ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:Activity report

MPJユースのマラウイ研修報告(1)

ネットボール試合 3月2日から16日まで、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)・ユースの会(メンバー約60名)のうち10名が、アフリカのマラウイ共和国を訪問し、MPJ事務所からは理事長・鈴木りえこと事務局長・伊藤正芳が同行いたしました。一足早く11日に帰国した鈴木より、第一弾の報告をいたします。(写真左はMwandamaの女子小学生らとネットボール試合を行うMPJユースの女子大生たち)

西岡大使と中富参事官 3月3日にマラウイの首都・リロングウェに到着し、翌日4日には在マラウイ日本大使館を表敬訪問。マラウイのチャポンダ外務大臣が国連防災世界会議で来日される直前のため準備でお忙しい西岡周一郎大使にもご挨拶をさせていただき、中富久参事官からは3時間半にわたって、マラウイの現状やご本人のこれまでのご経験など貴重なお話をいただきました。
 参事官のお話では、マラウイは隣接する南アフリカ共和国がアパルトヘイト政策を実施していた期間にも南アフリカと交流を保っていたり、長年台湾と外交関係を維持していたりしたことなど、最近まで他のアフリカ諸国の中では比較的独自の路線を進んでいたことをはじめ、数年前に為替クワチャをドルに対して流動制としたため、それ以降、貨幣の価値が下がったことも原因して、現在では一人当たりのGNIが270米ドルと世界最低国のひとつになっていること、ただし、国民一人一人の生活は平和でのんびりとしていてあまり最貧生活を想像させないこと、また、毎年起こる洪水に対してなかなか政府が対応策をとれないでいること、など興味深いお話を聞かせていただきました。

教師のモデル授業風景 翌5日は、JICAマラウイ事務所を訪れ、徳橋和彦所長のお話、教育、農業部門等の担当の方々のお話を伺ってから、JICAの現地活動現場を訪れました。日本の一村一品運動を倣って地元産業を興そうと努力しているOVOP事務所では現地の所長や日本の専門員の方々のお話しをいただいた後、OVOPショップでの現地生産品、バオバブオイル、蜂蜜、モリンガ石鹸、バナナワイン等をショッピングし、市内の学校で行われている教師の研修会などにも参加させていただきました(写真左)。夜にはJICAや大使館の皆様と夕食を共にいただき、リラックスした雰囲気の中で多岐にわたるお話を伺うことができました。
 
お醤油寄贈(グムリラ村Director Dr. Kang) 翌6日、ユースのメンバーが地元で麻薬防止などの活動を行うNGOを視察している間、MPJ事務所の鈴木と伊藤は、首都リロングウェから100キロほど離れたミレニアム・ビレッジGumuliraを訪問しました。Gumuliraは2年ほど前からミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの支援から独立して、現在は韓国のキリスト教団体Merry Year Internationalが運営しています。チームリーダは韓国人歯科医のDr Kangで、キッコーマン株式会社からご寄贈いただいたお醤油をおみやげにお渡しすると「これが一番うれしい贈り物!」と感激してくださいました。お醤油はもちろん和食が今後アフリカでも需要が高まることと確信いたしました。
 マイクロクレジットや農業などそれぞれのチームリーダーからプロジェクトの進捗情報を説明していただいた後、現場を視察して、私たちもスタッフと一緒に昼食に招いていただきました。毎日、現地スタッフ40名と食堂に集まり、フォーク、ナイフ、箸などを使わず手でシマというとうもろこしの粉でできた現地の主食を食べられているDr Kangは、現地シェフにお醤油を渡して「明日からみんなへの料理にも活用するように」とおっしゃっていました。スタッフは韓国人が9名ほどいて、ランチの時間は彼らが現地スタッフへ食事を給仕し、敷地内で寝泊りもしているそうです。

皇后陛下の翻訳本を寄贈2 週末の7日から週明け9日にかけては、リロングウェから車で6時間ほど南下したゾンバ州にあるミレニアム・ビレッジ、Mwandamaにて、MPJユースのメンバーと再合流しました。プロジェクトのコミュニティ・コーディネーターのジョゼフが週末にも関わらず、スタッフや地元のAgnes小学校の校長先生以下生徒、家族を一同に集めて下さいました。Agnes小学校では皇后陛下が英訳なさった日本の詩集「にじ」と「けしゴム」を寄贈し、その後開催された小学校チームとのサッカー試合ではMPJユースの女子5名も参加して、自称「皇后杯」と称し全員全力でがんばりました。けれども、残念ながら2対1で負けてしまいました。その後、女子だけでネットボールの試合を行い、こちらはMPJチームに参加してくれたジョゼフのお嬢さんの活躍もあり、見事勝利しました!(冒頭写真)

サッカー試合前 夜はMPJユースの各メンバーがMwandama村にてそれぞれの家庭に2晩泊めていただき、皆さん歓待していただき電気も水もない環境ながら一生の思い出となる経験をいたしました。家庭滞在(小野さん) 


 MPJユースを泊めて下さった家庭には、信越化学工業からご寄贈いただいたシリコンカップ、トートバック、ラップをお渡ししたところ、皆さん非常に珍しがって大喜びしてくださいました。実は、マラウイのミレニアム・ビレッジ・プロジェクトは他国の進捗状況に比較すると国民性も関係してか少々遅れているようなので、チームリーダーのダウディ博士(元マラウイ農業省の官僚トップ)の指揮下、週末も働くことをいとわず、ミレニアム開発目標達成のために一丸となって努力しているというお話でした。達成期限の年末まで残すところ8か月あまりとなってしまいましたが、チームと村の皆さんの努力はひしひしと感じることができました。

 また、今年1月半ばに起こったマラウイの大洪水ではムタリカ大統領が初めて災害宣言を行い、建国以来の非常事態として現在も収束を予測できない状況になっているということを西岡大使をはじめ、WFPマラウイ事務所の牛山ココ所長から伺いました。3月初めの統計によると、マラウイ全28県中15県、108名が死亡、172名が行方不明、被災者数64万8000人以上、国内避難民が17万4000人以上です。日本政府からの支援はすでに行われているそうですが、日本のNGOはまだ活動を開始していないため、私たちの支援活動も期待されています。そこで、MPJも微力ながらなんとか支援活動を開始できるよう準備を行っています。

信越化学さまからのご寄贈品贈呈 MPJユースのマラウイ研修におみやげとして自社製品をご寄贈くださったキッコーマン株式会社と信越化学工業株式会社、お世話をいただいたマラウイの皆さまには心からお礼を申し上げます。

「MPJアフリカ留学生奨学金」制度を設立いたします!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)は、「MPJアフリカ留学生奨学金」制度を設立いたします。この奨学金制度の主旨は、日本で学ぶアフリカの若い留学生への支援を通じて、日本とアフリカの人々の交流・相互理解促進を図ることです。まずは、年2名を上限として採用し、1か月あたり2万円(2年以内)を給付いたします。3月から4月末にかけ応募を受け付け、5月に審査を行い、6月より給付を開始いたします。その後、改めて採用人数、金額等を検討してまいります。

応募資格は、(a)アフリカ諸国に国籍を有する、(b)応募時に日本国内に居住、(c)日本の大学・大学院(学部、修士、博士)に留学中の学生、かつ、(d)原則として、30歳以下、(e)大学等から推薦可能、(f)MPJの国際交流活動(原則として都内での開催を想定)に参加または協力可能な人で、他の奨学金との併給は可能です(ただし、選考時にはその必要性を考慮します)。

審査は書類審査と面接審査の2段階(すべて英語)で、学力、人物等を総合的に判断いたします。まずは、4月末までにMPJ事務所必着で、所定の申込書、在学証明書、推薦状1通以上、エッセイ、過去の学力証明書をお送りいただくことになります。

みなさまのまわりに、この奨学金を必要とするアフリカからの留学生がいらっしゃいましたら、ぜひ下記のウェブサイトをお知らせください。
■ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ) ウェブサイト
 http://millenniumpromise.jp/scholarship
■奨学金情報サイト「JAPAN STUDY SUPPORT」
 日本語版:http://www.jpss.jp/ja/scholarship/800/
 英語版:http://www.jpss.jp/en/scholarship/800/

MPJが支援しているウガンダの女児が看護師デビューしました!

MPJでは、才能がありながら経済的理由により進学が困難な貧困家庭の女の子を支援するため、2009年より中等教育(中学・高校)6年間の奨学金を支援しています。これまでの6年間に、ウガンダのルヒーラ・ミレニアム・ビレッジ出身の21名の女の子を支援してきました。
そのうち、中学校卒業後に看護学校へ進んだミリアとドリーンの2人が、2014年中に学科と研修を終え、このほど看護師として働き始めました!!



ドリーン地元Kabuyandaの町のクリニックで働くドリーンは、子どもの頃にマラリアを患ってミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)のクリニックで治療を受けて以来、医療の仕事で人の役に立ちたいという夢をもっていました。て中学校への進学をあきらめていたのですが、MPJの支援により勉強を続け、夢を実現させたドリーンは、女児教育の大切さについて次のように語っています。
「女の子が教育を受けることは、コミュニティにとって大切なことです。家族の世話をするのは女性ですから、女の子が教育を受ければ、病気の拡大を抑えることができます」
(写真上:看護学校の制服を着たミリアと、MVP教育担当スタッフ)


ミリア一方のミリアは、現在ルヒーラ・ミレニアム・ビレッジを離れ、隣地区にあるKazoという町のクリニックに勤めています。ミリアの家庭は、父親が病気のた め、母親が小作農で生計を立てており、4人兄弟の末っ子のミリアは奨学金がなければ小学校卒業後は勉強を続けることができなかったと言います。在学中に、「将来は健康の問題を抱える人々を助け、HIV/AIDSや他の病気の啓発をしたい」と語ったように、立派な看護師になってくれることでしょう。
(写真下:ピンクのナース服を着たミリア。MPJ支援女児ハッピーとMVP教育ファシリテーターと一緒に)

彼女たちが私たちの手を離れて巣立っていくのは、とてもうれしいことです。これまで学んだことを活かして、それぞれの地域の人びとのために力を尽くしてもらいたいと思います。
ミリア、ドリーン、就職おめでとう!!

大阪市榎本地域のみなさまからのご寄付がガーナの青年に届きました!

Richard君_20141211_135156_trim大阪市鶴見区榎本地域のみなさまからアフリカの貧困削減のために役立ててほしいとのご意志のもとMPJがお預かりしておりましたご寄付14,335円が、ガーナで貧困に窮し勉学の道を絶たれようとしていた青年の手に届きました。

いただいたご寄付は、ガーナ・Bonsaasoのミレニアム・ビレッジ・プロジェクト・チームを通じて、BonsaasoにあるMansoman高校の最終学年で勉強するRichard Acheampong君に手渡されました。(写真の右側がRichard君、左がチーム内で教育分野を担当しているCharles Akomaning-Mensah氏です。)

彼は、両親が学費を支払えなくなったことから危うく退学というところ、榎本地域のみなさまのご寄付によって最後まで勉強を続けられることになります。そのことを本人もとても喜んでいて、いまは最終試験に向け猛勉強中、卒業は間違いないだろうとのことです。

もともとこのご寄付は、昨年2014年5月31日に行われた大阪市立榎本小学校の児童たちによるイベントの際に寄せられたものです。このイベントは昨年のサッカーW杯に合わせ企画され、各家庭から持ち寄った白黒2色の雨傘をつかって、大きなサッカーボールの地上絵をつくるというもので、各紙でも報道されました。そこで集まったお金が、W杯出場国のひとつであったガーナに送られることになったのです。

日本と同様に、サッカーはアフリカの子供たちにも人気のスポーツです。アフリカの子供たちは、たとえサッカーボールが手に入らなくてもビニール袋を上手にまるめてボールをつくり、裸足で走り回って、丸太棒を組み合わせただけのゴールにシュートをする、そんなサッカーに小さいころから慣れ親しんでいます。

今回、榎本小学校の「サッカーボール」は、日本から遠く離れたガーナに生きる、勉強を続けたいひとりの若者の将来にパスされました。お預かりいたしましたご寄付全額14,335円は、ほぼ400ガーナ・セディに相当し、1年分の学費に相当します。榎本小学校のみなさんが持ち寄った傘が、ガーナのRichard君の人生を守る傘になりました。

そして私たちMPJは、こんなふうに世界がつながっているんだと知っていただくことで、世界に目を向ける子供たちが増えてくれればとも思っています。大阪市鶴見区榎本地域のみなさま、この度は本当にありがとうございました!

MPJユースの2名が明星中学校にて講演を行いました!

明星中学校講堂講演するユースこんにちは!
MPJユースの会の味志優と申します!
先日12月11日、ご縁があって明星中学校にお招きいただき、同じくMPJユースの会の小林夏美と講演会を行いましたので今回はその報告をさせていただきます。


今回の講演会で僕たちが目標にしたことは、
「中学生にアフリカを身近に、そして人生の選択肢の一つとして考えてもらうこと」
ということです。

というのも、僕自身もそうだったのですが、中学生としては、
単に「貧困」「紛争」「エイズ」と問題の現状を言われたとしても、
それを現実感をもって受け止めたり、
あるいは、「それに関わってみたい」と考えたりすることは、
なかなか難しいだろうと思ったのです。
「アフリカに関わっている東京大学の学生」とは、さしずめ彼らからすれば
「違う惑星で巨悪と戦っている宇宙人」のようなものであろう、と考えていました。

3そのような漠然としたイメージをもって
アフリカやNGOを捉えてもらうことだけは避けたい、と考えたのです。
つまり、「今後の選択次第では、自分自身もアフリカに関わる可能性は十分にある」
と、明星中学校のみなさんに感じてもらおうと計画しました。

そのため、講演会の内容は「僕たちがどのような経緯でアフリカに関わるに至ったのか」ということを重点的に扱いました。
味志さんと小林さん僕たちそれぞれの人生を中学生時代からさかのぼり、
どのような変化を経て、今の自分があるのかを簡単にお話させていただきました。
僕自身も小林も、中学校時代には、
将来の自分がアフリカに関わるとは露にも思いはしませんでしたが、
そうした二人が大学に入り、20歳を前にして
アフリカに渡航するまでの経緯を紹介しました。

講演会後には、時間内では終わらないほどたくさんのご質問・ご意見をいただきました。
その中には、アフリカの食事や、家、人々の体型などに関わるものから、
「東大には地域を専攻できる課程はあるのか」といったものもありました。
また「これからアフリカに行って人々と友達になってみたい」
というご意見もいただき、壇上ながら喜びを隠せませんでした。

今回の講演会が、
「アフリカって、やろうと思えば関われるところなんだな」とか、
もっと言えば、「人生の選択肢として少し考えてみようかな」という風に
明星中学校のみなさまに思っていただけるきっかけとなれば幸いです。
明星中学校の先生方、そして生徒のみなさん、どうもありがとうございました!


                                 MPJユースの会
                                    味志 優