大切さ

ポトゥーを後にし、一路300km離れたダカールまで同僚が自分の車で送ってくれるといいます。しかし、運悪く途中で故障。すると周囲からひとが集まってきて、修理を手伝ってくれたり、食事(「チェブジェン」!)を出してくれたり・・・。セネガルではこれが当り前なのだそうです。困っているひとがいれば助けるのは「お互いさま」ということなのでしょう。運良く、またとない経験をすることができました。そしてまたあらためて、助け合いのこころが生きているセネガルを感じることができました。

ジェレジェフ!(ウォロフ語)

アジャラマー!(プラー語)

ありがとう!

 

【自動車が故障して修理&食事中】

 

(日本語) セネガルだより 4  Potouから~

Sorry, this entry is only available in 日本語.

セネガルだより 3  Potouから~

現在セネガルを訪問中の伊藤より最新のレポートをお伝えいたします。
○パンアフリカユースリーダーシップサミット視察がポトゥーへ
全アフリカ諸国から若者がダカールに集まり「第4回パンアフリカユースリーダーシップサミット」が開かれ、200名を超える視察団がポトゥーのミレニアムビレッジを訪れました。テレビ取材も同行し、このイベントの重要性が伺われます。
視察団はまず県庁のとなりにある町でいちばん大きなホールに到着後、MDGセンター長とポトゥーのプロジェクトリーダーから説明を受けました。アフリカ大陸全体のさまざまな国から集まっていますので、英語とフランス語で進められていきます。ここで、アフリカ大陸10か国の80の村で実施されてきているミレニアムビレッジプロジェクトの概要と、ここポトゥーのプロジェクトについての紹介がありました。そして、事前に予備知識をインプットしていよいよポトゥーの現場へ向かいます。

【全アフリカからミレニアムビレッジ視察に訪れた若者たち】

【全アフリカからミレニアムビレッジ視察に訪れた若者たち】

【いよいよプロジェクトの現場へ200名超の若者が向かう】

【いよいよプロジェクトの現場へ200名超の若者が向かう】

【診療所で説明に聞き入る若者たち】

【診療所で説明に聞き入る若者たち】


○プロジェクトの現場を体感する若者たち
現場の診療所に着くと、より具体的な説明が始まりました。まず村の状況やプロジェクトの経緯について村長や視察団のリーダーも交えて話し出すと、参加者のヤングリーダーたちは熱心に耳を傾けていました。続けて、コミュニティーの保健医療の担当者が登場し、専用のリュックサックから応急用の常備薬や検査キットなどを取り出し、ひとつひとつを解説していきます。
そして質問のコーナーが始まるとみな一斉に手をあげ、ひとり一問という制限にもかかわらずなかなか終わることはありませんでした。未来を担うリーダーたちの姿を見たような気がします。彼らがそれぞれの国にミレニアムビレッジプロジェクトの現場の知恵を持ち帰り、アフリカ大陸全体でプロジェクトの精神が引き継がれていけば、これほど意義深いことはありません。
【リュックサックにまとめられた応急セット】

【リュックサックにまとめられた応急セット】

○ミレニアムビレッジプロジェクトの重要性を再確認
このようすはこちらのメディアでも報道されました。アフリカ大陸全体から視察に訪れるという、それだけ大きなイベントだったのです。それはとりもなおさずミレニアムビレッジというプロジェクト自体が、広くアフリカ全体のモデルとなりうる試みであり注目されている活動であるからに他なりません。ミレニアムビレッジの実践が継続し、また広がっていくことの重要性をあらためて認識しました。

セネガルだより 2  Potouから~

セネガルの伊藤です。Potouにあるミレニアム・ビレッジ(MV)の現場をお伝えいたします。
○Young Girls’ Networkの現金収入向上活動
ポトゥーは全体で約3万人の人口を擁するセネガルのミレニアムビレッジです。ここでは村の女性たちが主体となって協同組合をつくり、①石鹸づくり、②衣装縫製請け負い、③改良かまどづくりを行い、それらの販売活動を通して現金収入向上に取り組んできました。しかし、活動の継続には越えなければいけないいくつかの課題もあるようです
①石鹸づくり
衛生を保つためにだれもが必要とする石鹸。需要も大きいので、作れば売れます。作業場所は村役場から借りていますが、いつでも場所を確保できるわけではないのがボトルネックになっています。倉庫には、石鹸づくりのための道具や材料が出番を待っていました。

石鹸づくりの道具、材料

石鹸づくりの道具、材料

②衣装縫製請け負い
セネガルでは民族衣装をテーラーでつくってもらったりしますが、この女性たちのグループも衣装の縫製を請け負っています。注文さえあれば利益を出し、さらに大きな活動にしていけます。付加価値を高め受注を増やしていくためにデザインやマーケティングを洗練していく段階にきているのかもしれません。
③改良かまどづくり・販売
三点式かまど(脚が3つだけなので熱が外に漏れる)よりも効率のよい写真のようなかまどをつくっています。これを使えば少ない薪木や木炭で調理ができ、燃料の節約や自然保護にもつながります。ただし製作に適した砂は少し離れた場所から運んでこなければなりません。材料輸送も活動継続のポイントです。

改良かまど(左:木炭用、右:薪木用)

改良かまど(左:木炭用、右:薪木用)

○活動の継続・現地化に向けて
このように活動のひとつひとつの局面では障害にぶつかることもあるでしょう。ただ注目したいのは、ミレニアムビレッジにはいまや協同組合という自分たちでお互いに助け合う仕組みがあるということです。MGDセンターのサステナビリティー担当者は、プロジェクトを継続していくためのいちばん大切なカギは現場の意見を聞くことだと言っていました。私も、現場の主体性こそが活動を継続する力の源泉であることを感じています。
農業分野でも5人から10人を1グループとする協同組合があり、自給自足農業の段階ではこの相互扶助型の組合がうまく働いてきたといいます。農作物の販売を目的とした商業的な農業に移行していくに伴って、拡大再生産の循環にのせることも考えられます。そのときにはマイクロクレジットの仕組みも役に立つでしょう。これもまた自助のひとつのかたちです。
また、サステナビリティー担当者は保健分野での健康保険組合の構想も聞かせてくれました。診療所での保健サービス費を受診者と組合と政府の負担で支えていこうとするものです。現地のコミュニティー全体で活動を維持していこうとするこの仕組みも継続可能な方法です。

ポトゥーのミレニアムビレッジがプロジェクトの継続に向けて、みんなの知恵と力を集めながら前進しているのを感じることができました。

【ポトゥーにあるマイクロクレジット機関】

【ポトゥーにあるマイクロクレジット機関】