ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:Activity report

【ご報告】MPJ Youth ウガンダ研修報告会を開催しました

__6月28日、MPJ Youthは文京区シビックセンターにて「これからの開発援助の話をしよう~アフリカ・ルヒーラ村の現場から~」(ご案内ページ参照)と題するイベントを開きました。

この会の主旨は、MPJ Youthの学生12名と社会人1名で春休みを利用しウガンダに研修に行き、ミレニアム・ビレッジ※のルヒーラ村にてホームステイした経験の中で、開発援助の効果、開発援助の限界について感じたことを共有し、その上で参加者全員で本当に有効な開発援助プロジェクトを考える、というものです。ちなみに、この研修にはMPJ理事長の鈴木りえこも一部参加し、MPJが支援している女児の家(年収300ドル)に宿泊しました。

※ミレニアム・ビレッジとは
国連開発計画(UNDP)や国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)、コロンビア大学地球研究所とNGO法人ミレニアム・プロミスによる大規模開発支援の現場。現在はサハラ以南のアフリカ地域 10ヶ国にある約80の村を指定し、MDGs達成と極度の貧困の解消を目指している。

報告会のプログラムは
・ウガンダ研修で何をしたのか
・ルヒーラ村ではどういった援助がなされどういった効果があったのか
・それぞれの視点からみたルヒーラ村
・理想の開発援助を考えるディスカッション
という流れで行われ、
当日は大学生を中心に約60名の方に参加していただき、大盛会となりました。報告会では活発なディスカッションが行われ、8つの班それぞれが開発援助に対する斬新なアイディアを提案してくれました。

例えば持続性のある開発を目指す援助を行うには、どういう工夫をすればいいのか。この難題に関しても、各班から、「撤退する基準を明確にする」、「援助を条件付きで有償にする」、「村人からなる協議会をつくり、援助はそこで話し合われた内容に対して行う」などといった多くの意見が出されました。

ウガンダに足を運んだ学生の「素朴な実感」から始まった今回のイベント。このイベントが、参加者の皆様が開発援助について再考するきっかけとなったり、将来開発援助に何らかの形で関わる際のヒントとなれば幸いです。



MPJユースの会
佐野 由梨

(MPJ Youthのホームページ http://mpjyouth.web.fc2.com/index.html
(本イベントのFacebookページ
 https://www.facebook.com/events/729524567105755/ )









フィリピン・レイテ島タバンゴ町の小学校復興事業が完了しました!

フィリピン報告4_完成した教室2014年5月、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、フィリピン・レイテ島の北西部タバンゴ町にあるハイエン台風により全壊した公立小学校6校(Colonia, Inangatan, Kawayan, Tabango Central, Tabayla, Tahad)を対象に、仮設教室の建設を実施しました。

今年2月の現地視察(http://millenniumpromise.jp/archives/6288)を経て、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成金をいただき、MPJの災害復興支援事業の一環として、国際的支援から取り残されていた小さな町「タバンゴ町」への復興活動を実現することができました。

フィリピン報告1_水牛で資材MPJからは赤坂友紀と江藤誠一(MPJ技術顧問)が現地に出向き、赤坂は立ち上げから完成まで事業を監督いたしました。教育責任者、校長、PTA、町役場建設課の皆さまをはじめ学校に関わる沢山の方々とともに、MPJにて建設委員会を立ち上げ、細部にわたって相互に協力しながら推進することができました。町役場の建設課、各校校長の皆さまがボランティアで現場監督などを行ってくださったことにより、思いがけず予定より多くの校数を建設でき、町の皆様からも大変感謝していただきました。実は、タバンゴ町周辺は第二次世界大戦の激戦地でもあり、歴史的に日本へのわだかまりも残っているようですが、和気あいあいとお互いにアイデアを出しながらプロジェクトを進めることができ、わずかながら比日間の友好にも貢献できたことを願っております。

建設地の中には、雨が降ったら3日ほど交通が遮断されてしまうような僻地もありましたが、トラックが入ることができない3キロの道のりを水牛と人が資材を運ぶなど、日本では想像できないような作業も地元皆さまのご協力でスムーズに進めることができました。仮設教室という名称ですが、現地ではセミ・パーマネント(半永久)と呼んでくださり、今後も愛着をもって大切に利用して頂けることを願っています。

完成した仮設教室で学ぶ子どもたち

完成した仮設教室で学ぶ子どもたち

地元の校長先生方に囲まれて

地元の校長先生方に囲まれて

タバンゴ町長Remandaban氏(左)から感謝状を手渡される理事長の鈴木

タバンゴ町長Remandaban氏(左)から感謝状を手渡される理事長の鈴木

Kawayanに掲げられた江藤・赤坂への感謝ポスター

Kawayanに掲げられた江藤・赤坂への感謝ポスター

























(日本語) ウガンダの支援女児からビデオメッセージが届きました!

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) 【ご報告】成田国際高等学校で講演しました!

Sorry, this entry is only available in 日本語.

ウガンダ女児の公開インタビューを実施します!

MPJでは、4年前よりウガンダのRuhiira村の女児20名が寄宿舎付きの中学校・高校と各種学校へ通うための支援を行い、毎年支援している”MPJガールズ”にインタビューを行っています。
このたび1月29日(水)にインタビューを行います。今回のインタビューは新たに中学校へ進学する候補の女児たちへのインタビューとすでに支援を受けている女児へ行います。
選抜の基準は、
1.※小学校卒業認定試験の結果が優秀であること。
2.家が貧しくて奨学金なしでは中等学校へ行くことができないこと。
3.女の子であること。の3項目です。
女の子だけを選ぶ理由は、サハラ砂漠以南の貧しい村落では、もともと進学率が非常に低いうえ男の子の進学が優先され、女の子は学校へ行けず家事を手伝い低年齢で結婚する可能性が高いためです。

ただし候補者につては現地ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの教育担当者に依頼してあり、
現時点では詳細がわかりません。
インタビューでは女の子たちに普段の学校生活や勉強の様子、また将来の夢などについて話を聞こうと思います。
※最終的な審査は、ご寄付いただくMPJプロボノグループとf#factory様です。
※小学校卒業認定試験:PLE(primary leaving examination)
ちなみにRuhiira村では、過去に、村始まって以来初めて、PLEに「デビジョン1」という全国トップレベルでの女児合格者を出しました。しかも一挙に3名という朗報でした。今年はさらに驚くことに、23名もの女児が「デビジョン1」で合格し、これもミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの大きな成果である、と関係者一同、嬉しい悲鳴をあげています。
どのようなインタビューになるのか楽しみです。
IMG_0983IMG_9934